「アウディA6」シリーズ、一部仕様変更でよりスポーティーに

2016.10.20 自動車ニュース
「アウディA6」
「アウディA6」 拡大

アウディ ジャパンは2016年10月20日、「A6」および「A6アバント」の仕様を一部変更し、販売を開始した。

「Sラインパッケージ」装着車には、「S6」と同じデザインのシングルフレームグリルが与えられる。
「Sラインパッケージ」装着車には、「S6」と同じデザインのシングルフレームグリルが与えられる。 拡大

今回の仕様変更はエクステリアのリファインが中心。これまでオプション設定されていた「Sラインエクステリア」が標準装備となったことで、従来は一体型だったフロントバンパーのエアインレット部が3つに独立したほか、サイドシル部がより拡幅された。また、リアディフューザーのデザインを変更することで高級感の演出を図ったという。さらにオプションの「Sラインパッケージ」装着車には、「S6」と同デザインのシングルフレームグリルを採用。エアインレット部も新デザインとなり、クロームの水平バーが備わる。

価格に変更はなく、以下の通りとなる。

A6 1.8 TFSI:628万円
A6 2.0 TFSIクワトロ:680万円
A6 3.0 TFSIクワトロ:888万円
A6アバント 1.8 TFSI:666万円
A6アバント 2.0 TFSIクワトロ:718万円
A6アバント 3.0 TFSIクワトロ:926万円

(webCG)
 

関連キーワード:
A6A6アバントアウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.11 試乗記 ランボルギーニ初の“スーパーSUV”「ウルス」に試乗。新しいタイプのファイティングブルには、ほかの高性能SUVとは違った持ち味があるのか。その走りをサーキットから一般道、オフロードまで、さまざまな道でチェックした。
  • 第89回:ボディーに突き刺さったリアピラー 2018.5.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第89回は「ボディーに突き刺さったリアピラー」。「日産GT-R」デザイン考。筆者イチオシの“リアピラーの折れ曲がり”、その意図とは!? 中村史郎氏のコメントを交え、開発当時の思いに迫る。
  • ロータス・エリーゼ スプリント220(MR/6MT)【試乗記】 2018.5.19 試乗記 ロータスの軽量スポーツカー「エリーゼ」に、さらなる軽量化によって運動性能を高めた「スプリント」シリーズが登場。ファンにとって懐かしいモデル名をよみがえらせた新グレードは、どのような走りを見せるのか? 過給機付きの「スプリント220」で確かめた。
ホームへ戻る