第14回 鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス(その2)

2016.10.25 エッセイ

初めてのBMW

これまで乗った10台のフェラーリの車両償却費は、年平均約80万円ぽっち! それより高くつく足グルマなんぞ買えるわけねぇ! だから足グルマは絶対300万円以下! という信念を持つ私だが、昨年末まで乗っていた「BMW 335iカブリオレ」でそこを具体的に検証してみたい。

E90型の335iカブリオレが発売されたのは2007年。それは私にとって大いなる衝撃だった。

3リッター直噴ツインターボエンジン(当初はツインパワーじゃなくホントのツインターボ)が超絶スバラシイのは知っていたが、カブリオレはスポーツエキゾースト+オープンなのでサウンドもウルトラ超絶スバラシイ! なんだかちょっと「フェラーリF355スパイダー」みたい! 新車価格は約800万円で到底手が出なかったが、いつか中古買ってやる! と、その時から心に決めていた。

その決意も忘れかけた7年後のある日、運命の再会があった。アプルーブドカーの335iカブリオレがたった266万円! ボディーカラーは金持ちっぽいシャンパンゴールド!
「これは買うしかなかろう!」

忘れかけた恋でも恋は恋。私はクルマを確認すべく、型通り軽く試乗をさせてもらった。
印象はイマイチだった。まず乗り心地が悪い。そして加速も悪い。7年前、「十分死ぬほど速い!」と思ったはずなのに、イマイチ前に進まない。快音もあまり轟(とどろ)かない。

しかしまあ、細かいことはいい。走行6万4000kmだし266万円だし文句は言えまい。別に速いのが欲しくて買うわけじゃない。オープンで気持ちよく流せればそれでいいんだから!

ということで速攻で契約。支払総額は279万円。300万円の枠にキッチリ収まっていた。大勝利だ。

BMWアプルーブドカー・センターにて一目ぼれした「BMW 335iカブリオレ」。
BMWアプルーブドカー・センターにて、「BMW 335iカブリオレ」のルーフを確認中の筆者。
筆者が以前所有していた“お茄子様”こと、茄子紺色の「フェラーリF355スパイダー」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本唯一の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算44台、うち10台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。