日本で1台限りの特別な「BMW 7シリーズ」発売

2016.10.21 自動車ニュース

BMWジャパンは2016年10月21日、BMWのフラッグシップモデル「7シリーズ」に特別仕様車「Rose Quartz(ローズクオーツ)」を設定し、西日本地域限定1台を販売すると発表した。価格は2019万円。同日より近畿、中国、四国、九州地方のディーラーで予約受け付けが開始され、希望者多数の場合は抽選販売となる。

今回の特別仕様車は、4.4リッターV8ターボエンジン(最高出力450ps/最大トルク66.3kgm)を搭載する「BMW 750 Li」をベースにした限定モデルで、BMWの特別カスタマイズプログラム「BMW Individualプログラム」から、さまざまな装備品を採用。

エクステリアはBMW Individualボディーカラープログラムから、「ローズクオーツ」の専用ボディーカラーを採用。大径20インチアロイホイールの装着と相まって、人目を引く存在感が演出されている。

一方、インテリアはBMW Individualメリノレザーインテリアプログラムから、スモークホワイト色のレザーメリノを採用。同色のアルカンタラルーフライニングや、ボディーカラーとマッチしたレッドハイライトが施されたBMW Individualアッシュグレインブラックインテリアトリムが組み合わされる。

装備も充実しており、リモコンによる遠隔操作で車外から駐車できる「リモートパーキング」や、夜間にLEDライトエレメントがサンルーフのガラスに6色の星空を映し出す「スカイラウンジパノラマガラスルーフ」、助手席後方のリアシートの快適性が高められた「エグゼクティブラウンジシート」、後部座席のマッサージ機能などが標準装備となっている。

主な特別装備の内容は以下の通り。
・BMW Individualボディーカラー 「ローズクオーツ」(専用カラー)
・BMW Individualフルレザーメリノ 「スモークホワイト」
・BMW Individualアルカンタラルーフライニング 「スモークホワイト」
・BMW Individualインテリアトリム 「アッシュグレインブラック/レッドハイライト」
・BMW Individualマルチファンクションレザーステアリングホイール(ウッドトリム付き)
・BMW Individualドアシルプレート
・20インチアロイホイールWスポーク スタイリング646(フロント:8.5J×20ホイール+245/40R20タイヤ/リア:10Jx20ホイール+275/35R20タイヤ)
・デザインピュアエクセレンスエクステリア
・デザインピュアエクセレンスインテリア
・リアコンフォートパッケージプラス(スカイラウンジパノラマガラスサンルーフ+ヒートコンフォートパッケージ+リアマッサージシート)
・エグゼクティブラウンジシート
・リモートパーキング
・アンビエントエアパッケージ
・Bowers&Wilkinsダイアモンド・サラウンドサウンドシステム(1400W、16スピーカー、10チャンネルサラウンド)
・BMW Individualクールボックス

BMW 750 Liローズクオーツは、11月2日に大阪・梅田のリッツカールトン大阪で開催される特別イベント「THE NEXT Driving Luxury.」に展示予定。

(webCG)

 

「BMW 750Liローズクオーツ」
「BMW 750Liローズクオーツ」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

7シリーズの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 740i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.1.25 試乗記 クルマを外から操作できる自動パーキングシステムや、手の動きだけで各種機能を操作できるインターフェイスなどの先進装備が話題となっている新型「BMW 7シリーズ」。しかし実際に試乗してみると、そうしたハイテクよりも注目に値するポイントが見えてきた。
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
  • 第26回 ディーゼルに快音はあるのか!? 2017.1.24 エッセイ 清水草一の話題の連載。第26回は「ディーゼルに快音はあるのか!?」。特有のカラカラ音を抑えることに各社力を入れているが、ステキなサウンドを奏でるディーゼルモデルもあるはず。筆者がシビれた快音ディーゼルとは?
ホームへ戻る