クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ボルボXC60 T5 AWDクラシック(4WD/8AT)

長く乗りたい人のボルボ 2016.10.31 試乗記 デビューから8年。モデルサイクル終盤を迎えた「ボルボXC60」に、装備充実のグレード「クラシック」が設定された。ボルボの新世代エンジンと4WDシステムの組み合わせは、どのような走りを実現したのか。特別装備の使い勝手を含めてリポートする。

熟成をきわめたお買い得車

ボルボXC60がデビューしたのは2008年。世界販売ではボルボで一番売れているクロスオーバーSUVである。

そのXC60にクラシックが登場した。FFの2リッター4気筒ディーゼルターボの「D4」(599万円)と、直噴2リッター4気筒ガソリンターボ+4WDの「T5 AWD」(629万円)である。今回試乗したのはT5 AWDだ。

クラシックとは、モデル末期のボルボ車に設定される装備充実エディションである。ボルボのライフサイクルも近年は人並みになったが、四角四面デザインだった昔のボルボは長寿だった。わけても19年(1974~93年)という最長寿を誇った「240」の最終モデルに設定されたのが、クラシック第1号だったと記憶している。ボルボの終活、といったら後ろ向きだが、買うほうにしてみたら、熟成をきわめた超熟お買い得売り切りセール車である。

実際、日本には「クラシックが出たら、買う」というコアなボルボ党がいるのだそうだ。どのボルボか、という以前に、ボルボクラシックファンというわけだ。

XC60クラシックは2017年モデルである。T5 AWDの2016年モデルは599万円だった。なんだ、30万円値上げしてるじゃないかと思うかもしれないが、新型はエンジンが刷新され、さらに、パノラマガラスサンルーフ、本革シート、モダンウッドパネル、12セグ地上デジタルTV、前席シートヒーターなどの装備が標準で付く。

「XC60 T5 AWDクラシック」は、チルトアップ機構付き電動パノラマガラスサンルーフや本革シート、モダンウッドパネル、12セグ地上デジタルTV、前席シートヒーターなどを標準装備する。
「XC60 T5 AWDクラシック」は、チルトアップ機構付き電動パノラマガラスサンルーフや本革シート、モダンウッドパネル、12セグ地上デジタルTV、前席シートヒーターなどを標準装備する。 拡大
本革シートが標準装備されるが、テスト車の前席にはオプションのスポーツシートが装着されていた。いずれもポジションメモリー機構を備える。
本革シートが標準装備されるが、テスト車の前席にはオプションのスポーツシートが装着されていた。いずれもポジションメモリー機構を備える。 拡大
試乗車のボディーカラーは有償色のルミナスサンドメタリック。アースカラーの車体が山になじむ。
試乗車のボディーカラーは有償色のルミナスサンドメタリック。アースカラーの車体が山になじむ。 拡大

AWDモデルにも新世代エンジンを採用

XC60 T5 AWDクラシックに搭載されるのは、ボルボの新しい主力ユニット、直噴2リッター4気筒ターボである。すでに他モデルでもおなじみのこのエンジン、XC60にもFFモデル用として2014年に登場していた。

だが、昨年夏のD4導入時にカタログから落とされた。クリーンディーゼル販促のためである。その甲斐あって(?)、以来、日本のXC60販売は、7割がD4だという。

しかし、AWDについては、D4にもガソリン2リッター4気筒にもまだその組み合わせが存在しないため、フォード傘下時代からの5気筒2リッターが四駆用ユニットを務めていた。それが今回、めでたくガソリン2リッター4気筒+AWDのコンビに換装、というわけである。と同時に、XC60最後のモデルイヤーになるかもしれない2017年モデルで、D4からT6に至るシリーズ全部で、新世代エンジン化を果たしたことにもなる。

前置きが長くなったが、1年ぶりにXC60に帰ってきた2リッター4気筒ターボは、相変わらず軽快な好エンジンである。T5とは、ボルボの出力区分で201~250psを意味し、このエンジンは245ps。車重1860kgのボディーにも快速を与えている。

変速機はアイシン・エィ・ダブリュ製の8段ATである。最大トルク45.9kgm(450Nm)までのエンジンに対応するボルボの主力ATで、以前、2リッターツインチャージャー(40.8kgm)の「XC90」に乗ったときには、変速時にちょっとしたためらいやショックを感じたが、35.7kgm(350Nm)のT5 AWDにはなんの不満もない。高速道路の100km/h時には、エンジン回転を1600rpmまで下げてくれる。

「クラシック」を冠し、エンジンが新世代の「Drive-E」パワートレイン 2リッター直列4気筒ターボに置き換えられた。245psと35.7kgmを発生するこのエンジンは、従来積まれていた5気筒エンジンより燃費が11%改善している。
「クラシック」を冠し、エンジンが新世代の「Drive-E」パワートレイン 2リッター直列4気筒ターボに置き換えられた。245psと35.7kgmを発生するこのエンジンは、従来積まれていた5気筒エンジンより燃費が11%改善している。 拡大
トランスミッションはアイシン・エィ・ダブリュ製の8段ATを搭載する。
トランスミッションはアイシン・エィ・ダブリュ製の8段ATを搭載する。 拡大
後部座席のアームレスト。小物入れやドリンクホルダーが備わる。
後部座席のアームレスト。小物入れやドリンクホルダーが備わる。 拡大

8年たっても色あせないスタイリング

ボルボのライフサイクルも人並みになった、と前述したが、XC60は8年目だ。やはり長寿の家系である。

でも、5ドアワゴンボディーのデザインはまったく古臭く見えない。内装も同様だ。彫りの深いドアパネルやシートの造形は、いまでも新鮮だし、立体造形のセンターコンソール(センタースタック)は、最近のクルマにもフォロワーを生んでいる。

本革シートとモダンウッドパネルが備わるクラシックのインテリアもエバーグリーンだ。ドイツ車的でも日本車的でもアメリカンでもない、上質であたたかな雰囲気は相変わらずである。

オフロードもイケるSUVとしては天地の低いボディーなので、屋根の2カ所が青天井になる電動パノラマガラスサンルーフはありがたい。最近はやりのガラス屋根ではなく、フロントは開閉し、同じスイッチを押し込めばチルトして、換気ができる。オプションだと、このサンルーフだけで20万円以上するそうだ。

一方、8年を経て、古さが否めないのは乗り心地である。筋骨隆々としているが、しなやかではない。バネ下が重く感じる。ステアリングやペダル類の操作力が概して重いのも、設計年次を感じさせるところだ。出てまもない新型XC90は、フルサイズで重さ2t超だが、これほどドッコイショ感はない。

本革シートの風合いや、ウッドパネルの色調は、上質であたたかな雰囲気でまとめられている。
本革シートの風合いや、ウッドパネルの色調は、上質であたたかな雰囲気でまとめられている。 拡大
広々とした電動パノラマガラスサンルーフが、室内に開放感を与えている。
広々とした電動パノラマガラスサンルーフが、室内に開放感を与えている。 拡大
「ボルボXC60クラシック」のラゲッジルーム。後席はもちろん、助手席の背もたれを前方に倒すことでさらに容量を増やすことができる。フロアボードには、小さな荷物を安定させるためのフラップボードも備わる。(写真をクリックするとシートの倒れる様子が見られます)
「ボルボXC60クラシック」のラゲッジルーム。後席はもちろん、助手席の背もたれを前方に倒すことでさらに容量を増やすことができる。フロアボードには、小さな荷物を安定させるためのフラップボードも備わる。(写真をクリックするとシートの倒れる様子が見られます) 拡大

パワーはいまなお最強クラス

昔、クロアチアで開かれた「S80」のプレス試乗会に参加したら、初日の夜中に突如、フォードによるボルボ買収が発表され、翌朝のプレゼンで「おはようございます。フォードの○○です」とスウェーデン人の広報部長が苦笑まじりにあいさつしたことがあった。

XC60も、激動の時代を生きたボルボである。出したと思ったら、親会社がフォードから中国系企業に変わった。そのために、モデル中盤には自社開発パワートレインへの移行を始めなければならなかった。しかしそれは好機でもあって、ガソリン2リッターで245psのパワーは、「メルセデス・ベンツGLC」「アウディQ5」「BMW X3」などの2リッター級ライバルと比べても、いまなお最強だ。

XC60はまた、ぶつかっても頑丈なクルマから、ぶつからないクルマへと、ひとつ上の高みを目指した最初のボルボでもあった。日本で販売されるクルマとしては初めて、完全停止までやる自動ブレーキの「シティセーフティ」を全グレード標準装備として2009年に導入している。

2代目の新型XC60は来年デビューする。風のうわさによると、すごくカッコいいらしい。

だが、ボルボは新型に飛びつくクルマではない、年輪の刻まれた初代XC60に長く乗りたいのだ、という人の選択がクラシックである。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=荒川正幸)

タイヤは235/55R19サイズのコンチネンタル・エココンタクト5が装着されていた。
タイヤは235/55R19サイズのコンチネンタル・エココンタクト5が装着されていた。 拡大
メーターは全面が液晶タイプ。フロントウィンドウ上部のカメラで読み取った50km/hの制限速度が表示されている。
メーターは全面が液晶タイプ。フロントウィンドウ上部のカメラで読み取った50km/hの制限速度が表示されている。 拡大
死角に他車両が存在することを知らせる「BLIS(ブラインドスポットインフォメーションシステム)」。他社のクルマだと車外のドアミラーに表示されることの多いシステムだが、雨や雪などの天候の影響を受けにくい、室内に設置するのがボルボ流。
死角に他車両が存在することを知らせる「BLIS(ブラインドスポットインフォメーションシステム)」。他社のクルマだと車外のドアミラーに表示されることの多いシステムだが、雨や雪などの天候の影響を受けにくい、室内に設置するのがボルボ流。 拡大

テスト車のデータ

ボルボXC60 T5 AWDクラシック

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4645×1890×1715mm
ホイールベース:2775mm
車重:1860kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:245ps(180kW)/5500rpm
最大トルク:35.7kgm(350Nm)/1500-4800rpm
タイヤ:(前)235/55R19 105V/(後)235/55R19 105V(コンチネンタル・コンチエココンタクト5)
燃費:12.3km/リッター(JC08モード)
価格:629万円/テスト車=674万6000円
オプション装備:ボディーカラー<ルミナスサンドメタリック>(8万3000円)/FOUR-Cアクティブパフォーマンスシャシー(15万円)/本革スポーツシート(10万3000円)/プレミアムサウンド・オーディオシステム<マルチメディア>(12万円)

テスト車の年式:2016年型
テスト開始時の走行距離:286km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

 

ボルボXC60 T5 AWDクラシック
ボルボXC60 T5 AWDクラシック 拡大
あなたにおすすめの記事