ボルボXC60 T5 AWDクラシック(4WD/8AT)

長く乗りたい人のボルボ 2016.10.31 試乗記 デビューから8年。モデルサイクル終盤を迎えた「ボルボXC60」に、装備充実のグレード「クラシック」が設定された。ボルボの新世代エンジンと4WDシステムの組み合わせは、どのような走りを実現したのか。特別装備の使い勝手を含めてリポートする。

熟成をきわめたお買い得車

ボルボXC60がデビューしたのは2008年。世界販売ではボルボで一番売れているクロスオーバーSUVである。

そのXC60にクラシックが登場した。FFの2リッター4気筒ディーゼルターボの「D4」(599万円)と、直噴2リッター4気筒ガソリンターボ+4WDの「T5 AWD」(629万円)である。今回試乗したのはT5 AWDだ。

クラシックとは、モデル末期のボルボ車に設定される装備充実エディションである。ボルボのライフサイクルも近年は人並みになったが、四角四面デザインだった昔のボルボは長寿だった。わけても19年(1974~93年)という最長寿を誇った「240」の最終モデルに設定されたのが、クラシック第1号だったと記憶している。ボルボの終活、といったら後ろ向きだが、買うほうにしてみたら、熟成をきわめた超熟お買い得売り切りセール車である。

実際、日本には「クラシックが出たら、買う」というコアなボルボ党がいるのだそうだ。どのボルボか、という以前に、ボルボクラシックファンというわけだ。

XC60クラシックは2017年モデルである。T5 AWDの2016年モデルは599万円だった。なんだ、30万円値上げしてるじゃないかと思うかもしれないが、新型はエンジンが刷新され、さらに、パノラマガラスサンルーフ、本革シート、モダンウッドパネル、12セグ地上デジタルTV、前席シートヒーターなどの装備が標準で付く。

「XC60 T5 AWDクラシック」は、チルトアップ機構付き電動パノラマガラスサンルーフや本革シート、モダンウッドパネル、12セグ地上デジタルTV、前席シートヒーターなどを標準装備する。
「XC60 T5 AWDクラシック」は、チルトアップ機構付き電動パノラマガラスサンルーフや本革シート、モダンウッドパネル、12セグ地上デジタルTV、前席シートヒーターなどを標準装備する。
本革シートが標準装備されるが、テスト車の前席にはオプションのスポーツシートが装着されていた。いずれもポジションメモリー機構を備える。
本革シートが標準装備されるが、テスト車の前席にはオプションのスポーツシートが装着されていた。いずれもポジションメモリー機構を備える。
試乗車のボディーカラーは有償色のルミナスサンドメタリック。アースカラーの車体が山になじむ。
試乗車のボディーカラーは有償色のルミナスサンドメタリック。アースカラーの車体が山になじむ。
関連記事
  • ボルボXC90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2016.6.24 試乗記 2016年1月の国内導入以来、販売好調が伝えられる新型「ボルボXC90」。なかでも一番人気という「T6 AWD インスクリプション」に試乗し、ボルボの新たなフラッグシップSUVの魅力を探った。
  • 「ベントレー・ベンテイガ」にカジュアルな新グレードが登場 2017.5.1 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年5月1日、装備内容を見直してよりカジュアルに仕立てた「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガ オニキス エディション」を発表した。車両価格は2399万円。
  • ボルボXC90 T6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2016.5.6 試乗記 フルモデルチェンジを受けて2代目となった「ボルボXC90」に試乗。スポーティーな装いが特徴の「T6 AWD R-DESIGN」を借り出し、走りやデザイン、機能性など、さまざまな角度からボルボ次世代製品群の第1弾となるモデルの出来栄えを確かめた。
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • ボルボXC90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2016.2.29 試乗記 フルモデルチェンジで2代目となった、ボルボのフラッグシップSUV「XC90」に試乗。新プラットフォームが採用された“新世代ボルボ”の走り、乗り心地、そして使い勝手を報告する。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.4.18 試乗記 V12からV8ターボへ、4WDからFRへと改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすればGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードだ。しかし乗ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。
  • ボルボXCシリーズ【試乗記】 2009.12.9 試乗記 XC60 T6 SE AWD(4WD/6AT)/XC70 T6 SE AWD(4WD/6AT)/XC90 ノルディック(4WD/6AT)
    ……638.0万円/668.0万円/624万.0円

    ボルボの2010年モデルを集めた試乗会にスーザン史子が参加。クロスオーバー「XC」シリーズを、まとめて乗り比べてみた。
  • 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジ 2017.5.25 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年5月25日、マイナーチェンジを施した「ゴルフ/ゴルフヴァリアント/ゴルフ オールトラック」を発表した。同年5月29日に発売する。車両価格は249万9000円から。
  • 走りに磨きをかけた新「スバルWRX STI」が登場 2017.5.24 自動車ニュース スバルは2017年5月24日、スポーツセダン「WRX STI」に大幅改良を施し、同年6月20日に発売すると発表した。価格はWRX STI(4WD/6MT)が386万6400円で、より装備が充実したWRX STI タイプS(4WD/6MT)が406万0800円。
ホームへ戻る