ポルシェ・ケイマンGT4クラブスポーツ(MR/6AT)

禁は破られた 2016.10.27 試乗記 「ポルシェ・ケイマンGT4クラブスポーツ」は、先代ケイマン(タイプ981)の「GT4」をベースに仕立てられたサーキット専用車。ポルシェのレーシングモデルといえば「911」がベースと相場が決まっていたから、いわば「禁」が破られた格好だが……。ドイツのサーキットでその実力を探った。

主役の交代?

富士スピードウェイでの熱い戦いが終わったばかりのWEC(世界耐久選手権)に出場したような、ごく少数が手づくりされるいわゆるプロトタイプ・レーシングカー。その類いを除けば、“戦うためのポルシェ”というのはその大半が911をベースとしたものと、これまで相場は決まっていたものだ。

歴史をさかのぼれば、はるか以前の「968ターボRS」といった、まれな例外も見つからないわけではない。けれども昨今の「GT3」系を筆頭に、ポルシェ自身が手を下してサーキットへと送り込んできたレーシングバージョンは、その大多数が「911の一員」であったのは紛れもない事実。

そもそも、いかに「カイエン」や「マカン」の販売比率が高まろうが、ポルシェにとってのイメージリーダーは昔も今も911。1996年に同じスポーツカーレンジへと「ボクスター」が投入され、後にそのクーペバージョンであるケイマンが誕生した後も、エンジン出力や動力性能スペック上からも「911こそがナンバーワン」というヒエラルキーが巧みにキープされ、そしてアピールされてきた。

確かに、ミドシップで2シーターなら、こっちの方が走りのポテンシャルは上でしょ!? と、そう思ったかどうかは定かではないが、あえてケイマンをベースとしたマシンを持ち込んで、草レース(?)へとエントリーしたチームも皆無ではなかった。

が、当のポルシェ自身はあくまで911を、戦う舞台へと送り込んできた。

けれども、そうした「禁」がついに破られる時がやってきた。それが、2015年末のロサンゼルスモーターショーで発表された、ケイマンGT4クラブスポーツという純レーシングバージョンだ。

「ケイマンGT4クラブスポーツ」は、先代ケイマン(タイプ981)の「GT4」モデルがベースのサーキット専用車。2015年11月のLAショーで発表された。
「ケイマンGT4クラブスポーツ」は、先代ケイマン(タイプ981)の「GT4」モデルがベースのサーキット専用車。2015年11月のLAショーで発表された。
国際試乗会はドイツ・ドレスデン郊外のサーキット「ユーロスピードウェイ・ラウジッツ」(旧称ラウジッツリンク)で行われた。
国際試乗会はドイツ・ドレスデン郊外のサーキット「ユーロスピードウェイ・ラウジッツ」(旧称ラウジッツリンク)で行われた。
3.8リッターのフラット6ユニットを搭載。アウトプットは385psおよび42.8kgmと、「ケイマンGT4」のノーマル仕様と変わりない。
3.8リッターのフラット6ユニットを搭載。アウトプットは385psおよび42.8kgmと、「ケイマンGT4」のノーマル仕様と変わりない。
「ケイマンGT4クラブスポーツ」には、さらにマンタイレーシングが手を加えた「クラブスポーツMR」という仕様が存在する。
「ケイマンGT4クラブスポーツ」には、さらにマンタイレーシングが手を加えた「クラブスポーツMR」という仕様が存在する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ケイマンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)/911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.2.17 試乗記 「ポルシェ911」の高性能モデル「911 GTS」がリニューアル。新世代の3リッターツインターボエンジンを搭載する最新型は、どんな走りを見せるのか? 「911カレラGTS」と「911タルガ4 GTS」に、南アフリカで試乗した。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • ポルシェ911カレラS(RR/7AT)【試乗記】 2016.4.6 試乗記 3.8リッター自然吸気から3リッターツインターボへとパワーユニットを変更した「911カレラS」に試乗。最新型はどんなクルマに仕上がったのか? さまざまなシチュエーションで感じたドライブフィールに加え、燃費性能についてもリポートする。
  • ポルシェが「パナメーラ」の最上級モデルを日本に導入 2017.4.20 自動車ニュース ポルシェが「パナメーラ ターボS E-ハイブリッド エグゼクティブ」の予約受け付けを開始。V8ターボとプラグインハイブリッド機構を組み合わせた「パナメーラ」最上級グレードで、価格は2831万~3044万円となっている。
  • チュリニ峠を行く新型「アルピーヌA110」 2017.4.3 画像・写真 ジュネーブショー2017で世界初公開された新型「アルピーヌA110」。オリジナルのA110がRRだったのに対し、新生A110はMRのレイアウトを採る。モンテカルロラリーの名所、チュリニ峠を行く姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る