ポルシェ・ケイマンGT4クラブスポーツ(MR/6AT)

禁は破られた 2016.10.27 試乗記 「ポルシェ・ケイマンGT4クラブスポーツ」は、先代ケイマン(タイプ981)の「GT4」をベースに仕立てられたサーキット専用車。ポルシェのレーシングモデルといえば「911」がベースと相場が決まっていたから、いわば「禁」が破られた格好だが……。ドイツのサーキットでその実力を探った。

主役の交代?

富士スピードウェイでの熱い戦いが終わったばかりのWEC(世界耐久選手権)に出場したような、ごく少数が手づくりされるいわゆるプロトタイプ・レーシングカー。その類いを除けば、“戦うためのポルシェ”というのはその大半が911をベースとしたものと、これまで相場は決まっていたものだ。

歴史をさかのぼれば、はるか以前の「968ターボRS」といった、まれな例外も見つからないわけではない。けれども昨今の「GT3」系を筆頭に、ポルシェ自身が手を下してサーキットへと送り込んできたレーシングバージョンは、その大多数が「911の一員」であったのは紛れもない事実。

そもそも、いかに「カイエン」や「マカン」の販売比率が高まろうが、ポルシェにとってのイメージリーダーは昔も今も911。1996年に同じスポーツカーレンジへと「ボクスター」が投入され、後にそのクーペバージョンであるケイマンが誕生した後も、エンジン出力や動力性能スペック上からも「911こそがナンバーワン」というヒエラルキーが巧みにキープされ、そしてアピールされてきた。

確かに、ミドシップで2シーターなら、こっちの方が走りのポテンシャルは上でしょ!? と、そう思ったかどうかは定かではないが、あえてケイマンをベースとしたマシンを持ち込んで、草レース(?)へとエントリーしたチームも皆無ではなかった。

が、当のポルシェ自身はあくまで911を、戦う舞台へと送り込んできた。

けれども、そうした「禁」がついに破られる時がやってきた。それが、2015年末のロサンゼルスモーターショーで発表された、ケイマンGT4クラブスポーツという純レーシングバージョンだ。

「ケイマンGT4クラブスポーツ」は、先代ケイマン(タイプ981)の「GT4」モデルがベースのサーキット専用車。2015年11月のLAショーで発表された。
「ケイマンGT4クラブスポーツ」は、先代ケイマン(タイプ981)の「GT4」モデルがベースのサーキット専用車。2015年11月のLAショーで発表された。
国際試乗会はドイツ・ドレスデン郊外のサーキット「ユーロスピードウェイ・ラウジッツ」(旧称ラウジッツリンク)で行われた。
国際試乗会はドイツ・ドレスデン郊外のサーキット「ユーロスピードウェイ・ラウジッツ」(旧称ラウジッツリンク)で行われた。
3.8リッターのフラット6ユニットを搭載。アウトプットは385psおよび42.8kgmと、「ケイマンGT4」のノーマル仕様と変わりない。
3.8リッターのフラット6ユニットを搭載。アウトプットは385psおよび42.8kgmと、「ケイマンGT4」のノーマル仕様と変わりない。
「ケイマンGT4クラブスポーツ」には、さらにマンタイレーシングが手を加えた「クラブスポーツMR」という仕様が存在する。
「ケイマンGT4クラブスポーツ」には、さらにマンタイレーシングが手を加えた「クラブスポーツMR」という仕様が存在する。
関連記事
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • 第501回:あなたの愛車も文化遺産に!?
    ドイツでヒストリックカーに“モテ期”到来!
    2017.5.12 マッキナ あらモーダ! 「ポルシェ911カレラ2.7RS」が1億円!? ヒストリックカーの価格が高騰するドイツでは、良質な旧車を文化遺産として保護するためのシステムも存在する。今週は、そんな“Hナンバー”に関する話題をお届けしよう。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • 第413回:いよいよ600ps超の4WDマシンへ
    今秋発表の新型「BMW M5」に先行試乗!
    2017.5.17 エディターから一言 「BMW M5」が2017年秋、その歴史において大きく、かつ重要な一歩を踏み出す。新型は、いよいよ600ps超のパワーを持つに至り、それに伴い4WD化されるというのだ。南フランスのテストコースでプロトタイプに試乗した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
ホームへ戻る