「ルノー・キャプチャー」にジーンズで装った限定車登場

2016.10.25 自動車ニュース
「ルノー・キャプチャー ジーンズ」
「ルノー・キャプチャー ジーンズ」

ルノー・ジャポンは2016年10月25日、コンパクトクロスオーバー「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車「キャプチャー ジーンズ」を、50台限定で発売した。

ジーンズ調のシートカバーとアームレストは、実際にはデニム生地ではなく、柔らかい起毛素材が採用されている。
ジーンズ調のシートカバーとアームレストは、実際にはデニム生地ではなく、柔らかい起毛素材が採用されている。

ブルーレイ搭載7インチワイドSDナビを標準装備。画面外左側の円筒状の物体が、成約記念品のアロマディフューザー。


	ブルーレイ搭載7インチワイドSDナビを標準装備。画面外左側の円筒状の物体が、成約記念品のアロマディフューザー。
Vサインでキメるルノー・ジャポンの近棟氏……ではなく、「キャプチャー」は2014年“2”月の導入。と説明しているところを記者が激写した。なぜか目線もばっちり。
Vサインでキメるルノー・ジャポンの近棟氏……ではなく、「キャプチャー」は2014年“2”月の導入。と説明しているところを記者が激写した。なぜか目線もばっちり。

今回のキャプチャー ジーンズは、「キャプチャー インテンス」をベースに、ジーンズ調のシートカバーとフロントアームレストが装着されるほか、ブルーレイ搭載7インチワイドSDナビも標準装備としている。

ルノー・ジャポン マーケティング部 商品企画グループの近棟伸邦プロダクトマネージャーは「キャプチャーは子供がすでに大きくなった40代以上の購買が多い。若々しいイメージのジーンズで、30台以下の層へも訴求できれば」とアピールした。

ボディーカラーはブルーメディテラネ メタリックとオランジュ ルシヨン メタリックの2色が選択でき、どちらもイヴォワールのルーフと組み合わされる。販売台数は前者が30台、後者が20台の限定となる。

価格はベース車両より2万円高の269万2000円。また、成約記念品として8種類のアロマディフューザーも用意される。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

キャプチャーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その22) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。ルノーのブースを画像で紹介する。
  • ルノー・キャプチャー インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2014.2.4 試乗記 ルノー期待の新型クロスオーバー「キャプチャー」が日本上陸。「Explore(冒険の旅に出る)」をイメージして開発されたニューモデルの、走りと使い勝手を試した。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
ホームへ戻る