アウディQ7 e-tron 3.0 TDIクワトロ(4WD/8AT)/Q7 3.0 TDIクワトロ(4WD/8AT)

財布に優しいだけじゃない 2016.10.28 試乗記 アウディの大型SUV「Q7」のディーゼルエンジン搭載車とプラグインハイブリッド車に試乗。日本導入が目されるパワートレインの出来栄えを試すとともに、“ディーゼル”という選択肢が持つ存在意義を、あらためて考えた。

快適性にも寄与するトルクの太さ

今年、日本市場に投入された「A4」とQ7は、共にアウディの日本市場における基幹車種だ。特にQ7は5mを超える巨体を有する同社のSUVのフラッグシップだが、広大な室内空間に7シーターのユーティリティーもあって、車格をものともせず好調なセールスを重ねてきた。それゆえ、2代目となる現行型の注目度も高い。

現状、日本におけるQ7のグレード構成は2リッター直4と3リッターV6、共にガソリン直噴ターボの2本立てとなっている。いわゆるダウンサイジングコンセプトにのっとって、ごく低回転域からしっかりとトルクを発するパワートレインとはいえ、その巨体を2リッターで……というのはにわかにイメージがわかない。が、そこは新設計のMLBプラットフォームに加えて、アルミ材の積極的採用もあって300kg前後の軽量化を果たしていることが奏功してのことだろう。新しいQ7の2リッターモデルは、日常的な負荷であれば十分に賄える動力性能を確保していた。

が、マルチシートのSUVをSUVらしく使いこなそうということであれば、特にトルクの余裕があるに越したことはない。それは長距離を走るうえでもしかりだ。アダプティブクルーズコントロールを使っていれば減速後の再加速の際にはなおのこと、トルクの有無が快適性にもつながってくる。余談だが、もし自動運転の時代が来るならば、メーカーのエンジニア側としては所定の能力を正確に再現すべく、“タイヤは硬く”“トルクは太く”が当然の要求になっていくのではないだろうか。すでにメルセデスあたりはそんな要件を織り込みながらクルマを作っているのではないかと思うこともある。

アウディのフルサイズSUVである「Q7」。現行型は2015年1月にお披露目された2代目のモデルにあたる。
アウディのフルサイズSUVである「Q7」。現行型は2015年1月にお披露目された2代目のモデルにあたる。
現行型「Q7」は新開発のプラットフォームとアルミなどの軽量部材の積極的な採用により、従来型から大幅な軽量化を実現している。
現行型「Q7」は新開発のプラットフォームとアルミなどの軽量部材の積極的な採用により、従来型から大幅な軽量化を実現している。
プラグインハイブリッド車の「e-tron 3.0 TDIクワトロ」は、2015年のジュネーブショーで世界初公開された。
プラグインハイブリッド車の「e-tron 3.0 TDIクワトロ」は、2015年のジュネーブショーで世界初公開された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Q7の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • アウディQ5 2.0 TFSIクワトロ/Q5 3.0 TDIクワトロ【海外試乗記】 2016.12.15 試乗記 フルモデルチェンジした「アウディQ5」を試すため、リポーターはメキシコへ。大ヒットモデルは、どのような進化を果たしたのか? ガソリンターボモデルと、従来型では国内未導入だったディーゼルモデルの試乗を通じて、そのポイントを探った。
  • アウディRS Q3パフォーマンス(4WD/7AT)【試乗記】 2016.10.5 試乗記 オンロードでの動力性能に特化した高性能SUV「アウディRS Q3」が、さらにパフォーマンスを高めた「RS Q3パフォーマンス」に進化。レーシングマシンも手がけるアウディの“特殊部隊”クワトロGmbHが鍛えた、公道マシンの出来栄えを確かめた。
  • アウディQ3 2.0 TFSIクワトロ 180PS(4WD/7AT)【試乗記】 2015.6.4 試乗記 デビューから3年を経てマイナーチェンジが施された、アウディのSUV「Q3」。内外装やパワーユニットがリファインされた最新型に乗ってみると、このクルマが幅広いユーザーに選ばれる理由がわかってきた。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
ホームへ戻る