「BMW M2クーペ」に6段MT仕様が登場

2016.10.25 自動車ニュース
「BMW M2クーペ」
「BMW M2クーペ」

BMWジャパンは2016年10月25日、「BMW M2クーペ」に6段マニュアルトランスミッション車を設定し、注文の受け付けを開始した。2017年1月からの納車が予定されている。

 
「BMW M2クーペ」に6段MT仕様が登場の画像

M2クーペは、BMWの高性能モデルを手がけるBMW M社が開発したスポーツクーペである。エンジンは最高出力370ps/6500rpm、最大トルク47.4kgm/1400-5560rpmを発生する3リッター直6ターボで、50:50の前後重量配分とワイド化された前後トレッドにより、俊敏なハンドリングと優れたロードホールディング性能を実現しているという。日本仕様車のトランスミッションには、これまで7段デュアルクラッチATのみが用意されていた。

今回、新たに採用された6段MTについては、シフトダウン時に自動でエンジン回転数を上げるスロットルブリッピング機能により、ドライバーのスムーズなギアチェンジをアシスト。またカーボンファイバー強化樹脂(CFRP)製のフリクションライニングにより、軽量化を実現するとともに、快適なシフト特性もかなえているという。

ハンドル位置は右のみ。価格は7段デュアルクラッチAT仕様より25万円安い768万円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

M2クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 440iクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.23 試乗記 BMWがスペシャリティーモデル「4シリーズ」のエンジンラインナップを一新。各モデルに、モジュラー設計の新世代パワーユニットを採用した。最もパワフルな3リッター直6ターボが搭載された「440iクーペ」に試乗し、その実力を報告する。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(前編) 2017.3.23 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは新型「BMW 540i」。全方位的進化を遂げた“駆けぬける歓び”を、谷口はどう評価するのだろうか?
ホームへ戻る