「BMW M2クーペ」に6段MT仕様が登場

2016.10.25 自動車ニュース
「BMW M2クーペ」
「BMW M2クーペ」 拡大

BMWジャパンは2016年10月25日、「BMW M2クーペ」に6段マニュアルトランスミッション車を設定し、注文の受け付けを開始した。2017年1月からの納車が予定されている。

M2クーペは、BMWの高性能モデルを手がけるBMW M社が開発したスポーツクーペである。エンジンは最高出力370ps/6500rpm、最大トルク47.4kgm/1400-5560rpmを発生する3リッター直6ターボで、50:50の前後重量配分とワイド化された前後トレッドにより、俊敏なハンドリングと優れたロードホールディング性能を実現しているという。日本仕様車のトランスミッションには、これまで7段デュアルクラッチATのみが用意されていた。

今回、新たに採用された6段MTについては、シフトダウン時に自動でエンジン回転数を上げるスロットルブリッピング機能により、ドライバーのスムーズなギアチェンジをアシスト。またカーボンファイバー強化樹脂(CFRP)製のフリクションライニングにより、軽量化を実現するとともに、快適なシフト特性もかなえているという。

ハンドル位置は右のみ。価格は7段デュアルクラッチAT仕様より25万円安い768万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
M2クーペBMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M2コンペティション 2018.4.19 画像・写真 「M3」「M4」ゆずりの3リッター直6ターボエンジン(最高出力410ps、最大トルク550Nm)を搭載。BMWのコンパクトなハイパフォーマンスモデル「BMW M2コンペティション」の姿を写真で紹介する。
  • 第88回:「正しいけど欲しくない」GT-R 2018.5.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第88回は「正しいけど欲しくないGT-R」。日本のカーマニアにとって、「GT-R」のデザインはアリなのか、ナシなのか!? 国産スポーツカーの販売状況をもとに、高価格帯モデルのトレンドを読み解く。 
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
  • フェラーリ488ピスタ(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.5.9 試乗記 ジュネーブモーターショーでお披露目されたフェラーリのスペシャルモデル「488ピスタ」に公道とサーキットで試乗。モータースポーツで得た技術を注ぎ込んで徹底的な軽量化とパワーアップを果たした最新モデルは、圧倒的なスピードと走りの快感をあわせ持っていた。
ホームへ戻る