「BMW M2クーペ」に6段MT仕様が登場

2016.10.25 自動車ニュース
「BMW M2クーペ」
「BMW M2クーペ」 拡大

BMWジャパンは2016年10月25日、「BMW M2クーペ」に6段マニュアルトランスミッション車を設定し、注文の受け付けを開始した。2017年1月からの納車が予定されている。

M2クーペは、BMWの高性能モデルを手がけるBMW M社が開発したスポーツクーペである。エンジンは最高出力370ps/6500rpm、最大トルク47.4kgm/1400-5560rpmを発生する3リッター直6ターボで、50:50の前後重量配分とワイド化された前後トレッドにより、俊敏なハンドリングと優れたロードホールディング性能を実現しているという。日本仕様車のトランスミッションには、これまで7段デュアルクラッチATのみが用意されていた。

今回、新たに採用された6段MTについては、シフトダウン時に自動でエンジン回転数を上げるスロットルブリッピング機能により、ドライバーのスムーズなギアチェンジをアシスト。またカーボンファイバー強化樹脂(CFRP)製のフリクションライニングにより、軽量化を実現するとともに、快適なシフト特性もかなえているという。

ハンドル位置は右のみ。価格は7段デュアルクラッチAT仕様より25万円安い768万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
M2クーペBMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW X2 xDrive20i MスポーツX(4WD/8AT)【試乗記】 2018.7.26 試乗記 BMWのニューモデル「X2」に試乗。メーカーが「スポーツ・アクティビティー・クーペ(SAC)」と呼ぶスタイリッシュなSUVに、“駆けぬける歓び”は備わっているのか!? 「BMW 320d」を足にする清水草一がチェックした。
  • BMW X4 xDrive30i(4WD/8AT)/X4 xDriveM40d(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.7.19 試乗記 BMWのコンパクトでスタイリッシュなクロスオーバーモデル「X4」がデビューから4年半で早くも2代目に進化。新世代のボディー骨格を得て刷新されたSAC(スポーツ・アクティビティー・クーペ)は、しなやかな乗り味と高い静粛性でさらに魅力を増していた。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」がマイナーチェンジ 2018.7.25 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年7月25日、「メルセデス・ベンツCクラス」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日、注文受け付けを開始した。今回はセダンとステーションワゴン、クーペ、カブリオレを同時にリニューアルした。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
ホームへ戻る