第216回:【Movie】泣く子も黙る夢の国 大矢アキオ 捨て身の路上調査員「モンテカルロ編」

2011.10.21 マッキナ あらモーダ!

第216回:【Movie】泣く子も黙る夢の国 大矢アキオ 捨て身の路上調査員「モンテカルロ編」

不動産屋さんで目がくらむ

データではなく実際に横丁を走っているクルマをウォッチングして、クルマのある異国情緒を楽しんでいただく「捨て身の路上調査員」シリーズ、今回は泣くも黙るモナコ・モンテカルロ編である。

たいした収入でないにもかかわらず税金が高く、そのくせ良質な社会サービスを受けている実感ももてないイタリアに住んでいるボクである。所得税ゼロで街もきれいなモナコは、夢の国だ。

しかし不動産屋さんのショーウィンドウをのぞくと、その夢は一気に吹き飛ぶ。「0」の数を数えているうちに目がまわるような物件ばかりだ。最低でも日本円にして億単位なのである。隣接するフランス側の町・ボーソレイユと国境ひとつ隔てただけで、ひと桁違う。昔歌手の山口百恵さんが東京でマンションを購入したとき、「億ション」という言葉がはやったが、モナコは国中が億ションなのである。ボクからすれば、アルベール2世大公を自治会長とする、巨大な町内会に見える。

それでも、マンションの隣の住人がF1ドライバーだったり著名テニス選手だったりするわけで、しかるべき人なら社交を通じてビジネスチャンスが広がる可能性が高いのではないか。そうした意味では、東京で高級物件を買うよりよほどお買い得なのだろう。

モナコ・ラルヴォットのビーチ。2011年9月撮影。
モナコ・ラルヴォットのビーチ。2011年9月撮影。
1929年の第1回F1モナコGP優勝者W.ウィリアムスとブガッティをかたどった像。
1929年の第1回F1モナコGP優勝者W.ウィリアムスとブガッティをかたどった像。
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事