アウディ、新型「S4/S4アバント」を日本導入

2016.10.25 自動車ニュース
「アウディS4」
「アウディS4」 拡大

アウディ ジャパンは2016年10月25日、高性能スポーツモデル「アウディS4/S4アバント」をフルモデルチェンジし、注文の受け付けを開始した。納車は同年12月下旬以降を予定している。

「S4」のリアビュー。
「S4」のリアビュー。 拡大
インテリアはブラックのヘッドライニングや「カーボンアトラス」の装飾パネル、ステンレス製のペダルおよびフットレストなどが特徴。
インテリアはブラックのヘッドライニングや「カーボンアトラス」の装飾パネル、ステンレス製のペダルおよびフットレストなどが特徴。 拡大
「S」モデルのロゴが入ったアルカンタラとレザーのコンビスポーツシート。
「S」モデルのロゴが入ったアルカンタラとレザーのコンビスポーツシート。 拡大
「S4」には354psを発生する3リッターV6ガソリンターボエンジンが搭載される。
「S4」には354psを発生する3リッターV6ガソリンターボエンジンが搭載される。 拡大
「S4」のランニングシャシーのイラスト。
「S4」のランニングシャシーのイラスト。 拡大
「S4アバント」
「S4アバント」 拡大

新開発のV6ターボを搭載

アウディS4は、同社のDセグメントモデルである「A4」のハイパフォーマンスバージョンである。

エンジンは「3.0 TFSI」と呼ばれる3リッターV6直噴ガソリンターボで、バルブタイミング制御により吸気行程を短縮して燃費効率を高めるミラーサイクルや、ターボチャージャーによる過給、11.2という過給エンジンとしては高めの圧縮比を組み合わせた、「Bサイクル」と呼ばれる燃焼方式を採用。高出力と燃費効率を両立しているという。

また過給システムには、従来のスーパーチャージャーに代えて新設計のツインスクロールターボを採用。ターボユニットをVバンクの間に搭載し、吸気が外側、排気が内側の吸排気レイアウトとすることで排気経路を短縮したり、両バンクからの排気経路をタービンの直前でまとめることで排気干渉を回避したりと、設計全体で過給レスポンスを高める工夫がなされている。

一方、エンジン本体については、シリンダーブロックとクランクケースはアルミ合金製で、後者については複雑な砂型を用いて鋳造。鋳鉄製のシリンダーライナーは壁の厚さを抑えた特殊な設計となっており、エンジン単体で14kgの軽量化を果たしている。また冷却にはシリンダーブロックとシリンダーヘッドで別個の回路を使用しており、冷間始動時には冷却液の流れをコントロールしてエンジンを素早く暖気。シリンダーヘッド一体型の排気マニホールドも暖気時間の短縮に貢献する。さらに排気マニホールドの内部には冷却回路が設けられており、暖気終了後には排ガスを冷却。高負荷運転時の燃料消費を抑制することができる。

このエンジンに組み合わされるトランスミッションには、従来のものより1段多い8段のトルコン式AT「ティプトロニック」を採用。55km/h以上で走行中にドライバーがアクセルペダルから足を離すと、エンジンとドライブトレインを切り離して走行抵抗を低減する「フリーホイーリングモード」が備わっている。

これらの技術の採用により、新しいS4は従来モデルを21ps上回る354ps/5400-6400rpmの最高出力と、同じく6.1kgm上回る51.0kgm/1370-4500rpmの最大トルクを実現。燃費もJC08モードで12.7km/リッターと、従来モデル(12.6km/リッター)よりわずかに改善している。

高い動力性能を支える複雑な駆動力制御

駆動システムは「クワトロ」フルタイム4WDで、前後アクスル間で駆動力配分の可変制御が可能。前:後ろ=4:6を基準に、状況に応じてトラクションが大きい側に、より多くのエンジントルクを振り分けることができる。さらに、高速コーナリング時に内輪にブレーキをかけることでアンダーステアを抑制するトルクベクタリング機能を標準装備。リア左右輪間の駆動力配分を可変制御する、スポーツデファレンシャルもオプションで用意している。

また、足まわりには車高を20mm低めるS4専用サスペンションを採用。電動パワーステアリングにはオプションで可変ギアレシオ機構を装着することができる。タイヤサイズは245/40R18が標準で、オプションで「アウディスポーツ」の19インチアルミホイールも選べる。

ボディーはアルミや高強度鋼板などの積極的な採用により、従来モデルよりねじり剛性を高めつつ、重量を15kg軽量化。車両全体では100kgの軽量化を実現しており、車両重量は1680kgとなっている(セダンでの比較)。

価格はS4が839万円、S4アバントが868万円。

(webCG)

→新型「アウディS4/S4アバント」の詳しい画像はこちら
 

関連キーワード:
S4S4アバントアウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA6 55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)/A6 50 TDIクワトロ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.18 試乗記 フルモデルチェンジを受けて5代目となった「アウディA6」にポルトガルで試乗。新パワーユニットと作りこんだ骨格を得たアウディの基幹モデルは、滑らかで上質な走りと圧倒的な静粛性を手に入れていた。“上級移行”の真相に迫る。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
  • 第89回:ボディーに突き刺さったリアピラー 2018.5.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第89回は「ボディーに突き刺さったリアピラー」。「日産GT-R」デザイン考。筆者イチオシの“リアピラーの折れ曲がり”、その意図とは!? 中村史郎氏のコメントを交え、開発当時の思いに迫る。
  • メルセデス・ベンツG500(4WD/9AT)/メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【海外試乗記】 2018.5.15 試乗記 ヘビーデューティーSUV「メルセデス・ベンツGクラス」が1979年のデビュー以来、初のフルモデルチェンジ! スクエアなデザインを受け継ぎながらも、フロントサスペンションなどは大幅に刷新された。軽やかで強烈な走りを報告する。
ホームへ戻る