第2回:日本の道との相性は?
「キャデラックATSセダン」街乗りインプレッション

2016.10.26 特集
シャープなデザインをまとう「ATSセダン」には、都会の景色がよく似合う。
シャープなデザインをまとう「ATSセダン」には、都会の景色がよく似合う。

コンパクトなラグジュアリースポーツをうたう「キャデラックATSセダン」とは、どんなクルマなのだろうか? 今回は、都心の道を中心にドライブ。その印象を報告する。

「アート&サイエンス」をテーマにデザインされた「ATSセダン」のエクステリア。優れた空力性能もセリングポイントとなっている。
「アート&サイエンス」をテーマにデザインされた「ATSセダン」のエクステリア。優れた空力性能もセリングポイントとなっている。
縦型のLED式リアランプは「ATSセダン」の個性的なディテールのひとつ。
縦型のLED式リアランプは「ATSセダン」の個性的なディテールのひとつ。
本物の素材にこだわったというインテリア。カラーは、テスト車のベージュ系のほかに、黒基調のものや黒と赤のツートーンが選択できる。
本物の素材にこだわったというインテリア。カラーは、テスト車のベージュ系のほかに、黒基調のものや黒と赤のツートーンが選択できる。
鮮やかなブルーが印象的なメーターパネル。ヘッドアップディスプレイも備わる。
鮮やかなブルーが印象的なメーターパネル。ヘッドアップディスプレイも備わる。
「ATSセダン」は、2グレードともにレザーシートが装着される。シフトパドルはマグネシウム製。
「ATSセダン」は、2グレードともにレザーシートが装着される。シフトパドルはマグネシウム製。

なかなかの存在感

「カッコいいっスね……何てクルマっスか?」

ATSセダンを洗車してもらいに、いつものガソリンスタンドに寄ったところ、お店のスタッフはすっかり興味津々の様子。キャデラックであることを告げると、「へぇー!」と目を丸くした。

でも、奥で給油しているお客さんや歩道の通行人がチラチラこちらを見ているのは、彼の大げさなリアクションが理由ではないらしい。

なんたって、エッジのきいたATSセダンは目立つ。「ワイド感」や「押しの強さ」を前面に押し出す多くのクルマと違って、ATSの姿からは彫刻を思わせる凝縮感や、凛(りん)とした気品が伝わってくる。

縦一直線の前後ランプも、その引き締め効果に一役買っているかもしれない。実際のボディーサイズは、全長4680×全幅1805×全高1415mm。試しにDセグメントの代表格「BMW 3シリーズ」と比べてみると、わずかに長くて(+35mm)ちょっとだけ幅がある(+5mm)のだけれど、むしろ小さく、扱いやすそうに見える。

前述のスタッフに言わせれば、「ゴージャスで大きなアメリカ車」というのが、長年抱いてきた“キャデラック像”らしい。ATSはコンパクトであること自体が驚きだそうだが、豪華さにかけては、彼も納得するのではないだろうか。

明るい茶系の革内装は、アイボリーとベージュのツートンカラーにダークなウッドを組み合わせ、ベージュのスエードもあしらうという凝りよう。同系・異素材のコンビネーションが美しい。かなり太めの革巻きステアリングホイールに手を掛ければ、その奥にあるシフトパドルが本物のメタルであること気付いて、ハッとさせられる。さすがキャディ。抜かりないっスね。
 

→キャデラックATSセダンのスペックを公式サイトで詳しくみる

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「キャデラックATSセダン長期試乗リポート<PR>」の過去記事リストへ
関連記事 ホームへ戻る