ランドローバー・レンジローバー イヴォーク コンバーチブル HSEダイナミック(4WD/9AT)

パレードな気分 2016.11.01 試乗記 「レンジローバー イヴォーク」にソフトトップを装備した「イヴォーク コンバーチブル」が登場。21秒で絶景を得られるフル4シーターオープンで街中を流す気分とは? 海風香る横浜で試乗した。 

待望のSUVオープン

イヴォーク コンバーチブル発表! の報に接し、私は「これを待っていたんだよォ!」と打ち震えた。いや、必ずしもイヴォークでなくてもよかったのだが、とにかく美しいSUVオープンの登場を待っていた。

SUVオープンのコンセプトモデルは、これまでも掃いて捨てるほどあった気がする。しかし実際に市販されたのは、先代「日産ムラーノ クロスカブリオレ」くらいか? その他「ジープ・ラングラー」など軍用車系にSUV「屋根が取れます」というのはあるが、今やSUVのほとんどが泥とは無縁の都会派。私も泥とは無縁の生活を営んでいる関係上、アスファルトの上で貴族気分が味わえるSUVオープンの登場を待ち望んでいたのである。

本国での発表当初、日本に導入されるのは、フェニックスオレンジ一色のみの方針と報じられた。このテのクルマは目立つことも大きな目的のひとつだから、派手なオレンジ上等! ではあったが、よほど数が売れないと見越したのだろう。究極のニッチだけに限定モデルになるか? それも上等であった。

ところがフタを開けたら、限定どころかカタログモデルで、ボディーカラーは5ドアやクーペと同様の17色! 事前の反響の大きさに「これは売れるかもしれない」と方針が変わったのか? ディーゼルモデルの導入についても前向きだというから驚くしかない。

思えば都会派SUVのオープン自体、イヴォークが唯一だが、そこにディーゼルエンジンが搭載されれば、もうひとつ「唯一」の称号が付く。個人的にはそれを強烈に待ち望んでおります!

ボディーカラーは5ドアやクーペ同様、17色を用意。価格は765万円。
ボディーカラーは5ドアやクーペ同様、17色を用意。価格は765万円。
インテリアにはオックスフォードレザーなど随所に高級素材が使用されている。
インテリアにはオックスフォードレザーなど随所に高級素材が使用されている。
後席でも大人がしっかり座れるスペースを確保している。
後席でも大人がしっかり座れるスペースを確保している。
乗車定員は4人。車両後方よりインテリアを俯瞰(ふかん)した状態。
乗車定員は4人。車両後方よりインテリアを俯瞰(ふかん)した状態。
身長174cmの筆者が後席に座った状態。
身長174cmの筆者が後席に座った状態。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォーク コンバーチブル HSEダイナミック【試乗記】 2016.12.16 試乗記 “SUVのオープンモデル”という、古くて新しいカタチを具現した「レンジローバー イヴォーク コンバーチブル」に試乗。そのスタイリングにすっかりほれ込んでしまった筆者が、走りの中身を確かめた。
  • ジャガー・ランドローバー雪上試乗会【試乗記】 2017.2.28 試乗記 レンジローバーの走破性能の高さは誰もが知るところ。今回の舞台はスノーロード、「レンジローバー イヴォーク コンバーチブル」に雪上で試乗した。併せて、「レンジローバー オートバイオグラフィー」と「ジャガーFペース」にも試乗した。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • MINIクーパーSD クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.11 試乗記 6年ぶりにフルモデルチェンジした、MINIブランドのSUV「MINIクロスオーバー」に試乗。ひとまわり大きくなった2代目の走りや乗り心地、燃費性能を、ディーゼルのトップモデル「クーパーSD ALL4」でチェックした。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
ホームへ戻る