ランドローバー・レンジローバー イヴォーク コンバーチブル HSEダイナミック(4WD/9AT)

パレードな気分 2016.11.01 試乗記 「レンジローバー イヴォーク」にソフトトップを装備した「イヴォーク コンバーチブル」が登場。21秒で絶景を得られるフル4シーターオープンで街中を流す気分とは? 海風香る横浜で試乗した。 

待望のSUVオープン

イヴォーク コンバーチブル発表! の報に接し、私は「これを待っていたんだよォ!」と打ち震えた。いや、必ずしもイヴォークでなくてもよかったのだが、とにかく美しいSUVオープンの登場を待っていた。

SUVオープンのコンセプトモデルは、これまでも掃いて捨てるほどあった気がする。しかし実際に市販されたのは、先代「日産ムラーノ クロスカブリオレ」くらいか? その他「ジープ・ラングラー」など軍用車系にSUV「屋根が取れます」というのはあるが、今やSUVのほとんどが泥とは無縁の都会派。私も泥とは無縁の生活を営んでいる関係上、アスファルトの上で貴族気分が味わえるSUVオープンの登場を待ち望んでいたのである。

本国での発表当初、日本に導入されるのは、フェニックスオレンジ一色のみの方針と報じられた。このテのクルマは目立つことも大きな目的のひとつだから、派手なオレンジ上等! ではあったが、よほど数が売れないと見越したのだろう。究極のニッチだけに限定モデルになるか? それも上等であった。

ところがフタを開けたら、限定どころかカタログモデルで、ボディーカラーは5ドアやクーペと同様の17色! 事前の反響の大きさに「これは売れるかもしれない」と方針が変わったのか? ディーゼルモデルの導入についても前向きだというから驚くしかない。

思えば都会派SUVのオープン自体、イヴォークが唯一だが、そこにディーゼルエンジンが搭載されれば、もうひとつ「唯一」の称号が付く。個人的にはそれを強烈に待ち望んでおります!

ボディーカラーは5ドアやクーペ同様、17色を用意。価格は765万円。
ボディーカラーは5ドアやクーペ同様、17色を用意。価格は765万円。
インテリアにはオックスフォードレザーなど随所に高級素材が使用されている。
インテリアにはオックスフォードレザーなど随所に高級素材が使用されている。
後席でも大人がしっかり座れるスペースを確保している。
後席でも大人がしっかり座れるスペースを確保している。
乗車定員は4人。車両後方よりインテリアを俯瞰(ふかん)した状態。
乗車定員は4人。車両後方よりインテリアを俯瞰(ふかん)した状態。
身長174cmの筆者が後席に座った状態。
身長174cmの筆者が後席に座った状態。
関連記事
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォーク コンバーチブル HSEダイナミック【試乗記】 2016.12.16 試乗記 “SUVのオープンモデル”という、古くて新しいカタチを具現した「レンジローバー イヴォーク コンバーチブル」に試乗。そのスタイリングにすっかりほれ込んでしまった筆者が、走りの中身を確かめた。
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォーク コンバーチブル HSEダイナミック【試乗記】 2016.11.1 試乗記 「レンジローバー イヴォーク」にソフトトップを装備した「イヴォーク コンバーチブル」が登場。21秒で絶景を得られるフル4シーターオープンで街中を流す気分とは? 海風香る横浜で試乗した。 
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
ホームへ戻る