「谷口信輝の新車試乗」――スバルBRZ S(後編)

2016.10.27 mobileCG
 
「谷口信輝の新車試乗」――スバルBRZ S(後編)の画像

谷口信輝の新車試乗――スバルBRZ S(後編)

SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き、最新型の「スバルBRZ」に試乗する。谷口が参戦している86/BRZ Raceの魅力とは? そしてずばり、「トヨタ86」とスバルBRZとの違いとは? 谷口に詳しく解説してもらおう。

 
「谷口信輝の新車試乗」――スバルBRZ S(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――スバルBRZ S(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――スバルBRZ S(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――スバルBRZ S(後編)の画像

■86/BRZ Raceはちょうどいい

前編でも少し触れたが、谷口信輝はトヨタ86とスバルBRZだけが出場できるナンバー付きワンメイクレースの86/BRZ Raceに初年度の2013年から参戦し、2014年と2015年に2年連続でチャンピオンに輝いている。86/BRZ Raceには、いったいどんな魅力があるのだろうか?

「いや、いいレースですよ。いま、日本にちょうどいいくらいのワンメイクレースがないんですよ。昔はシビック・インターシリーズがあったけれど、いまはもうないし、ポルシェ・カレラカップはさすがに一般の人には手が出ないでしょ? かといってヴィッツ・レースは遅すぎる。そういう意味でいうと、86/BRZ Raceってちょうどいいんですよ、パフォーマンス的にも予算的にも」

「あと、僕はね、やっぱりスプリントレースが好きなんです。ローリングスタートじゃなくてスタンディングスタートで始まって、途中でピットストップもドライバー交代もなく、15周くらいをひとりで走りきってゴールするレース。これと正反対なのがSUPER GTやスーパー耐久で、スタートはローリング方式だし、途中でドライバー交代やピットストップがある。これだと勝ったときの喜び、負けたときの悔しさが半分になっちゃう。またこれだと、ドライバー個人としてはあんまりやりがいを見つけ出せなくなっちゃう。もちろん、SUPER GTで勝てたらものすごくうれしいんですけど、スプリントレースに比べるとなにか物足りないんですよね」(続く)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • スバルBRZ S(FR/6MT)【試乗記】 2016.9.24 試乗記 2リッター水平対向エンジンを搭載したスバルのFRスポーツ「BRZ」が、エンジン、ボディー、足まわりに手を加える大幅改良を受けた。試乗を通してその実力を測るとともに、「スポーツカー天国」ニッポンに生まれたシアワセについて考えた。
  • スバル、「レヴォーグ」と「WRX S4」を2017年夏に改良 2017.6.5 自動車ニュース スバルは2017年6月5日、「レヴォーグ」と「WRX S4」を大幅改良すると発表した。車両の発表は2017年の夏を予定している。新しいレヴォーグとWRX S4には、大きく進化したアイサイトが搭載される見込み。
  • ホンダ・シビックハッチバック プロトタイプ/シビックセダン プロトタイプ【試乗記】 2017.5.29 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。シャシーを全面刷新し、“操る喜び”を追求したという新型の走りとは? 袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われたプロトタイプ試乗会で、その出来栄えをチェックした。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(後編)】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
ホームへ戻る