カーボンパーツが目印の特別な「メルセデスAMG GT」が登場

2016.10.27 自動車ニュース

「メルセデスAMG GT Sカーボンパフォーマンスリミテッド」


	「メルセデスAMG GT Sカーボンパフォーマンスリミテッド」

メルセデス・ベンツ日本は2016年10月25日、高性能スポーツカー「メルセデスAMG GT」に特別仕様車「AMG GT Sカーボンパフォーマンスリミテッド」を設定し、販売を開始した。

 
カーボンパーツが目印の特別な「メルセデスAMG GT」が登場の画像
 
カーボンパーツが目印の特別な「メルセデスAMG GT」が登場の画像
 
カーボンパーツが目印の特別な「メルセデスAMG GT」が登場の画像
 
カーボンパーツが目印の特別な「メルセデスAMG GT」が登場の画像

限定20台、価格は2280万円

今回のカーボンパフォーマンスリミテッドは、高性能グレードの「GT S」をベースとした、販売台数20台の限定モデルである。

具体的には、エクステリアについては専用のハイグロスブラックカーボンパーツからなる「AMGカーボンエクステリアパッケージ」や、前:19インチ、後ろ:20インチの鍛造アルミホイール「AMGクロススポークアルミホイール」を採用。フルレザー仕様のインテリアには「AMGマットカーボンファイバー」パーツを、エンジンルーム内には「AMGカーボンファイバー エンジンカバー」を用いている。ボディーカラーは「イリジウムシルバーマグノ」、インテリアカラーは「サドルブラウン」となっている。

運動性能の強化も図っており、前:402mm、後ろ:360mmという大径のカーボンセラミックローターを用いた「AMGカーボンセラミックブレーキ」を標準で装備。製造時に1700度という高温下での真空強化処理によって硬度が高められており、大幅な耐フェード性と耐久性を実現している。また約17kgの軽量化により、ばね下重量の低減にも寄与しているという。

このほかにも、11個のスピーカーと1000Wを発生する11チャンネルのアンプなどからなる「Burmesterハイエンドサラウンドサウンドシステム」を特別装備している。同システムは5.1チャンネルサラウンドシステムに対応しており、楽曲や気分に応じて最適な音響空間を実現する「ピュア」「イージーリスニング」「ライブ」「サラウンド」の4つのサウンドプロファイルを用意。運転席と助手席で、個別に音量・音質の調整ができる。

価格は2280万円。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • メルセデス・ベンツGLA180(FF/7AT)【試乗記】 2017.7.6 試乗記 メルセデスのコンパクトSUV「GLA」がマイナーチェンジを受けた。その内容はいわゆるフェイスリフトに過ぎない。しかし、試乗を通じて感じたのは、“見た目”優先ではなく、むしろ高い実用性を備えたユーティリティーカーに仕上がっているということだった。
  • メルセデス・ベンツE300クーペ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2017.7.15 試乗記 今や4ドア車やSUVにもクーペを展開するメルセデス・ベンツだが、“メルセデスのクーペ”といえば昔からこれ、やはり「Eクラス クーペ」にとどめを刺す。中間的なグレード「E300クーペ スポーツ」に試乗し、本家本元の実力を探った。
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT) 2017.6.29 ホンダS660と過ごす おとなの休日 <PR> コンパクトミドシップオープン「ホンダS660」の持つスポーツ性に、大人の魅力をプラスした一台――。それが「S660 αブルーノレザーエディション」だ。休日のパートナーとして彼を連れ出したリポーターは、特別装備のレザーシートに体をゆだね、都心から一路鎌倉の海を目指した。
  • メルセデス・ベンツC180クーペ スポーツ+(FR/7AT)【試乗記】 2016.4.27 試乗記 セダン、ステーションワゴンの2モデルに続いて、現行型「メルセデス・ベンツCクラス」の2ドアクーペが日本に上陸。その上級グレードにあたる「C180クーペ スポーツ+」に試乗し、出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る