三菱、「デリカD:5」の特別仕様車を2車同時発売

2016.10.27 自動車ニュース

「三菱デリカD:5ローデスト ロイヤルツーリング」(写真のボディーカラーはダイヤモンドブラックマイカ)


	「三菱デリカD:5ローデスト ロイヤルツーリング」(写真のボディーカラーはダイヤモンドブラックマイカ)

三菱自動車は2016年10月26日、ミニバン「デリカD:5」の特別仕様車「ローデスト ロイヤルツーリング」と「シャモニー」を発表した。同年11月10日から販売を開始する。

「デリカD:5ローデスト ロイヤルツーリング」(写真は、ボディーカラーがウォームホワイトパールのモデル)
「デリカD:5ローデスト ロイヤルツーリング」(写真は、ボディーカラーがウォームホワイトパールのモデル)

今回のD:5ローデスト ロイヤルツーリングは、エアロパーツでドレスアップしたクリーンディーゼルエンジン搭載車「ローデスト D-Power package」(8人乗り)がベースの特別仕様車。ベース車ではオプション設定となるスパッタリング仕様のアルミホイールが装着される。

インテリアは、セカンドシートをキャプテンシートに変更し7人乗りとしたうえで、ブラックの本革シートを採用。運転席と助手席にシートヒーターを、運転席に電動調節機構(スライド、リクライニング、ハイト、チルト)を加えることで利便性を向上。さらに、7インチWVGAディスプレイメモリーナビゲーション「MMCS」に、後席9インチワイド液晶ディスプレイ(リモコン付き)、音声・映像入力RCA端子、ロックフォードフォズゲートプレミアムサウンドシステムを組み合わせた(装着車/非装着車を選択可能)。

価格は以下の通り。ボディーカラーは、ウォームホワイトパールとダイヤモンドブラックマイカの2色がラインナップされる。

  • ローデスト ロイヤルツーリング(MMCS装着車):429万8400円
  • ローデスト ロイヤルツーリング(MMCS非装着車):401万2200円

もうひとつの特別仕様車であるシャモニーは、両側電動スライドドアを装備するディーゼル車「D-Power package」(8人乗り)がベースで、クロームメッキのアウタードアハンドルとウインカー付き電動格納式リモコンドアミラーカバーが装着される。

インテリアについては、本木目&本革巻きステアリングホイール、木目調パネル(インパネセンター、アッパーグローブボックス、フロアコンソールリッド、パワーウィンドウスイッチパネル<フロント、リア>)、ルーフビームガーニッシュ(ホワイト天井照明)を装備。運転席には電動調節機構(スライド、リクライニング、ハイト、チルト)が備わる。

ボディーカラーは2トーン2種類(ウォームホワイトパール×クールシルバーメタリック、クールシルバーメタリック×アイガーグレーメタリック)、モノトーン2色(ウォームホワイトパール、ダイヤモンドブラックマイカ)から選べる。

MMCSの有無により、以下の2車種がラインナップされる。

  • シャモニー(MMCS装着車):429万8400円
  • シャモニー(MMCS非装着車):401万2200円

(webCG)

関連キーワード:
デリカD:5三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱デリカD:5 D-Premium(8人乗り)(4WD/6AT)【試乗記】 2013.2.6 試乗記 三菱デリカD:5 D-Premium(8人乗り)(4WD/6AT)
    ……393万4000円

    「デリカD:5」のラインナップに、“ポスト新長期規制”に適合したクリーンディーゼルエンジン搭載車が加わった。その昔、デリカといえば、四駆にディーゼルが定番だった。いわば老舗のカムバックである。
  • 三菱デリカD:5 Gプレミアム(4WD/CVT)【ブリーフテスト】 2007.3.28 試乗記 ……379万290円
    総合評価……★★★★

    発売から1か月で目標の3倍以上受注するなど、好評が伝えられる新型「デリカD:5」。
    別人と見まごうばかりのフルモデルチェンジで、いったいどんなクルマに仕上がったのか? 笹目二朗が吟味した。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト(後編)【試乗記】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
  • BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.9 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?
  • ホンダN-BOXプロトタイプ/N-BOXカスタム プロトタイプ【試乗記】 2017.9.4 試乗記 2011年のデビュー以来、高い人気を保ち続けているホンダの軽トールワゴン「N-BOX」シリーズが、いよいよ2代目にモデルチェンジ! 従来モデルからすべてが一新されたという新型の実力を、走りと使い勝手の両面からリポートする。
ホームへ戻る