アバルト124スパイダー(FR/6MT)

アバルト流“快楽へのアプローチ” 2016.11.02 試乗記 アバルトのオープンスポーツモデル「アバルト124スパイダー」に試乗。市街地や高速道路、ワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションを走り、ベースとなった「マツダ・ロードスター」との違いを浮き彫りにする。

日本人はスゴいのが好み

「あぁ、もうこれでいーじゃんね」
アバルト124スパイダーを転がすたびに、そういう気持ちがほんわかとわき起こる。その理由は、このスポーツカーが“マルチエア”と呼ばれる1.4リッターの直噴ターボエンジンを搭載しているからに他ならない。

イタリア本国では(少なくともオフィシャルには)マツダの“マ”の字も語られていないとの話を聞いたが、ご存じの通りこのアバルト124スパイダーはマツダ・ロードスターのシャシーを使って作られた、後輪駆動のオープン2シーターだ。当初はアルファ・ロメオがこれを使って次期型「スパイダー」を作るとアナウンスされていたが、いつの間にかそのプロジェクトをフィアットが引き継ぎ、あれよあれよという間に仕立ててしまった経緯がある。

アバルトというからにはそのベースがあり、ヨーロッパと北米ではベーシックグレードを「フィアット124スパイダー」として販売しているようだが、日本では今回試乗した「アバルト」のみ。これは筆者の推測でしかないが、日本には本家であるマツダ・ロードスターがあるからバッティングを避けたのだろう。また日本はアバルトに限らず、ベーシックグレードよりもスペシャルモデルが特に売れる傾向がある。ロータスが世界で一番売れているのも日本だし、ルノーでも「ルノースポール」の販売台数は、やはり世界で3本の指に入る。ポルシェにしても「911」は北米や本国ドイツの次くらいに人気があるはずである。

「マツダ・ロードスター」の車両骨格をベースに開発された「アバルト124スパイダー」。日本では2016年10月に発売された。
「マツダ・ロードスター」の車両骨格をベースに開発された「アバルト124スパイダー」。日本では2016年10月に発売された。
インストゥルメントパネルまわりの意匠は「ロードスター」とほぼ共通だが、メーターやアバルトエンブレム付きのステアリングホイールなどは「アバルト124スパイダー」独自の装備となる。
インストゥルメントパネルまわりの意匠は「ロードスター」とほぼ共通だが、メーターやアバルトエンブレム付きのステアリングホイールなどは「アバルト124スパイダー」独自の装備となる。
外観デザインについてはFCAのスタッフが担当。ボディーパネルのほとんどが、「ロードスター」とは異なる形状となっている。
外観デザインについてはFCAのスタッフが担当。ボディーパネルのほとんどが、「ロードスター」とは異なる形状となっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

124スパイダーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アバルト124スパイダー(FR/6MT)【試乗記】 2016.11.2 試乗記 アバルトのオープンスポーツモデル「アバルト124スパイダー」に試乗。市街地や高速道路、ワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションを走り、ベースとなった「マツダ・ロードスター」との違いを浮き彫りにする。
  • アバルト124スパイダー(FR/6MT)【試乗記】 2016.9.19 試乗記 フィアットの往年の2シーターオープン「124スパイダー」が、アバルトブランドの下でよみがえった。「マツダ・ロードスター」の骨格を持つ現代の124スパイダーの走りやいかに? 富士スピードウェイからの第一報。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――特別提言:スポーツカーの火を消さないために(前編) 2017.1.12 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceなどで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は試乗をお休みして、谷口が自伝を交えながらスポーツカーに対する思いを語る。題して「スポーツカーの火を消さないために」。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • BMW、通算7代目となる新型「5シリーズ」を発表 2017.1.13 自動車ニュース BMWジャパンは2017年1月12日、新型「5シリーズ」を発表した。発売は2月11日。部分自動運転を可能とした運転支援システムの採用や、ライバル車をしのぐ燃費を実現するなど、ベンチマークとしての地位を堅持したのが自慢だ。
ホームへ戻る