「日産ジューク」のツートンカラーに新色が登場

2016.10.28 自動車ニュース
「日産ジューク」の特別仕様車「ドレスアップ」に新色「プレミアムサンフレアオレンジ/ダークメタルグレー」が加わった。
「日産ジューク」の特別仕様車「ドレスアップ」に新色「プレミアムサンフレアオレンジ/ダークメタルグレー」が加わった。

日産自動車は2016年10月27日、「ジューク」の特別仕様車「ドレスアップ」に、新色のツートンカラーを追加すると発表した。同年11月22日に発売する。

特別装備の17インチ・ブラックアルミホイール。
特別装備の17インチ・ブラックアルミホイール。
ツートンカラーの塗り分けは、熟練の塗装技術者が行っている。
ツートンカラーの塗り分けは、熟練の塗装技術者が行っている。
以前からあるツートンカラー「アズライトブルー/ブリリアントシルバー」(左上)も引き続き用意される。
以前からあるツートンカラー「アズライトブルー/ブリリアントシルバー」(左上)も引き続き用意される。

コンセプトカーがモチーフ

今回追加された新色のツートンカラーは「プレミアムサンフレアオレンジ/ダークメタルグレー」と呼ばれるもの。ジュークの「15RX Vセレクション」「16GT」「16GT FOUR」の各グレードに設定される特別仕様車「ドレスアップ」で選ぶことができる。

この色の組み合わせは、同社が2015年に発表したコンセプトカー「日産グリップス コンセプト」をモチーフにしており、熟練の塗装技術者が手作業で塗り分けている。

また、今回の新色仕様には特別装備としてブラックの17インチアルミホイールが装備されている。

価格は以下のとおり。なお、以前からある「アズライトブルー/ブリリアントシルバー」のツートン仕様も引き続き設定されている。

  • 15RX Vセレクション ドレスアップ:213万0840円
  • 16GT ドレスアップ:252万8280円
  • 16GT FOUR ドレスアップ:280万1520円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ジュークの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その13) 2017.3.10 画像・写真 日産自動車はジュネーブモーターショー2017で、欧州向けSUV「キャシュカイ」のマイナーチェンジモデルを発表した。内外装を見直したほか、走行性能を強化している。さらに、2017年度中に“自動運転”技術「プロパイロット」を搭載する予定。
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売 2017.3.14 自動車ニュース プジョーがミドルクラスSUVの新型「3008」を発売。既存のモデルから一新されたスタイリングが特徴で、直立したフロントマスクや高めのウエストラインなどにより、SUVらしさが強調されている。エンジンは1.6リッターターボで、駆動方式はFFのみとなる。
ホームへ戻る