日産GT-R NISMO(4WD/6AT)

究極の嗜好品 2016.11.03 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。

アルティメイトなスピードジャンキー御用達

ニュル7分なにがし秒のポテンシャルを、すべての国のすべての店舗のすべての顧客に等しく頒布する。それも、「ポルシェ911ターボ」の半額近い値札で。

“お、ねだん以上。”にも程があるだろうというえげつない戦略は、世界に目を向ければGT-Rという、名ばかりはいかにも速そうでもよく知らんという銘柄がスーパースポーツのショッピングリストに食い込むための最も即効性の高いブランディングでもあったわけだ。そこにポルシェでもフェラーリでもない強烈なアピアランスも加わり、映画や漫画における前世代の存在感も追加燃料となり、今やGT-Rは世界市場において確たる知名度を築いている。

……とあらば、最速最安を全量で担保する必要はなく、喧嘩(けんか)上等は精鋭部隊に任せるが筋だろう。というのが14年モデル以降のGT-Rのスタンスだ。標準車系ではライバルの状況や多様なニーズに応える柔軟性をもって“GT”を表現し、それをベースに“R”の側を際立てるキャラクターを別立てする。その後者を体現したのが初代GT-R NISMOであり、さらにエアロパーツや足まわり、膨張や脱落を防ぐ強化インタークーラーパイピングなどで構成される「Nアタックパッケージ」を装着したモデルにより、ニュル7分8秒台というハチャメチャなレコードが刻まれた。ちなみにそのパッケージの価格は約900万円。当時のNISMOの車両代金と合わせると約2400万円というあ然とするような数字になるが、僕の知る限り、日本の路上にも3台はこの仕様が存在している。いや、実際はもう少し多いのかもしれない。なにせ初代NISMOは注文が殺到し、生産能力との兼ね合いから注文を止めざるを得なかったほどの争奪物件になったわけである。つまり、日本だけをみてもGT-Rを最速への最短とするアルティメイト・ジャンキーが少なからず……なのか、いらっしゃるということだ。恐ろしい話である。

2017年モデルの「GT-R NISMO」のフロントビュー。エンジンの冷却性を高めるため、カーボン製フロントバンパーの形状が変更された。
2017年モデルの「GT-R NISMO」のフロントビュー。エンジンの冷却性を高めるため、カーボン製フロントバンパーの形状が変更された。
「日産GT-R」のさらなる高性能版として登場した「GT-R NISMO」。2013年11月にお披露目され、翌年発売された。
「日産GT-R」のさらなる高性能版として登場した「GT-R NISMO」。2013年11月にお披露目され、翌年発売された。
標準車の改良に伴い、大幅に意匠が変更されたインストゥルメントパネルまわり。ダッシュボードの上部やステアリングホイール、センターアームレストにはアルカンターラレザーを使用している。
標準車の改良に伴い、大幅に意匠が変更されたインストゥルメントパネルまわり。ダッシュボードの上部やステアリングホイール、センターアームレストにはアルカンターラレザーを使用している。
「GT-R NISMO」に装備される、レカロ製のカーボンバケットシート。表皮は、黒のレザーと赤のアルカンターラの組み合わせとなる。
「GT-R NISMO」に装備される、レカロ製のカーボンバケットシート。表皮は、黒のレザーと赤のアルカンターラの組み合わせとなる。
関連記事
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】NEW 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
ホームへ戻る