メルセデスGLクラスに上質装備の特別仕様車

2011.10.21 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ、「GLクラス」に上質装備を施した特別仕様車

メルセデス・ベンツ日本は2011年10月20日、大型ラグジュアリーSUV「GLクラス」の特別仕様車「GL550 4MATIC Grand Edition(グランドエディション)」を発売した。

今回の特別仕様車は、5.5リッターV8エンジン搭載の「GL550 4MATIC」に数々のアイテムを装着し、上質感アップが図られたモデル。

エクステリアは、クローム付きハイグロスブラックフロントグリルやダークデザインのバイキセノンヘッドライト、専用フロントバンパー、フロント/リアのクロームアンダーガード、ヒマラヤグレーに塗られた専用デザインの20インチアルミホイール(10スポーク)、専用ツインクロームエグゾーストエンドを装備。ボディーサイドには「Grand Edition」のエンブレムが付与される。

インテリアは、専用ナッパレザーシート(黒色×乳白色または黒色×茶色のツートンカラー)や専用レザーインテリアを採用。さらに、専用のマットブラックアッシュウッドインテリアトリム、designoブラックファブリックルーフライナー、ステンレス製アクセル/ブレーキペダル、「Grand Edition」ロゴ付きのフロアマット/インテリアエンブレムを装備する。

ボディーカラーは既存の9色のほか、パールベージュとシトリンブラウンが選べる。

価格はベース車より11万円アップの1380万円。ハンドル位置は左のみの設定となる。

(webCG)

「メルセデス・ベンツGL550 4MATIC Grand Edition」
「メルセデス・ベンツGL550 4MATIC Grand Edition」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GLクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツG550 4×4²(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.9 試乗記 製品テーマは「究極のオフロード性能と、デイリーユースもこなす実用性、快適性の両立」。メルセデス渾身(こんしん)の“遊び心”が生んだ、究極の「Gクラス」こと「G550 4×4²」に試乗。お値段3510万円というオフロード・スーパーカーの、実力の一端に触れた。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション(4WD)【試乗記】 2017.3.22 試乗記 マイナーチェンジを受けた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗。プラグインハイブリッドシステムの改良や先進安全装備の搭載など、全方位的に進化を遂げた最新モデルの出来栄えを、最上級グレード「Sエディション」で確かめた。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • メルセデス・ベンツG550(4WD/7AT)【レビュー】 2016.1.8 試乗記 デビューから36年を経た現在でも高い人気を誇る、メルセデスのクロスカントリーヴィークル「Gクラス」。このクルマが長年にわたって支持され続ける理由はなんなのか? 新たに4リッターV8ツインターボが搭載された「G550」に試乗し、その魅力について考えた。
ホームへ戻る