DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)

その“意味”は山道でわかる 2016.11.04 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。

208psのテンロクターボ搭載

シトロエンのスピンオフブランド、DSオートモビルズが放つ最新モデルが、DS 3パフォーマンスである。
シトロエンに対するDSの最大の売りは“ビジュアル系”だと思うが、このニューDS 3はWRC連覇を記念して2011年に限定販売された「DS 3レーシング」に次ぐ体育会系だ。

直噴1.6リッター4気筒ターボのパワーは、レーシングとほぼ同じ208psだが、最大トルクは28.0kgmから30.6kgmに向上し、レーシングにはなかったトルセンLSDを装備する。というスペックを知って、デジャブに襲われた。要は、昨年秋に国内発売された「プジョー208GTi by Peugeot Sport」(以下、208GTiスポール)と同じパワートレインを搭載したDS 3が、パフォーマンスである。

欧州ではレギュラーモデルだが、日本ではレーシング同様、限定販売で、お取り寄せされるのは全40台。今回試乗したのは、そのうち10台という狭き門の「ブラックスペシャル」。マットブラックのボディーに、ゴールドの屋根という凝った塗装を採用する。他30台(白か赤)は369万円と、プジョー208GTiスポール(368万6600円)とはまるで双子車のような値付けだが、虎の子のブラックスペシャルは30万円高になる。

「DS 3パフォーマンス」は全40台の限定車。ボディー色は試乗したマットブラックの「ブラックスペシャル」(10台)のほか、「ブラン バンキーズ」(白/20台)と「ルージュ アデン」(赤/10台)が用意される。
「DS 3パフォーマンス」は全40台の限定車。ボディー色は試乗したマットブラックの「ブラックスペシャル」(10台)のほか、「ブラン バンキーズ」(白/20台)と「ルージュ アデン」(赤/10台)が用意される。
1.6リッター直4ターボエンジンは、「プジョー208GTi by Peugeot Sport」と同じ208psと30.6kgmを生み出す。
1.6リッター直4ターボエンジンは、「プジョー208GTi by Peugeot Sport」と同じ208psと30.6kgmを生み出す。
「DS 3パフォーマンス」の中でも「ブラックスペシャル」だけに、ボディー側面に専用ステッカーが貼られる。
「DS 3パフォーマンス」の中でも「ブラックスペシャル」だけに、ボディー側面に専用ステッカーが貼られる。
ルーフは「ブリリアントゴールド」と呼ばれる金色に塗装される。
ルーフは「ブリリアントゴールド」と呼ばれる金色に塗装される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

DS 3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)【試乗記】 2016.11.4 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。
  • DS 5シック レザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.6.27 試乗記 DSブランドの中でも、他に類を見ない斬新なスタイリングが特徴の5ドアモデル「DS 5」が、新しい“DS顔”にフェイスリフト。さらにパワートレインにも手が加えられる大幅改良が施された。進化したDSブランドのフラッグシップの魅力に触れた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る