DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)

その“意味”は山道でわかる 2016.11.04 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。

208psのテンロクターボ搭載

シトロエンのスピンオフブランド、DSオートモビルズが放つ最新モデルが、DS 3パフォーマンスである。
シトロエンに対するDSの最大の売りは“ビジュアル系”だと思うが、このニューDS 3はWRC連覇を記念して2011年に限定販売された「DS 3レーシング」に次ぐ体育会系だ。

直噴1.6リッター4気筒ターボのパワーは、レーシングとほぼ同じ208psだが、最大トルクは28.0kgmから30.6kgmに向上し、レーシングにはなかったトルセンLSDを装備する。というスペックを知って、デジャブに襲われた。要は、昨年秋に国内発売された「プジョー208GTi by Peugeot Sport」(以下、208GTiスポール)と同じパワートレインを搭載したDS 3が、パフォーマンスである。

欧州ではレギュラーモデルだが、日本ではレーシング同様、限定販売で、お取り寄せされるのは全40台。今回試乗したのは、そのうち10台という狭き門の「ブラックスペシャル」。マットブラックのボディーに、ゴールドの屋根という凝った塗装を採用する。他30台(白か赤)は369万円と、プジョー208GTiスポール(368万6600円)とはまるで双子車のような値付けだが、虎の子のブラックスペシャルは30万円高になる。

「DS 3パフォーマンス」は全40台の限定車。ボディー色は試乗したマットブラックの「ブラックスペシャル」(10台)のほか、「ブラン バンキーズ」(白/20台)と「ルージュ アデン」(赤/10台)が用意される。
「DS 3パフォーマンス」は全40台の限定車。ボディー色は試乗したマットブラックの「ブラックスペシャル」(10台)のほか、「ブラン バンキーズ」(白/20台)と「ルージュ アデン」(赤/10台)が用意される。
1.6リッター直4ターボエンジンは、「プジョー208GTi by Peugeot Sport」と同じ208psと30.6kgmを生み出す。
1.6リッター直4ターボエンジンは、「プジョー208GTi by Peugeot Sport」と同じ208psと30.6kgmを生み出す。
「DS 3パフォーマンス」の中でも「ブラックスペシャル」だけに、ボディー側面に専用ステッカーが貼られる。
「DS 3パフォーマンス」の中でも「ブラックスペシャル」だけに、ボディー側面に専用ステッカーが貼られる。
ルーフは「ブリリアントゴールド」と呼ばれる金色に塗装される。
ルーフは「ブリリアントゴールド」と呼ばれる金色に塗装される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

DS 3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 現行「メガーヌR.S.」のフィナーレを飾る限定車発売 2017.4.6 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年4月6日、高性能スポーツモデル「ルノー・メガーヌ ルノー・スポール(R.S.)」の特別仕様車「メガーヌR.S. 273ファイナルエディション」を発表。同日、200台限定で発売した。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410 GPエディション 2017.4.7 画像・写真 あのJPSカラーをまとったスペシャルな「ロータス・エヴォーラ」が登場! アメリカ市場に向けてわずか5台だけ生産される「エヴォーラ スポーツ410 GPエディション」の姿を写真で紹介する。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
ホームへ戻る