ジバンシイとコラボした特別な「DS 3/DS 3カブリオ」発売

2016.11.01 自動車ニュース
「DS 3 GIVENCHY Le MakeUp」
「DS 3 GIVENCHY Le MakeUp」

プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月1日、「DS 3」「DS 3カブリオ」の限定車「DS 3 GIVENCHY Le MakeUp(ジバンシイ ル メイクアップ)」を発売した。

運転席まわりの様子。専用カラー「マットピンク」のインストゥルメントパネルが装着されている。(写真は欧州仕様車のもの)
運転席まわりの様子。専用カラー「マットピンク」のインストゥルメントパネルが装着されている。(写真は欧州仕様車のもの)
センターコンソールには、ジバンシイのメイクアップセットがおさまる。
センターコンソールには、ジバンシイのメイクアップセットがおさまる。
バニティーミラーの照明は、肌を自然に見せるLEDが採用されている。
バニティーミラーの照明は、肌を自然に見せるLEDが採用されている。
サイドウィンドウには、専用のバッジが装着される。
サイドウィンドウには、専用のバッジが装着される。
 
ジバンシイとコラボした特別な「DS 3/DS 3カブリオ」発売の画像

今回のDS 3 GIVENCHY Le MakeUpは、パリのコスメティックブランドであるパルファム ジバンシイとのコラボレーションにより生まれた限定車。ジバンシイのメイクアップ アンド カラー アーティスティック ディレクターを務めるニコラ・ドゥジェンヌ氏の監修のもと、DSブランド初の試みとして、完全に女性をターゲットとしつつ開発された。

ボディーカラーには、「ブラン オパラン(Blanc Opalin:オパールのような白)」と名付けられたテクスチャー塗装を採用。これはマットでありながら柔らかな光沢感が得られる色で、「フェイスパウダーで仕上げた極上の肌」をイメージしているという。ルーフカラーは、ハッチバックが濃紫のウィスパー。カブリオは、ウィスパーのアーチとブラックソフトトップを装着する。ドアミラーとホイールセンターキャップも、同じウィスパーでコーディネートされている。

インテリアについても、女性の肌を健やかに見せるようインストゥルメントパネルを淡いピンク色とし、ジバンシイのロゴがレーザー加工されたレザーのセンターアームレストにジバンシイのメイクアップセット(リップスティック、マスカラ、フェイスパウダー)を標準装備するなど、随所に女性ユーザーを意識した工夫が施されている。

エンジンは1.2リッター直3ターボで、6段ATが組み合わされる。ハンドル位置は右のみ。以下のラインナップと価格で販売される(カッコ内は限定台数)。

  • DS 3 GIVENCHY Le MakeUp:299万9000円(40台)
  • DS 3カブリオ GIVENCHY Le MakeUp:329万9000円(20台)

(webCG)

関連キーワード:
DS 3DS 3カブリオDS自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.12.29 試乗記 4代目となる「ルノー・メガーヌ」に試乗。シャシーや4輪操舵機構「4コントロール」のチューニングをルノーのモータースポーツ部門が手がけた新型は、ワインディングロードでこそ本領を発揮する、優れたハンドリングマシンに仕上がっていた。
  • ルノー・メガーヌ スポーツツアラーGT(FF/7AT)【試乗記】 2018.1.19 試乗記 新型「ルノー・メガーヌ」のワゴンモデル「スポーツツアラーGT」。205ps&280Nmの高出力ターボエンジンと、四輪操舵システム、そしてハッチバックよりちょっと長めのボディーとホイールベースが織り成す走りをリポートする。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア スーパー(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.15 試乗記 イタリア車の長所を伸ばし、短所をうまく補った……。「アルファ・ロメオ・ジュリア」は、ドライブした者にそんな印象をもたらすニューモデルだ。仮想敵(?)と目されるクルマを自家用車とする清水草一が、愛車との比較も交えた試乗リポートをお届けする。
  • ボルボS60ポールスター/V40 D4 R-DESIGNチューンド・バイ・ポールスター【試乗記】 2018.1.13 試乗記 電動モデル専門ブランドへの転身を表明したポールスターにとって、最後の“純内燃機関コンプリートカー”となる「S60ポールスター」に試乗。ポールスター製パーツを装備した「V40 D4 R-DESIGN」のチューンドカーと併せ、その古き良き(?)走りをリポートする。
ホームへ戻る