ジバンシイとコラボした特別な「DS 3/DS 3カブリオ」発売

2016.11.01 自動車ニュース
「DS 3 GIVENCHY Le MakeUp」
「DS 3 GIVENCHY Le MakeUp」

プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月1日、「DS 3」「DS 3カブリオ」の限定車「DS 3 GIVENCHY Le MakeUp(ジバンシイ ル メイクアップ)」を発売した。

運転席まわりの様子。専用カラー「マットピンク」のインストゥルメントパネルが装着されている。(写真は欧州仕様車のもの)
運転席まわりの様子。専用カラー「マットピンク」のインストゥルメントパネルが装着されている。(写真は欧州仕様車のもの)
センターコンソールには、ジバンシイのメイクアップセットがおさまる。
センターコンソールには、ジバンシイのメイクアップセットがおさまる。
バニティーミラーの照明は、肌を自然に見せるLEDが採用されている。
バニティーミラーの照明は、肌を自然に見せるLEDが採用されている。
サイドウィンドウには、専用のバッジが装着される。
サイドウィンドウには、専用のバッジが装着される。
 
ジバンシイとコラボした特別な「DS 3/DS 3カブリオ」発売の画像

今回のDS 3 GIVENCHY Le MakeUpは、パリのコスメティックブランドであるパルファム ジバンシイとのコラボレーションにより生まれた限定車。ジバンシイのメイクアップ アンド カラー アーティスティック ディレクターを務めるニコラ・ドゥジェンヌ氏の監修のもと、DSブランド初の試みとして、完全に女性をターゲットとしつつ開発された。

ボディーカラーには、「ブラン オパラン(Blanc Opalin:オパールのような白)」と名付けられたテクスチャー塗装を採用。これはマットでありながら柔らかな光沢感が得られる色で、「フェイスパウダーで仕上げた極上の肌」をイメージしているという。ルーフカラーは、ハッチバックが濃紫のウィスパー。カブリオは、ウィスパーのアーチとブラックソフトトップを装着する。ドアミラーとホイールセンターキャップも、同じウィスパーでコーディネートされている。

インテリアについても、女性の肌を健やかに見せるようインストゥルメントパネルを淡いピンク色とし、ジバンシイのロゴがレーザー加工されたレザーのセンターアームレストにジバンシイのメイクアップセット(リップスティック、マスカラ、フェイスパウダー)を標準装備するなど、随所に女性ユーザーを意識した工夫が施されている。

エンジンは1.2リッター直3ターボで、6段ATが組み合わされる。ハンドル位置は右のみ。以下のラインナップと価格で販売される(カッコ内は限定台数)。

  • DS 3 GIVENCHY Le MakeUp:299万9000円(40台)
  • DS 3カブリオ GIVENCHY Le MakeUp:329万9000円(20台)

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

DS 3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)【試乗記】 2016.11.4 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。
  • DS 5シック レザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.6.27 試乗記 DSブランドの中でも、他に類を見ない斬新なスタイリングが特徴の5ドアモデル「DS 5」が、新しい“DS顔”にフェイスリフト。さらにパワートレインにも手が加えられる大幅改良が施された。進化したDSブランドのフラッグシップの魅力に触れた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る