ジバンシイとコラボした特別な「DS 3/DS 3カブリオ」発売

2016.11.01 自動車ニュース
「DS 3 GIVENCHY Le MakeUp」
「DS 3 GIVENCHY Le MakeUp」

プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月1日、「DS 3」「DS 3カブリオ」の限定車「DS 3 GIVENCHY Le MakeUp(ジバンシイ ル メイクアップ)」を発売した。

運転席まわりの様子。専用カラー「マットピンク」のインストゥルメントパネルが装着されている。(写真は欧州仕様車のもの)
運転席まわりの様子。専用カラー「マットピンク」のインストゥルメントパネルが装着されている。(写真は欧州仕様車のもの)
センターコンソールには、ジバンシイのメイクアップセットがおさまる。
センターコンソールには、ジバンシイのメイクアップセットがおさまる。
バニティーミラーの照明は、肌を自然に見せるLEDが採用されている。
バニティーミラーの照明は、肌を自然に見せるLEDが採用されている。
サイドウィンドウには、専用のバッジが装着される。
サイドウィンドウには、専用のバッジが装着される。
 
ジバンシイとコラボした特別な「DS 3/DS 3カブリオ」発売の画像

今回のDS 3 GIVENCHY Le MakeUpは、パリのコスメティックブランドであるパルファム ジバンシイとのコラボレーションにより生まれた限定車。ジバンシイのメイクアップ アンド カラー アーティスティック ディレクターを務めるニコラ・ドゥジェンヌ氏の監修のもと、DSブランド初の試みとして、完全に女性をターゲットとしつつ開発された。

ボディーカラーには、「ブラン オパラン(Blanc Opalin:オパールのような白)」と名付けられたテクスチャー塗装を採用。これはマットでありながら柔らかな光沢感が得られる色で、「フェイスパウダーで仕上げた極上の肌」をイメージしているという。ルーフカラーは、ハッチバックが濃紫のウィスパー。カブリオは、ウィスパーのアーチとブラックソフトトップを装着する。ドアミラーとホイールセンターキャップも、同じウィスパーでコーディネートされている。

インテリアについても、女性の肌を健やかに見せるようインストゥルメントパネルを淡いピンク色とし、ジバンシイのロゴがレーザー加工されたレザーのセンターアームレストにジバンシイのメイクアップセット(リップスティック、マスカラ、フェイスパウダー)を標準装備するなど、随所に女性ユーザーを意識した工夫が施されている。

エンジンは1.2リッター直3ターボで、6段ATが組み合わされる。ハンドル位置は右のみ。以下のラインナップと価格で販売される(カッコ内は限定台数)。

  • DS 3 GIVENCHY Le MakeUp:299万9000円(40台)
  • DS 3カブリオ GIVENCHY Le MakeUp:329万9000円(20台)

(webCG)

関連キーワード:
DS 3DS 3カブリオDS自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • 第56回:激安店の粗悪車(?)に賭けろ! 2017.8.29 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第56回は「激安車の粗悪車(?)に賭けろ!」。諸経費の高さに驚きつつも、「BMW 320d」の購入に踏み切った筆者。いったいナゼ!? 安心をとるか、リスクをとるか。中古車選びには常に賭けがつきまとう。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
ホームへ戻る