ジバンシイとコラボした特別な「DS 3/DS 3カブリオ」発売

2016.11.01 自動車ニュース
「DS 3 GIVENCHY Le MakeUp」
「DS 3 GIVENCHY Le MakeUp」

プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月1日、「DS 3」「DS 3カブリオ」の限定車「DS 3 GIVENCHY Le MakeUp(ジバンシイ ル メイクアップ)」を発売した。

運転席まわりの様子。専用カラー「マットピンク」のインストゥルメントパネルが装着されている。(写真は欧州仕様車のもの)
運転席まわりの様子。専用カラー「マットピンク」のインストゥルメントパネルが装着されている。(写真は欧州仕様車のもの)
センターコンソールには、ジバンシイのメイクアップセットがおさまる。
センターコンソールには、ジバンシイのメイクアップセットがおさまる。
バニティーミラーの照明は、肌を自然に見せるLEDが採用されている。
バニティーミラーの照明は、肌を自然に見せるLEDが採用されている。
サイドウィンドウには、専用のバッジが装着される。
サイドウィンドウには、専用のバッジが装着される。
 
ジバンシイとコラボした特別な「DS 3/DS 3カブリオ」発売の画像

今回のDS 3 GIVENCHY Le MakeUpは、パリのコスメティックブランドであるパルファム ジバンシイとのコラボレーションにより生まれた限定車。ジバンシイのメイクアップ アンド カラー アーティスティック ディレクターを務めるニコラ・ドゥジェンヌ氏の監修のもと、DSブランド初の試みとして、完全に女性をターゲットとしつつ開発された。

ボディーカラーには、「ブラン オパラン(Blanc Opalin:オパールのような白)」と名付けられたテクスチャー塗装を採用。これはマットでありながら柔らかな光沢感が得られる色で、「フェイスパウダーで仕上げた極上の肌」をイメージしているという。ルーフカラーは、ハッチバックが濃紫のウィスパー。カブリオは、ウィスパーのアーチとブラックソフトトップを装着する。ドアミラーとホイールセンターキャップも、同じウィスパーでコーディネートされている。

インテリアについても、女性の肌を健やかに見せるようインストゥルメントパネルを淡いピンク色とし、ジバンシイのロゴがレーザー加工されたレザーのセンターアームレストにジバンシイのメイクアップセット(リップスティック、マスカラ、フェイスパウダー)を標準装備するなど、随所に女性ユーザーを意識した工夫が施されている。

エンジンは1.2リッター直3ターボで、6段ATが組み合わされる。ハンドル位置は右のみ。以下のラインナップと価格で販売される(カッコ内は限定台数)。

  • DS 3 GIVENCHY Le MakeUp:299万9000円(40台)
  • DS 3カブリオ GIVENCHY Le MakeUp:329万9000円(20台)

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

DS 3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 208psを誇る史上最強の「DS 3」40台限定で発売 2016.10.7 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年10月7日、3ドアハッチバック「DS 3」の特別仕様車「DS 3パフォーマンス」を40台の台数限定で発売した。「DSパフォーマンス」が開発に関わり、DS 3史上最高の208psを誇る。
  • DS 3カブリオ シック(FF/6AT)【試乗記】 2016.6.22 試乗記 新ブランドの旗揚げに伴いフロントマスクを一新。新たに“DS顔”となった「DS 3カブリオ」が日本に導入された。PSA自慢の1.2リッター直3ターボ+トルコン式6段ATの、オープンエアモータリングとの親和性やいかに? その走りを報告する。
  • シトロエンDS3レーシング(FF/6MT)【試乗記】 2012.12.16 試乗記 シトロエンDS3レーシング(FF/6MT)
    ……360万円

    国内わずか35台の限定車「シトロエンDS3レーシング」に試乗。シトロエン・レーシングが手掛けたWRC連覇記念モデルの走りやいかに?
  • 価格を抑えた「メルセデスAMG CLA45 4MATIC」限定発売 2017.3.21 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年3月21日、高性能モデル「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC」をベースとする限定車「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC Racing Edition」を発表した。同年4月上旬に90台限定で発売する。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
ホームへ戻る