「日産ノート」にハイブリッド車の「e-POWER」が登場

2016.11.02 自動車ニュース
「日産ノートe-POWER」と、写真向かって左から日産の西川廣人共同CEO、星野朝子専務、タレントの柳沢慎吾氏、日産の南 智佳雄チーフマーケティングマネージャー。
「日産ノートe-POWER」と、写真向かって左から日産の西川廣人共同CEO、星野朝子専務、タレントの柳沢慎吾氏、日産の南 智佳雄チーフマーケティングマネージャー。

日産自動車は2016年11月2日、コンパクトカー「ノート」にデザイン変更やハイブリッドモデルの追加といったマイナーチェンジを実施し、同日販売を開始した。

新色の「オリーブグリーン」(奥)と「プレミアムコロナオレンジ」(手前)。
新色の「オリーブグリーン」(奥)と「プレミアムコロナオレンジ」(手前)。
「e-POWER」のカットモデル。エンジンは発電のみを行い、モーターが駆動力を発生する。
「e-POWER」のカットモデル。エンジンは発電のみを行い、モーターが駆動力を発生する。
「e-POWER」搭載車専用のメーター。
「e-POWER」搭載車専用のメーター。
「e-POWER」搭載車専用のシフトセレクター。
「e-POWER」搭載車専用のシフトセレクター。

ハイブリッド機構の採用で37.2km/リッターの燃費を実現

今回追加された新パワーユニット「e-POWER(イーパワー)」は、エンジンが発電した電気によってモーターを駆動する、シリーズハイブリッドシステムである。

システムは、ノートの自然吸気モデルに搭載される「HR12DE」型1.2リッターガソリンエンジンと、電気自動車「リーフ」の技術を用いたインバーターとモーター、エンジンの力で電気を発生するジェネレーター、そして走行用の大容量バッテリーによって構成される。変速機構やクラッチなどはなく、モーターは減速機を介してドライブシャフトに接続している。

走行時にはこれらを統合制御し、発進時や低速走行時にはエンジンを停止してバッテリーの電気のみで走行、加速時にはエンジンが発電する電力とバッテリーの電力の両方を使用、高速走行時にはエンジンの発電によりバッテリーを充電しつつ走行、そして減速時にはモーターによるブレーキエネルギー回生を行う。

このe-POWERの特徴は、エンジンの作動時間の短さにある。JC08モードに沿った計測では、従来型のハイブリッドシステムでは走行中の20%の時間でエンジンが作動しているのに対し、同システムでは11%と、約半分に抑えられているという。一方で、高速走行時の効率はエンジンの動力をそのまま走行に利用できる他のシステムに劣るが、これについてはクラッチの搭載などによるシステムの複雑化や、コストの上昇などを避けるため、常にモーターのみが駆動力を発生するシンプルなシステムを選択したという。

ドライブモードは「ノーマル」「S」「ECO」の3種類で、Sではより力強く、ECOでは燃費を重視した穏やかな加速となるよう加速特性を切り替える。また、両モードの選択時にはアクセルオフ時の減速力が約3倍に高められ、アクセル操作だけで車速をコントロールできる“ワンペダル感覚”が可能となる。

燃費は34.0~37.2km/リッター(JC08モード)。電動モーターの強力なトルク特性もe-POWERの特徴で、25.9kgm(254Nm)/0-3008rpmという最大トルクにより、2リッターターボ車並みの力強い走りを味わえるという。

「e-POWER X」のインストゥルメントパネルまわり。
「e-POWER X」のインストゥルメントパネルまわり。
「メダリスト」系のグレードのインストゥルメントパネルまわり。
「メダリスト」系のグレードのインストゥルメントパネルまわり。
「メダリスト」系のグレードに設定される、オプションの「プレミアムホワイトインテリア」。
「メダリスト」系のグレードに設定される、オプションの「プレミアムホワイトインテリア」。
安全装備や運転支援システムとしては、インテリジェントアラウンドビューモニター(移動物検知機能付き)、スマートルームミラー(インテリジェントアラウンドビューモニター表示機能付き)、インテリジェントエマージェンシーブレーキ、車線逸脱警報、踏み間違い防止アシスト、LEDヘッドランプなどが用意される。
安全装備や運転支援システムとしては、インテリジェントアラウンドビューモニター(移動物検知機能付き)、スマートルームミラー(インテリジェントアラウンドビューモニター表示機能付き)、インテリジェントエマージェンシーブレーキ、車線逸脱警報、踏み間違い防止アシスト、LEDヘッドランプなどが用意される。
会場には、2016年冬に発売される予定の「NISMO」も展示されていた。
会場には、2016年冬に発売される予定の「NISMO」も展示されていた。

新世代の日産車に共通するデザインを採用

今回の変更では、内外装の意匠についても大幅に手が加えられている。

外装ではV字形の装飾が施された「Vモーショングリル」や、シャープさを増したヘッドランプ、ワイド感を強調したバンパーなどにより、フロントまわりの意匠を一新。リアまわりについても、くさび形に点灯するリアコンビネーションランプと新デザインのバンパーにより、ワイド感を強調している。ボディーカラーは新色の「ガーネットレッド」「オリーブグリーン」「ギャラクシーゴールド」「プレミアムコロナオレンジ」を含む全13色。このうち、プレミアムコロナオレンジはe-POWER搭載車のみの専用色となっている。

一方内装では、全車においてフラットボトム形状を取り入れた新デザインの3スポークステアリングホイールを採用したほか、e-POWER搭載車には専用設計のメーターを装備した。また、各部のコーディネートも従来モデルから変更しており、「X」系のグレードにはブラックを基調にライトグレーのアクセントを取り入れたハイコントラストなインテリアを、「メダリスト」系のグレードにはブラウン系の素材を取り入れたダークな色調のインテリアを採用。さらにメダリスト系のグレードについては、アイボリーとブラウンを組み合わせた内装色とフル合皮シートが特徴の「プレミアムホワイトインテリア」をオプション設定した。

なお、日産ではVモーショングリル内の青いアクセントや、メーターパネルのブルーライン、丸い特徴的な形状のシフトノブなどを、電動パワートレインを搭載する日産車に共通する特徴として各モデルに採用していくとしている。

価格は以下の通り。

  • S:139万3200円
  • X:149万5800円
  • メダリスト X:162万7560円
  • X DIG-S:173万8800円
  • メダリスト:198万5040円
  • X FOUR:171万1800円
  • X FOURスマートセーフティエディション:182万7360円
  • メダリスト X FOUR:184万3560円
  • メダリスト X FOURスマートセーフティエディション:192万9960円
  • e-POWER S:177万2280円
  • e-POWER X:195万9120円
  • e-POWER メダリスト:224万4240円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ノートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「日産ノート」にハイブリッド車の「e-POWER」が登場 2016.11.2 自動車ニュース 日産がコンパクトカー「ノート」をマイナーチェンジ。新たにハイブリッド車の「e-POWER」を設定した。e-POWERはエンジンが発電した電気によってモーターを駆動する、シリーズハイブリッドシステムであり、最高で37.2km/リッターの燃費を実現している。
  • 「日産ノート」に上質な内外装のカスタマイズモデル「モード・プレミア」登場 2016.11.2 自動車ニュース オーテックジャパンが、日産のコンパクトカー「ノート」の新しいカスタマイズモデル「モード・プレミア」を12月に発売すると発表。高級感を重視した特別な内外装が特徴で、オプションで運動性能を高める「ツーリングパッケージ」も用意されている。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • 日産ノート MEDALIST(FF/CVT)【試乗記】 2012.11.27 試乗記 日産ノート MEDALIST(FF/CVT)
    ……184万2750円

    燃費性能と使い勝手のよさをウリとする新型「日産ノート」。実際の燃費は? 走りや乗り心地は? 上級グレード「MEDALIST(メダリスト)」で試した。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
ホームへ戻る