第474回:「メルセデスの瓶」に「BMWの料理鍋」!?
博物館が伝える“名門の泣ける時代”

2016.11.04 エッセイ

老舗メーカーの新ジャンル

メルセデス・ベンツは2016年10月25日、ピックアップトラック「コンセプトXクラス」をスウェーデンのストックホルムで公開した。 

かねてうわさされていたこのモデル、メルセデスは「Gクラス」や「Mクラス」のヒストリーの延長線上にあることを示唆しながら、「初の真正プレミアム・ピックアップ」と定義する。生産型の発売は2017年末。主な市場は、アルゼンチン、ブラジル、南アフリカ、オーストラリア、ニュージーランド、そして欧州だ。

ピックアップ流行の兆しについては、本欄第443回で解説したとおりだ。その文末でも触れたが、映画『マディソン郡の橋』でフォトグラファー役のクリント・イーストウッドが乗っていたのは、古い1960年製の「GMC1500」であった。

「ピックアップは、少しやつれているほうがかっこいい」というのがボクの持論である。ジーンズはダメージ加工のほうがイカすのと同じだ。

したがってコンセプトXクラスも、あえて“やつれ感”を出してみたらよかったのでは? と、プレスブリーフィングのライブ中継に映し出されるピカピカのコンセプトモデルを見ながら考えていた。

ともかく、世界最古の自動車メーカーによる新ジャンル進出と、ジーンズ&スニーカー姿でプレゼンテーションを頑張っていたディーター・ツェッチェ会長に、拍手を送ろう。

メルセデス・ベンツのピックアップトラック「コンセプトXクラス」の発表会場。2016年10月25日撮影。
メルセデス・ベンツのピックアップトラック「コンセプトXクラス」の発表会場。2016年10月25日撮影。
こちらは、往年のメルセデス・ベンツ車。2016年に10周年を迎えた、ドイツ・シュトゥットガルトのメルセデス・ベンツ博物館で。
こちらは、往年のメルセデス・ベンツ車。2016年に10周年を迎えた、ドイツ・シュトゥットガルトのメルセデス・ベンツ博物館で。
この鍋が、クルマの話題とどう結びつくのか? 詳しくは、次ページ以降で。 
この鍋が、クルマの話題とどう結びつくのか? 詳しくは、次ページ以降で。 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。