「日産ノート」に上質な内外装のカスタマイズモデル「モード・プレミア」登場

2016.11.02 自動車ニュース
「日産ノートe-POWERモード・プレミア」
「日産ノートe-POWERモード・プレミア」

日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは2016年11月2日、日産のコンパクトカー「ノート」の新しいカスタマイズモデル「モード・プレミア」を設定し、同年12月12日に発売すると発表した。

「ノートe-POWERモード・プレミア」のリアビュー。
「ノートe-POWERモード・プレミア」のリアビュー。
インテリアは本革巻きステアリングホイールと各所のシルバーフィニッシャーが特徴。
インテリアは本革巻きステアリングホイールと各所のシルバーフィニッシャーが特徴。
グレージュ/ブラウンコンビシート
グレージュ/ブラウンコンビシート
ブラック/ブラウンコンビシート
ブラック/ブラウンコンビシート
専用15インチアルミホイール(切削光輝)&185/65R15 88Sタイヤ
専用15インチアルミホイール(切削光輝)&185/65R15 88Sタイヤ
「ノートe-POWERモード・プレミア」の「ツーリングパッケージ」装着車。
「ノートe-POWERモード・プレミア」の「ツーリングパッケージ」装着車。
「ツーリングパッケージ」にはボディー各部の補強も含まれている。
「ツーリングパッケージ」にはボディー各部の補強も含まれている。
専用16インチアルミホイール(切削光輝)&195/55R16 87Vタイヤ
専用16インチアルミホイール(切削光輝)&195/55R16 87Vタイヤ

運動性能を高める専用オプションも用意

モード・プレミアはオーテックが手がけるカスタマイズモデルの中でも、内外装の高級感を重視したシリーズであり、2015年7月にSUV「エクストレイル」に初めて設定された。

今回のノートでは、エクステリアに専用デザインのフロントグリルやアルミホイールを用いるとともに、各所にアクセントとしてメタル調の塗装を採用。インテリアは本革巻きの専用ステアリングホイールや各所に施されたシルバーフィニッシャーが特徴で、シート生地はグレージュとブラックの2色から選択可能となっている。

さらにハイブリッドシステムの「e-POWER」搭載車には、オプションとして「ツーリングパッケージ」を用意した。パワーユニットの制御に、加速のレスポンスや伸びやかさを重視した「ファインレスポンスVCM(Vehicle Control Module)」や、専用チューニングの足まわり、ボディー剛性の強化などにより、快適で安心感のあるロングツーリングを楽しむことができるという。

これらを含む主な特別装備は以下の通り。

  • 専用フロントグリル(メタル調フィニッシュ)
  • 専用フロントバンパー(メタル調フィニッシュ)
  • フォグランプ
  • サイドターンランプ付き電動格納式リモコンカラードドアミラー(メタル調フィニッシュ)
  • 専用リアバンパーフィニッシャー(メタル調フィニッシュ)
  • 専用エンブレム
  • 専用15インチアルミホイール(切削光輝)&185/65R15 88Sタイヤ(e-POWER車のみ)
  • モード・プレミア専用インテリア(グレージュ/ブラウンコンビシート<スエード調トリコット/トリコット>またはブラック/ブラウンコンビシート<スエード調トリコット/トリコット>+ドアトリムクロス+運転席アームレスト)
  • 専用本革巻き3スポークステアリングホイール(本革&ステッチ専用色)
  • オートエアコン
  • 専用シルバーフィニッシャー(センタークラスターサイド、パワーウィンドウスイッチ)
  • ピアノ調エアコン吹き出し口

オーテック取り扱いオプションは以下の通り。

  • 専用15インチアルミホイール(切削光輝)&185/65R15 88Sタイヤ
  • ツーリングパッケージ(専用16インチアルミホイール<切削光輝>&195/55R16 87Vタイヤ+専用チューニングサスペンション+専用チューニング電動パワーステアリング+ボディー補強<フロントクロスバー+フロント&リアサスペンションメンバーステー+テールクロスバー>+ファインレスポンスVCM)

価格は以下の通り。

  • ・モード・プレミア:169万0200円
  • ・モード・プレミアFOUR:190万6200円
  • ・モード・プレミアDIG-S:193万3200円
  • ・e-POWERモード・プレミア:220万7520円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ノートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「日産ノート」にハイブリッド車の「e-POWER」が登場 2016.11.2 自動車ニュース 日産がコンパクトカー「ノート」をマイナーチェンジ。新たにハイブリッド車の「e-POWER」を設定した。e-POWERはエンジンが発電した電気によってモーターを駆動する、シリーズハイブリッドシステムであり、最高で37.2km/リッターの燃費を実現している。
  • 「日産ノート」に上質な内外装のカスタマイズモデル「モード・プレミア」登場 2016.11.2 自動車ニュース オーテックジャパンが、日産のコンパクトカー「ノート」の新しいカスタマイズモデル「モード・プレミア」を12月に発売すると発表。高級感を重視した特別な内外装が特徴で、オプションで運動性能を高める「ツーリングパッケージ」も用意されている。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • 日産ノート MEDALIST(FF/CVT)【試乗記】 2012.11.27 試乗記 日産ノート MEDALIST(FF/CVT)
    ……184万2750円

    燃費性能と使い勝手のよさをウリとする新型「日産ノート」。実際の燃費は? 走りや乗り心地は? 上級グレード「MEDALIST(メダリスト)」で試した。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
ホームへ戻る