「日産ノート」に上質な内外装のカスタマイズモデル「モード・プレミア」登場

2016.11.02 自動車ニュース
「日産ノートe-POWERモード・プレミア」
「日産ノートe-POWERモード・プレミア」

日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは2016年11月2日、日産のコンパクトカー「ノート」の新しいカスタマイズモデル「モード・プレミア」を設定し、同年12月12日に発売すると発表した。

「ノートe-POWERモード・プレミア」のリアビュー。
「ノートe-POWERモード・プレミア」のリアビュー。
インテリアは本革巻きステアリングホイールと各所のシルバーフィニッシャーが特徴。
インテリアは本革巻きステアリングホイールと各所のシルバーフィニッシャーが特徴。
グレージュ/ブラウンコンビシート
グレージュ/ブラウンコンビシート
ブラック/ブラウンコンビシート
ブラック/ブラウンコンビシート
専用15インチアルミホイール(切削光輝)&185/65R15 88Sタイヤ
専用15インチアルミホイール(切削光輝)&185/65R15 88Sタイヤ
「ノートe-POWERモード・プレミア」の「ツーリングパッケージ」装着車。
「ノートe-POWERモード・プレミア」の「ツーリングパッケージ」装着車。
「ツーリングパッケージ」にはボディー各部の補強も含まれている。
「ツーリングパッケージ」にはボディー各部の補強も含まれている。
専用16インチアルミホイール(切削光輝)&195/55R16 87Vタイヤ
専用16インチアルミホイール(切削光輝)&195/55R16 87Vタイヤ

運動性能を高める専用オプションも用意

モード・プレミアはオーテックが手がけるカスタマイズモデルの中でも、内外装の高級感を重視したシリーズであり、2015年7月にSUV「エクストレイル」に初めて設定された。

今回のノートでは、エクステリアに専用デザインのフロントグリルやアルミホイールを用いるとともに、各所にアクセントとしてメタル調の塗装を採用。インテリアは本革巻きの専用ステアリングホイールや各所に施されたシルバーフィニッシャーが特徴で、シート生地はグレージュとブラックの2色から選択可能となっている。

さらにハイブリッドシステムの「e-POWER」搭載車には、オプションとして「ツーリングパッケージ」を用意した。パワーユニットの制御に、加速のレスポンスや伸びやかさを重視した「ファインレスポンスVCM(Vehicle Control Module)」や、専用チューニングの足まわり、ボディー剛性の強化などにより、快適で安心感のあるロングツーリングを楽しむことができるという。

これらを含む主な特別装備は以下の通り。

  • 専用フロントグリル(メタル調フィニッシュ)
  • 専用フロントバンパー(メタル調フィニッシュ)
  • フォグランプ
  • サイドターンランプ付き電動格納式リモコンカラードドアミラー(メタル調フィニッシュ)
  • 専用リアバンパーフィニッシャー(メタル調フィニッシュ)
  • 専用エンブレム
  • 専用15インチアルミホイール(切削光輝)&185/65R15 88Sタイヤ(e-POWER車のみ)
  • モード・プレミア専用インテリア(グレージュ/ブラウンコンビシート<スエード調トリコット/トリコット>またはブラック/ブラウンコンビシート<スエード調トリコット/トリコット>+ドアトリムクロス+運転席アームレスト)
  • 専用本革巻き3スポークステアリングホイール(本革&ステッチ専用色)
  • オートエアコン
  • 専用シルバーフィニッシャー(センタークラスターサイド、パワーウィンドウスイッチ)
  • ピアノ調エアコン吹き出し口

オーテック取り扱いオプションは以下の通り。

  • 専用15インチアルミホイール(切削光輝)&185/65R15 88Sタイヤ
  • ツーリングパッケージ(専用16インチアルミホイール<切削光輝>&195/55R16 87Vタイヤ+専用チューニングサスペンション+専用チューニング電動パワーステアリング+ボディー補強<フロントクロスバー+フロント&リアサスペンションメンバーステー+テールクロスバー>+ファインレスポンスVCM)

価格は以下の通り。

  • モード・プレミア:169万0200円
  • モード・プレミアFOUR:190万6200円
  • モード・プレミアDIG-S:193万3200円
  • e-POWERモード・プレミア:220万7520円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ノートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 第398回:凍った路面に強いのはどんなクルマ?
    「日産オールラインナップ 氷上・雪上試乗会」に参加して
    2017.2.11 エッセイ 2017年2月、長野県北佐久郡の女神湖で、「日産オールラインナップ 氷上・雪上試乗会」が開催された。雪でも氷でも問題なし! の4WDモデルから、いま話題の“新しいかたちの電気自動車”やスーパースポーツカーまでが勢ぞろい。滑る路面に強かったのはどんなクルマ?
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • 日産ノートNISMO S(FF/5MT)【試乗記】 2015.1.13 試乗記 日産の5ドアコンパクトカー「ノート」に、「NISMO」の名を持つスポーツモデルが登場。今となっては珍しい、テンロクエンジンを全開にして走る気持ちよさに、現代の国産車がなくしてしまった「走りの楽しさ」を見た。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その13) 2017.3.10 画像・写真 日産自動車はジュネーブモーターショー2017で、欧州向けSUV「キャシュカイ」のマイナーチェンジモデルを発表した。内外装を見直したほか、走行性能を強化している。さらに、2017年度中に“自動運転”技術「プロパイロット」を搭載する予定。
ホームへ戻る