Beatsのオーディオを搭載する「フォルクスワーゲン・ポロ」限定発売

2016.11.02 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ポロ with beats」
「フォルクスワーゲン・ポロ with beats」

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年11月2日、コンパクトカー「ポロ」の特別仕様車「ポロ with beats」を、400台限定で発売した。

「ポロ with beats」のリアビュー。
「ポロ with beats」のリアビュー。
インテリアの様子。Beatsのブランドロゴがあしらわれた専用のシートが装着される。
インテリアの様子。Beatsのブランドロゴがあしらわれた専用のシートが装着される。
ドアシルプレートにも「beatsaudio」のロゴが添えられる。
ドアシルプレートにも「beatsaudio」のロゴが添えられる。

特別装備の16インチアルミホイール。ピュアホワイトのボディーにはホワイトのホイールが、フラッシュレッドのボディーにはブラックのホイールが組み合わされる。


	特別装備の16インチアルミホイール。ピュアホワイトのボディーにはホワイトのホイールが、フラッシュレッドのボディーにはブラックのホイールが組み合わされる。

今回のポロ with beatsは、「ポロTSIコンフォートライン」がベースの限定車。300W/8チャンネルのパワーアンプにデジタルプロセッサー、6個のスピーカー、サブウーハーをセットにしたプレミアムサウンドシステム「beats sound system」を搭載したうえで、Beatsの世界観をイメージしたドレスアップが施されている。

エクステリアは、専用のデコレーションフィルムやドアミラー、16インチアルミホイールを装備。インテリアについては、専用のドアシルプレート、前席用フットウェルランプ、レッドステッチ入りのシートベルト、Beatsのブランドロゴである“bマーク”があしらわれた専用のアルカンターラ×ファブリックシートが与えられる。

オンラインサービス「Car-Net」のひとつである「App-Connect」を搭載した、純正インフォテイメントシステム「Composition Media」も標準装備。スマートフォンと接続するだけで「Mirror Link」やアップル社の「CarPlay」、グーグルの「Android Auto」が利用できる。

価格は、239万9000円。ボディーカラーは、ピュアホワイトとフラッシュレッドの2色がラインナップされ、それぞれ200台ずつ、計400台が販売される。

(webCG)

関連キーワード:
ポロフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記 成長したのはボディーサイズだけにあらず。6代目となる「フォルクスワーゲン・ポロ」がいよいよ登場。“MQB”世代のコンポーネンツが用いられた新型は、Bセグメントのスタンダードを塗り替えるほどの実力を持ち合わせていた。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
  • スズキ、新型クロスオーバーの「クロスビー」を発表 2017.12.25 自動車ニュース スズキが新型車「XBEE(クロスビー)」を発表。ワゴンとSUVの融合をうたったクロスオーバーモデルで、コンパクトでありながら大人5人が乗れる居住性と積載性を実現。180mmの最低地上高と走行モード切り替え機構により、十分な走破性もかなえているという。
  • 「フランクフルトショー2017」の会場から(フォルクスワーゲン) 2017.9.15 画像・写真 フランクフルトショーにおけるフォルクスワーゲンの展示ブースより、コンパクトSUVの「T-Roc」や、新型「ポロGTI」、電気自動車のコンセプトモデルである「I.D.CROZZ II」「I.D.BUZZ」などの姿を写真で紹介する。
  • ボルボS60ポールスター/V40 D4 R-DESIGNチューンド・バイ・ポールスター【試乗記】 2018.1.13 試乗記 電動モデル専門ブランドへの転身を表明したポールスターにとって、最後の“純内燃機関コンプリートカー”となる「S60ポールスター」に試乗。ポールスター製パーツを装備した「V40 D4 R-DESIGN」のチューンドカーと併せ、その古き良き(?)走りをリポートする。
ホームへ戻る