Beatsのオーディオを搭載する「フォルクスワーゲン・ポロ」限定発売

2016.11.02 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ポロ with beats」
「フォルクスワーゲン・ポロ with beats」

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年11月2日、コンパクトカー「ポロ」の特別仕様車「ポロ with beats」を、400台限定で発売した。

「ポロ with beats」のリアビュー。
「ポロ with beats」のリアビュー。
インテリアの様子。Beatsのブランドロゴがあしらわれた専用のシートが装着される。
インテリアの様子。Beatsのブランドロゴがあしらわれた専用のシートが装着される。
ドアシルプレートにも「beatsaudio」のロゴが添えられる。
ドアシルプレートにも「beatsaudio」のロゴが添えられる。

特別装備の16インチアルミホイール。ピュアホワイトのボディーにはホワイトのホイールが、フラッシュレッドのボディーにはブラックのホイールが組み合わされる。


	特別装備の16インチアルミホイール。ピュアホワイトのボディーにはホワイトのホイールが、フラッシュレッドのボディーにはブラックのホイールが組み合わされる。

今回のポロ with beatsは、「ポロTSIコンフォートライン」がベースの限定車。300W/8チャンネルのパワーアンプにデジタルプロセッサー、6個のスピーカー、サブウーハーをセットにしたプレミアムサウンドシステム「beats sound system」を搭載したうえで、Beatsの世界観をイメージしたドレスアップが施されている。

エクステリアは、専用のデコレーションフィルムやドアミラー、16インチアルミホイールを装備。インテリアについては、専用のドアシルプレート、前席用フットウェルランプ、レッドステッチ入りのシートベルト、Beatsのブランドロゴである“bマーク”があしらわれた専用のアルカンターラ×ファブリックシートが与えられる。

オンラインサービス「Car-Net」のひとつである「App-Connect」を搭載した、純正インフォテイメントシステム「Composition Media」も標準装備。スマートフォンと接続するだけで「Mirror Link」やアップル社の「CarPlay」、グーグルの「Android Auto」が利用できる。

価格は、239万9000円。ボディーカラーは、ピュアホワイトとフラッシュレッドの2色がラインナップされ、それぞれ200台ずつ、計400台が販売される。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI 2017.6.19 画像・写真 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、小型ハッチバック「ポロ」と併せて、スポーティーモデル「ポロGTI」の新型を発表した。エンジンは現行型の1.8リッターターボから排気量が拡大され、2リッターターボに。最高出力は8psアップの200psを得ている。その姿を画像で紹介する。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • フォルクスワーゲン、新型「ポロ」を世界初公開 2017.6.19 自動車ニュース 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、新型「ポロ」をベルリンで発表した。「ゴルフ」や「パサート」などにも採用される横置きエンジン用プラットフォーム「MQB」を用いることで、最新のテクノロジーを手に入れている。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフヴァリアントTSIハイライン【試乗記】 2017.6.21 試乗記 マイナーチェンジが施された「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。多くのライバルを従えて、今なお普遍的ベンチマークに君臨し続ける理由とは? その進化の度合いとともに確かめた。さらにホットモデルのちょい乗りリポートもお届けする。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.6.5 試乗記 マイナーチェンジを受けて、デジタルインターフェイスと先進運転支援システムの両面で進化を遂げた「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。その完成度はCセグメントの基準を揺るがすか? ワゴンモデル「ゴルフヴァリアント」に試乗した。
ホームへ戻る