【スペック】全長×全幅×全高=4970×1930×1420mm/ホイールベース=2920mm/車重=1995kg(欧州仕様車)/駆動方式=4WD/4.8リッターV8DOHC32バルブターボ(550ps/6000rpm、76.5kgm/2250-4500rpm)/価格=2481万円(テスト車=2736万円)

ポルシェ・パナメーラターボS(4WD/7AT)【試乗記】

あくなき進化の到達点 2011.10.20 試乗記 ポルシェ・パナメーラターボS(4WD/7AT)
……2736万円

ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」に、550psの最強グレードが新登場。超ド級のスペックがもたらす、その走りとは……?

「911 GT3」も置き去り!?

お金というのはさみしがり屋なんだそうです。だから、お財布の中にひとりぼっちでいたりすると、すぐにどこかへ消えてしまう。あれはお友だちのところに行くのです。故・桂枝雀師匠のまくらにこんなのがある。お金がお金のたくさんあるところにどんどん集まってくるのは、さみしがり屋だからなのだ。なぁるほど。本題は、「パナメーラターボ」の強化版、「ターボS」である。

高速道路の駐車場で「ポルシェ・パナメーラターボS」に乗り込み、本線へと続く合流車線でフル加速を試みる。リアウイングがスッと立ち上がって左右に広がるのをルームミラーで確認する。はやっ!
格納式リアウイングは90km/hで自動的にせり上がる。“ターボS”は、ローンチコントロールを使うと0-100km/h=3.8秒で加速する。私は使ってないが、それにしたって速いのである。全長5m、車重2トン強の巨艦が、「911 GT3」を上回る突進力を秘めているのだ(ちなみに911 GT3は4.1秒)。

パナメーラターボSは、パナメーラターボの4.8リッターV8エンジンをチューンし、500psの最高出力を10%増しの550psに、71.3kgmの最大トルクを76.5kgm(オーバーブースト時81.5kgm)に引き上げた4ドアGTポルシェの新しいキングである。最高速度は303km/hから306km/hに、0-100km/h加速は4.2秒から前述の3.8秒へと、性能アップが図られている。

2481万円という価格は、2086万円のターボの395万円増し! 超話題の「ダイハツ・ミラ イース」、79万5000円のおよそ5台分でもって、50psと交換されたのだ。「ミラ イース」は79万5000円で52psですけど。

運転席まわりの様子。シフトレバーを取り囲むように、走行モード選択ボタンや車高調整ボタンなど、多くのスイッチ類が並ぶ。
運転席まわりの様子。シフトレバーを取り囲むように、走行モード選択ボタンや車高調整ボタンなど、多くのスイッチ類が並ぶ。
フロントに置かれる心臓は、エンジンマネジメントの変更などにより「パナメーラターボ」比10%増しの550psを発生する。
フロントに置かれる心臓は、エンジンマネジメントの変更などにより「パナメーラターボ」比10%増しの550psを発生する。

ポルシェ・パナメーラターボS(4WD/7AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パナメーラの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ 2016.10.8 画像・写真 ポルシェが東京都内で新型「パナメーラ」の特別展示会を開催した。展示車両は4リッターV8ターボエンジンを搭載した高性能モデル「ターボ」で、0-100km/h加速は3.6秒という動力性能を有している。2代目となる新型パナメーラの姿を写真で紹介する。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)/パナメーラ4S(4WD/8AT)【海外試乗記】 2016.9.22 試乗記 ポルシェの新型「パナメーラ」にドイツ・ミュンヘンで試乗した。さまざまな新機軸の投入によって、快適性と動力性能の両面でさらなる高みに達した“4ドアスポーツカー”の実力を探った。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
ホームへ戻る