「谷口信輝の新車試乗」――メルセデス・ベンツE200アバンギャルド スポーツ(前編)

2016.11.03 mobileCG

谷口信輝の新車試乗――メルセデス・ベンツE200アバンギャルド スポーツ(前編)

SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回の試乗車は「メルセデス・ベンツE200」である。「Eクラス」といえば、世界累計1200万台以上の販売を誇るメルセデス・ベンツの中核であり、世界のプレミアムセダンの指標ともいえるモデルだ。そんな大物を、谷口はどう評価するのだろうか?

■たとえるなら「ちょっとふくよか、でも運動神経の鋭い人」

「全然悪くないですねえ」
フルモデルチェンジしたメルセデス・ベンツE200から降り立った谷口信輝は、開口一番にそう言った。
「ふだんはベンツをけなす僕ですが(笑)、決して悪くないですよ、E200は……」

ほほう、それは興味深い。では、どんなところが気に入ったのだろうか?
「サスペンションの設定は、縦方向、つまり上下方向には少しフワーンフワーンしたところがありますが、横方向、つまりコーナリング時はすごくしっかり踏ん張ってくれる。コーナーに入るときにステアリングを切ると、本当に“ふっ”と急に踏ん張りますよね。だから不安感がないし、スタビリティーも高い」

つまり乗り心地がよくてコーナリング性能も高いということ。そんな、相反するふたつの要件を高いレベルで両立させたE200のことを、谷口は「ちょっとふくよかなのに、実は運動神経の鋭い人」とたとえた。
「こんな言い方していいかどうかわからないけど、意外という意味では、カンフー映画の『燃えよデブゴン』みたいな感じ。ほら、ちょっと太めのサモ・ハン・キンポーが主演していたヤツ」
あの映画ならずいぶん昔に見たような気がするが、メルセデス関係者のみなさん、どうか誤解しないでください。決してE200がサモ・ハン・キンポーみたいというわけではなく、「乗り心地がいいのにコーナリング性能が高い」という意外性を強調するために用いた、あくまでもこれはホメ言葉ですからね、はい。

「反対にそれほどいいとは思わなかったのが……」
出た出た、谷口の酷評コーナーが始まりそうな気配である。(続く)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹/編集=竹下元太郎)

この記事は会員限定公開です。モバイル版webCGにてプレミアム会員(有料)に登録すると、続きをお読みいただけます。

【アクセス方法】

◇スマートフォンサイト◇

ブラウザのURL欄に「https://www.webcg.net」と入力するか、左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

【初月無料キャンペーン実施中!】
クレジットカードでの初回登録に限り、ご契約いただいた日からその月の末日まで、無料でご利用いただけます。
»詳しくはこちら

◇ケータイサイト◇

左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

関連キーワード:
Eクラス セダンメルセデス・ベンツ

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る