ホンダ・フリードハイブリッドG Honda SENSING(4WD/7AT)/フリード+G Honda SENSING(FF/CVT)/フリード+ハイブリッドEX(FF/7AT)

すべての人を満足させよう 2016.11.07 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。

フィット譲りで安心のフォルム

「8割9割の方はポジティブに受け止めていただいていますが、なんでこんな形にしたんだと言う方もいらっしゃいます」
2015年8月、「トヨタ・シエンタ」の試乗会で主査の粥川 宏さんが語っていた言葉である。フレンチな感触のオシャレ系デザインは際立っていたが、誰もがなじめたわけではない。コンサバな感性を持つ人々にとっては、「フィット」との近縁性が明らかな、ホンダ・フリード/フリード+のフォルムには安心感がある。

フリードがデビューしたのは2008年。3列シートを備えるコンパクトミニバンで、さらにさかのぼると2001年の「モビリオ」に行き着く。2002年には3列目を取り去った「モビリオスパイク」が登場し、2010年に「フリードスパイク」へと進化した。今回のモデルチェンジで車名が統一され、3列シートがフリード、2列シートがフリード+となったわけだ。

フリードは累計生産台数が58万台になり、ホンダの主力車種の一つに成長した。新型も1カ月で2万7000台を受注する好調なスタートである(販売計画は月6000台)。シエンタが売れ行きを伸ばすのを横目に、フリードのモデルチェンジを待ち望んでいたユーザーも多かったのだろう。1.5リッターガソリンエンジンとハイブリッドの2本立てなのはシエンタと同じで、27.2km/リッターという最良の燃費もまったく同一。新しいボディーカラーの「シトロンドロップ」はシエンタの「エアーイエロー」にそっくりだ。ユーザーの選択を左右するのは、デザインやユーティリティーである。

販売状況を見ると、フリード:フリード+の比率は74:26、ハイブリッド:ガソリンは53:47となっている。シエンタはガソリン車が6割ほどを占めていて、フリードはハイブリッドが健闘していると言える。

2代目となる新型「フリード」は2016年9月に登場。利便性や燃費性能の改善、ハイブリッド4WD車の設定。運転支援システムの強化などがトピックとなっている。
2代目となる新型「フリード」は2016年9月に登場。利便性や燃費性能の改善、ハイブリッド4WD車の設定。運転支援システムの強化などがトピックとなっている。
最初に試乗した「フリード ハイブリッドG Honda SENSING」のインテリア。ダッシュボードには、内装色に合わせて3種類の装飾パネルが用意されている。
最初に試乗した「フリード ハイブリッドG Honda SENSING」のインテリア。ダッシュボードには、内装色に合わせて3種類の装飾パネルが用意されている。
ハイブリッド車のパワーユニットは、従来モデルではエンジンとCVTの間にモーターを挟む「IMA」と呼ばれるシステムだったのに対し、新型ではデュアルクラッチ式ATにモーターを組み合わせた「スポーツハイブリッドi-DCD」となった。
ハイブリッド車のパワーユニットは、従来モデルではエンジンとCVTの間にモーターを挟む「IMA」と呼ばれるシステムだったのに対し、新型ではデュアルクラッチ式ATにモーターを組み合わせた「スポーツハイブリッドi-DCD」となった。
新色「シトロンドロップ」のボディーカラーが採用された「フリード+ ハイブリッドEX」。
新色「シトロンドロップ」のボディーカラーが採用された「フリード+ ハイブリッドEX」。
関連記事
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。
  • ホンダ・フリード/フリード+(後編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダから新型「フリード」と「フリード+」が登場。従来モデルから機能性や利便性が大幅に向上しており、特にフリード+は荷室の大幅な低床化を実現。フラットに格納できる2列目シートや脱着式フロアボードによる、多彩なアレンジも魅力となっている。
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • ホンダ・フリード/フリード+(前編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダの小型ミニバン「フリード」が新型にフルモデルチェンジ。車名を「フリード+(プラス)」に改めた2列シートモデルとともにデビューを果たした。初代以上に、幅広いユーザーにとっての“ちょうどいい”を目指したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • 新型「ホンダ・フリード/フリード+」発表会の会場から 2016.9.16 画像・写真 初代のコンセプト「ちょうどいい」をさらに推し進めた「ホンダ・フリード/フリード+(プラス)」がいよいよデビュー。2016年9月16日にHondaウエルカムプラザ青山で行われた発表会の様子を、写真とともにリポート。テレビCMに出演する、あの二人も登場。
  • ホンダ、小型ミニバンの新型「フリード/フリード+」を発売 2016.9.16 自動車ニュース ホンダがコンパクトミニバンの新型「フリード」および「フリード+」を発売した。従来モデルよりゆとりを増した車内空間や、より高効率なハイブリッドシステムの採用が特徴で、コンパクトミニバン初のハイブリッド4WD車の設定もトピックとなっている。
  • フィアット500スーパーポップ コッチネッラ 2017.5.24 画像・写真 FCAジャパンは2017年5月24日、「フィアット500」の限定車「Super Pop Coccinella(スーパーポップ コッチネッラ)」を発表した。200台の限定で、同年6月3日に発売される。車両価格は185万2200円。
  • 【上海ショー2017】ホンダが「CR-Vハイブリッド」を世界初公開 2017.4.19 自動車ニュース ホンダが上海ショーで新型「CR-Vハイブリッド」を発表。パワープラントには2モーターハイブリッドシステムの「スポーツハイブリッドi-MMD」を採用。運転支援システム「ホンダセンシング」をはじめとした、充実した装備も特徴として挙げられている。
ホームへ戻る