ジャガー、「XE」「XF」のディーゼルモデルに充実装備の特別仕様車

2016.11.04 自動車ニュース
「ジャガーXEジェットディーゼルエディション」。ボディーカラーはイタリアンレーシングレッド。

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2016年11月1日、ジャガーの4ドアセダン「XE」と「XF」に特別仕様車「ジェットディーゼルエディション」を設定し、受注を開始した。XEジェットディーゼルエディションは限定100台、XFジェットディーゼルエディションは限定30台の販売となる。

「ジャガーXFジェットディーゼルエディション」。ボディーカラーはアンモナイトグレー。
「XEジェットディーゼルエディション」のパノラミックサンルーフ。「XFジェットディーゼルエディション」には電動チルト、スライド式のサンルーフが備わる。
電動式トランクリッドを装備する。
ジェットのインテリアカラーに、グロスフィギュアドエボニーウッドパネルのインテリア。ステアリングホイールヒーターも備わる。
 

今回のジェットディーゼルエディションは、2リッター直4ディーゼルターボエンジン(180ps/43.9kgm)と8段ATを搭載する「XEプレステージ」「XFプレステージ」をベースに設定された。ブラックパックやブラックフィニッシュのアロイホイール、ステアリングホイールヒーター、電動式トランクリッドなど人気の高いオプションが標準装備とされている。インテリアカラーはジェット、ボディーカラーはイタリアンレーシングレッドとアンモナイトグレーの2色が用意される。

主な特別装備と価格は以下の通り。
【XEジェットディーゼルエディション】

  • 18インチMatrix 7ツインスポークブラックフィニッシュアロイホイール
  • ブラックパック(グロスブラック仕上げのサラウンド、ラジエーターグリル、サイドウインドウサラウンド、サイドパワーベント)
  • ジェット/モルジヌヘッドライニング
  • プライバシーガラス
  • 電動式トランクリッド
  • グロスフィギュアドエボニーウッドパネル
  • ステアリングホイールヒーター
  • パノラミックサンルーフ

イタリアンレーシングレッドが50台、アンモナイトグレーが50台の限定販売で、価格は590万円。

【XFジェットディーゼルエディション】

  • 19インチ Blade 5スポークグロスブラックフィニッシュアロイホイール
  • ブラックパック(グロスブラック仕上げのサラウンド、ラジエーターグリル、サイドウインドウサラウンド、サイドパワーベント、テールゲートフィニッシャー、ボディーキットブレード)
  • ジェット/モルジヌヘッドライニング
  • プライバシーガラス
  • ブラインドスポットモニター(クロージングビークルモニター、リバーストラフィックディテクション付き)
  • 電動式トランクリッド
  • グロスフィギュアドエボニーウッドパネル
  • ステアリングホイールヒーター
  • LEDヘッドライト
  • 電動チルト、スライド式サンルーフ

イタリアンレーシングレッドが15台、アンモナイトグレーが15台の限定販売で、価格は790万円。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XEの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガー、「XE」「XF」のディーゼルモデルに充実装備の特別仕様車 2016.11.4 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2016年11月1日、ジャガーの4ドアセダン「XE」と「XF」の特別仕様車「ジェットディーゼルエディション」を設定し、受注を開始した。XEジェットディーゼルエディションは限定100台、XFジェットディーゼルエディションは限定30台の販売となる。
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.9 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、実は “オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • ジャガーXE 2.0プレステージ(FR/8AT)/XE 2.5ポートフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2015.9.18 試乗記 200psか240psか? 「ジャガーXE」に関心を持つ人にとって悩ましいのは、2リッター直4ターボエンジンのどちらの仕様がよりジャガーらしいのか、ということではないだろうか。「2.0プレステージ」と「2.5ポートフォリオ」に比較試乗した。
  • BMW、「120i」と「220iクーペ」に新世代エンジンを搭載 2016.11.30 自動車ニュース BMWジャパンは2016年11月30日、「BMW 120i」と「BMW 220iクーペ」に新エンジンを搭載し、販売を開始した。今回、搭載された2リッター直4ガソリンターボエンジンは、最高出力184ps/5000rpm、最大トルク27.5kgm/1350-4600rpmを発生する。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
ホームへ戻る