第134回:伝説の女性監督が熊野を舞台に少女を描く
『溺れるナイフ』

2016.11.04 エッセイ

天才・山戸結希の初メジャー作品

夏休み映画の『シン・ゴジラ』と『君の名は。』は、秋風が吹いても劇場に観客を集め続けている。どちらも観た後に何かを語りたくなる作品で、リピーターも多い。誠に喜ばしいことだ。ただ、日本映画にとって今年最大の事件はこの後に控えている。天才・山戸結希がついにメジャーデビューするのだ。

27歳だが、すでに伝説をまとっている。これまで、彼女の作品を観る機会は極端に限られていた。大学在学中に撮影した『あの娘が海辺で踊ってる』は東京学生映画祭で上映された後に自主配給されたが、2013年から“絶賛封印中!!”となっている。DVD化もされていない。『おとぎ話みたい』はわずか2週間の単館レイトショー上映だった。DVDとブルーレイが発売されたのは今月である。

『5つ数えれば君の夢』がこれまでで一番多くの観客の目に触れた作品だ。東京女子流が出演していることで、アイドルファンにも注目された。これも超低予算映画で、独立系の配給である。山戸結希は一部の映画ファンからは熱狂的に支持されていたが、一般的な知名度は低いままだ。

『溺れるナイフ』はGAGAの配給で、全国のシネコンで上映される。主演は『乾き。』の衝撃的なデビューで若手女優のトップに躍り出た小松菜奈と、カメレオン演技で引っ張りだこの菅田将暉という豪華なキャスティング。『君の名は。』でヒロインの声を担当した上白石萌音、ジャニーズの重岡大毅も出演する万全のシフトだ。

©ジョージ朝倉/講談社 ©2016「溺れるナイフ」製作委員会
©ジョージ朝倉/講談社 ©2016「溺れるナイフ」製作委員会
 
第134回:伝説の女性監督が熊野を舞台に少女を描く『溺れるナイフ』の画像
 
第134回:伝説の女性監督が熊野を舞台に少女を描く『溺れるナイフ』の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。