マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)

プレミアムSUVの新風 2016.11.09 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。

始まりは2003年

このところプレミアムブランドのSUVが次々と登場し市場は大豊作状態。SUV発祥の地ともいえるアメリカはもちろんのこと、世界的なSUVブームをけん引するメルセデスやBMW、ポルシェといったジャーマンブランドのみならず、最近ではジャガーやベントレーといった英国ブランドまでもSUVに力を入れ始めているのはご存じのとおりである。そんな中、イタリアのオシャレ銘柄たるマセラティも、そのムーブメントのど真ん中でSUVのレヴァンテを開発。2016年5月のジャパンプレミアに続き、この秋から徐々にユーザーへデリバリーし始めた。

よってクルマ好きの間でも、世界的なSUVブームを受けてその波に乗るべくマセラティがレヴァンテを開発したかのように思われているが、意外にもマセラティのSUVプロジェクトはスタートが早かった。歴史をさかのぼると、それはなんと2003年のNAIAS(北米国際自動車ショー、通称デトロイトショー)で公開されたコンセプトカーの「クバング」にそのルーツを見ることができる。「BMW X5」がデビューし、それに続き初代「ポルシェ・カイエン」が登場した翌年の話である。これは、かのジョルジェット・ジウジアーロ率いる当時のイタルデザイン・ジウジアーロ社の提案型コンセプトモデルだった。もちろんこの時はポルシェに続きマセラティもSUVを開発するのか、と大きな話題にもなった。

それからしばしの沈黙の後、2011年のフランクフルトショーで、再びクバングが公開された。こちらはジウジアーロが手がけた第1作とは異なり、マセラティ・チェントロスティーレが社内でデザインを行ったコンセプトモデルだった。その時点での想定プラットフォームはFCAグループのジープ系4WDシステムの流用で、むろん、市販車として今われわれがステアリングを握っているレヴァンテとは基本構成を大きく異にするものだ。

つまり、ここで何が言いたいのかといえば、「FCAグループのスケールメリットを最大限に生かし、昨今のプレミアムSUVブームに乗り遅れまいとマセラティがSUVを作った」といううわさは正しくないということである。マセラティは実に10年以上もの時間をかけてSUV開発プロジェクトを入念に進めてきた。その事実を、まずは理解してほしいのだ。

「マセラティ・レヴァンテ」のインストゥルメントパネルまわり。内装色は黒が標準だが、オプションでブラウンやベージュなどの有彩色や、ツートンカラーも選べる。
「マセラティ・レヴァンテ」のインストゥルメントパネルまわり。内装色は黒が標準だが、オプションでブラウンやベージュなどの有彩色や、ツートンカラーも選べる。
フロントシートのヘッドレストには、マセラティのエンブレムがエンボス加工で施されている。
フロントシートのヘッドレストには、マセラティのエンブレムがエンボス加工で施されている。
リアシートは6:4の2分割可倒式。オプションでシートヒーターを装備できる。
リアシートは6:4の2分割可倒式。オプションでシートヒーターを装備できる。
マセラティ初のSUV「レヴァンテ」は、2016年3月のジュネーブモーターショーで世界初公開され、日本では同年5月に導入が発表された。
マセラティ初のSUV「レヴァンテ」は、2016年3月のジュネーブモーターショーで世界初公開され、日本では同年5月に導入が発表された。
関連記事
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • 「ALFA ROMEO DAY 2017」の会場から 2017.5.17 画像・写真 2017年5月14日、長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで“アルフィスタの祭典”「ALFA ROMEO DAY 2017」が開催された。会場に集まった、新旧およそ250台のアルファ・ロメオを、写真で紹介する。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • 「ベントレー・ベンテイガ」にカジュアルな新グレードが登場 2017.5.1 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年5月1日、装備内容を見直してよりカジュアルに仕立てた「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガ オニキス エディション」を発表した。車両価格は2399万円。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
ホームへ戻る