マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)

いい仕事ができそうな気がする 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。

食わず嫌いを直すには

最近のマツダは統一感のある躍動的なデザインがいい、と評価する人も多いと思うが、実をいうと私はあのアグレッシブなフロントグリルはちょっと苦手だ。それよりも改良を積み重ねてきたまっとうな中身にこそ真価があると思う。だが、パッと見て人目を引かないメカニズムや細部の工夫はなかなか目に留まらない。しかも実際に使う人でないとその効果が分かりにくい。となれば、より派手で分かりやすいものが優先され、そうでないものは後回しにされがちなのは、商売ではよく聞く話である。

たとえば、「アクセラ」に続いて今回アテンザにも採用された例の「G-ベクタリング コントロール」にしても、「ドライバーに分かりやすくアピールできないものは採用する意味はないのでは」という意見も実は社内にはあったらしい。だが「効果があるならやろう、やるべきだ」と判断された。この辺に派手な「やっちゃえ」とは異なるマツダの考え方が表れていると思う。結果としてここ数年で、マツダ各車は以前とは見違えるように上質になった。デザインや内装がどうの、という表面的な話だけではない。今では新世代モデル全車がオルガン式アクセルペダルを採用し、適切なドライビングポジションが取れるコックピットを備えている。これは基本的な車両パッケージングに関わるだけに、小手先でどうにかなるものではない。10年も前から始まった社運を賭けた取り組みが、今、実を結んでいるというわけだ。あの当時、ハイブリッドモデルを持たずにこの先どうするつもりなのか、と詰め寄った新聞記者の皆さんにこそ、新しいマツダに乗ってその進化を体験してほしいと思う。

現行型の「アテンザ」は、2012年11月にセダンとワゴンの2タイプでデビュー。2016年8月に、そのマイナーチェンジ版が発売された。
現行型の「アテンザ」は、2012年11月にセダンとワゴンの2タイプでデビュー。2016年8月に、そのマイナーチェンジ版が発売された。
コックピットの様子。より正確に路面の状況把握と運転操作ができるよう、マイナーチェンジを機にステアリングホイールの形状が改められた。
コックピットの様子。より正確に路面の状況把握と運転操作ができるよう、マイナーチェンジを機にステアリングホイールの形状が改められた。
計器盤は、3つの円形メーターが並ぶスタイルはそのままに、メーター内の意匠を変更。マルチインフォメーションディスプレイ(右端)はカラー表示となった。
計器盤は、3つの円形メーターが並ぶスタイルはそのままに、メーター内の意匠を変更。マルチインフォメーションディスプレイ(右端)はカラー表示となった。
関連記事
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(FF/6AT)/アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2015.1.16 試乗記 「マツダ・アテンザ」が「CX-5」とともに大規模なマイナーチェンジを受けて完成度を一段と高めた。2.2リッターディーゼルエンジンを搭載するセダンとワゴンのステアリングを握り、デビューから2年を経たフラッグシップモデルの“進化論”を検証した。
  • 第24回:300万円は出せません!! 2017.1.10 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • 第39回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    おデブなMINIってアリなのか?
    2017.5.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第39回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! おデブなMINIはアリなのか?」。サイズもお値段もマッチョなMINIクーパーSD クロスオーバーALL4をクルマ変態的視点で斬る!
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
ホームへ戻る