第377回:日常運転の楽しさをサーキットで学ぶ
マツダ主催の「Be a driver.体験試乗取材会」に参加した

2016.11.09 エッセイ
 

「クルマを通じて人生を楽しんでもらう」とキャッチフレーズを掲げるマツダが、プレス向けのイベント「Be a driver.体験試乗取材会」を開催。ジムカーナコースでのオートテスト、Gボウルを使用したGのつながり体感、「マツダ・ロードスター」でのサーキット走行の模様を、サーキット初体験のwebCG編集部員がリポートする。

「Gのつながり体験」に使用するGボウル。疑似体験できるアプリがiPhone/iPad向けに販売されている。興味のある方はぜひ。ただし、走行中に注視しないなど、安全にはくれぐれもご用心!
マツダは世界各国でユーザーが「MX-5」(日本名:ロードスター)を体験できるイベントを開催している。雪上走行を体験できる国もあるのだとか。
開催概要を説明するマツダ国内広報部の町田 晃マネージャー。
会場には「ロードスター」と「デミオ」のラジコンが用意されており、「オートテスト」と同じコースを走らせることができた。
ドライブシミュレーターのi-Racingも設置されていた。楽しげに体験しているのは“バイパーほった”氏ことwebCGの堀田編集部員。

F1も日常走行も同じ

モータースポーツと日常の運転のイメージが乖離(かいり)しているのではないか。マツダ社内でのこんな疑問から今回のイベントの企画が持ち上がったという。確かに、僕がF1ドライバーに抱くイメージは、特別な運転技術を駆使して、とんでもないパワーのクルマをとんでもない速度で走らせる――といったもの。読者の皆さんも似たような印象をお持ちではないかと思う。しかし、クルマを思うように走らせて停止させるという行動の中で、ドライバーが触れる装置はアクセル、ハンドル、ブレーキの3つだけ。つまり、例えば週末にイオンに向かう僕たちも、ライバルと100分の1秒を競うF1ドライバーも、アクセル、ハンドル、ブレーキを操作してクルマを動かしているのである。モータースポーツも日常走行も丁寧な操作が大切。マツダの訴えたかったのはたぶんこういうことだと思う。

午前8時。雨の降りしきる常磐道をひた走り、われわれ取材班は筑波サーキットに到着した。試乗を前に注意事項や開催概要の説明が行われ、マツダ国内広報部の町田 晃マネージャーは「マツダでは、スポーツ走行の延長線上にモータースポーツがあると考えています。それで、サーキットで日常走行に近いところから体験していただき、最後は思いっきりスポーツ走行を楽しんでください」と話した。

試乗は3種類用意されており、1つ目はジムカーナ場での「オートテスト」。オートテストとは、イギリスを起源とする自動車競技で、広場に複数のパイロンを並べ、それに沿って決められた区間をスラロームで走ったり、バックで指定された場所にクルマを入れたりして、運転のテクニックを競うというもの。速すぎても遅すぎてもダメで、あらかじめ設定された基準タイムに近い走りをしなければならないのだ。ちなみにパイロンに接触したり、コースを間違えたりするとタイムにペナルティーが加算される。このテストを通じて、日常の運転の中にも楽しみを見いだすことができるという。

2つ目はGボウルという器具を使用しての「Gのつながり体感」。Gボウルとは、浅いお皿の上にピンポン玉が乗ったような装置で、ダッシュボードの上に設置される。荒い運転をして0.4G以上かかると玉がボウルから落ちてしまうので、これを落とさないようにコースをグルグルと回って速さを競うのだ。玉を落とすとペナルティータイムが加算されてしまう。街なかを走行中、急な飛び出しの際にかける急ブレーキがだいたい0.4Gなので、玉を落とさないように走ることができれば、日常の運転でGがかかりすぎることはないという。つまり、同乗者にも優しい運転ができるようになるというわけ。

最後はマツダ・ロードスターの北米版「マツダMX-5」のカップ仕様車と、ロードスターのパーティーレース仕様での「サーキット走行」である。MX-5のカップ仕様車は、世界同一仕様によるワンメイクレース「グローバルMX-5カップ」に参戦できる車両で、北米仕様の2リッターエンジン車をベースに、数々の専用部品で性能強化が図られたモデル。公道は走行できないが、788万4000円で市販されている。ただ、今回これを運転するには国内A級ライセンスが必要ということで、普通自動車第一種運転免許しか取得していない僕は、プロレーサーの運転に同乗することになる。一方、パーティーレース仕様はロードスターの競技用ベース車両である「NR-A」に5点式シートベルトやけん引フックを装着したもの。動力性能などは普通のロードスターと変わらない。こちらはヘルメットと長袖、長ズボンを着用すればサーキットを走ることができる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ