ホンダ・ステップワゴン モデューロX 8人乗り(FF/CVT)/ステップワゴン モデューロX 7人乗り(FF/CVT)

屈指のチューンドミニバン 2016.11.11 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、純正カスタマイズブランド「モデューロ」のパーツを組み込んだスペシャルバージョンが登場。その走りや乗り心地は、ふつうのステップワゴンとどう違う? 8人乗りと7人乗りの2車種に試乗した。

カッコだけではないモディファイ

モデューロX――それは、ホンダの純正アクセサリーの開発を担当するホンダアクセスがチューニングを手がけ、ディーラーで新車として販売されるコンプリートモデルの名称だ。

ここに紹介する「ステップワゴン モデューロX」は、モデューロXとしては、2012年12月に誕生した「N-BOX モデューロX」、2015年7月にローンチされた「N-ONE モデューロX」に次ぐ、第3弾となるモデル。「軽自動車以外では初となるモデューロX」ともいえる。この先、発売直後から受注も好調と伝えられる新型「フリード」についても、早々の追加設定が期待できそうだ。

こだわりや個性を重んじるユーザーを対象に、そのニーズに応えるというコンセプトにのっとって開発されたモデューロXで、まず手が加えられたのはエクステリアデザインである。

そもそも、メーカー純正のボディーキットを得意としてきたホンダアクセス。その作品だけに、施されたモディファイの質感、そしてベースとなるボディーへの後付け感のなさは文句ナシだ。その上で、専用デザインの前後バンパーは、揚力バランスを計算し、“空力操安”をも意識したという仕上げ。さらに、専用のエンジンアンダーカバーも加えることで、フロア下面の中央に速い空気の流れを作り出し、直進安定性を高めたという。

このように走行性能の向上も織り込んだ専用のデザインを、見た目の上でより強くアピールしたい場合、設定された3つのボディーカラーの中から選ぶべきは、最も明度の高い「ホワイトオーキッド・パール」だろうというのが個人的感想だ。残るダーク系2色の場合には、開口部の大きさを強調したフロントマスクや、ステップワゴンシリーズで唯一となるリアディフューザーのせっかくの造形が、ボディーカラーの中に埋没してしまうからだ。

運転席と助手席の背もたれには、「Modulo X」ロゴの刺しゅうが施されている。
運転席と助手席の背もたれには、「Modulo X」ロゴの刺しゅうが施されている。
「ステップワゴン モデューロX」には、専用デザインのフロントバンパーやグリルが与えられる。直進安定性を高めるよう、空力にも配慮されている。
「ステップワゴン モデューロX」には、専用デザインのフロントバンパーやグリルが与えられる。直進安定性を高めるよう、空力にも配慮されている。
「ステップワゴン モデューロX」専用のフロントビームライトおよびLEDフォグライト。バンパーの左右両端に装着される。
「ステップワゴン モデューロX」専用のフロントビームライトおよびLEDフォグライト。バンパーの左右両端に装着される。
リアバンパーの下端には、ディフューザーが備わる。フロントバンパーの形状と相まって、車体下部の空気の流れを改善する。
リアバンパーの下端には、ディフューザーが備わる。フロントバンパーの形状と相まって、車体下部の空気の流れを改善する。

ボディーカラーは、写真の「プレミアムスパイスパープル・パール」のほか、「ホワイトオーキッド・パール」、「プレミアムスパークルブラック・パール」がラインナップされる。各色の受注比率(2016年10月末)は順に、11%、60%、29%。


	ボディーカラーは、写真の「プレミアムスパイスパープル・パール」のほか、「ホワイトオーキッド・パール」、「プレミアムスパークルブラック・パール」がラインナップされる。各色の受注比率(2016年10月末)は順に、11%、60%、29%。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ステップワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る