日産マーチ ボレロA30(FF/5MT)

よりしなやかに 気持ちよく 2016.11.15 試乗記 オーテックジャパンが、自社の創立30周年を記念してリリースした、30台限定のスペシャルモデル「日産マーチ ボレロA30」。オーテックが、持てるリソースのすべてを注いで作り上げた“特別なマーチ”の走りをリポートする。

年間販売5万2600台、売上高1250億円

日産自動車の完全子会社として茅ヶ崎で産声をあげたオーテックジャパンは今年、創業から30周年を迎えた。そのIR情報をみると、事業内容として以下の3つが記されている。

・特装車(少量限定生産車含む)および部用品等の企画、開発、生産、販売
・モータースポーツ車用エンジンの開発
・日産直納車・輸出車の架装請負

真ん中の項目はともあれ、上下の2つはわれわれにとっても実は意外となじみ深い。日産いわくライフケアビークル、つまり福祉車両の特装はあらかたがオーテックの手によるもので、その車種は16に及ぶ。あるいは「マーチ ボレロ」や「エルグランド ライダー」など、カタログに併載されるカスタマイズモデルを企画・生産するのもオーテックの仕事だ。以前紹介した「GT-R NISMO」もその性格上、特別架装の組付けから販売をオーテックが担っている。ちなみに15年の販売台数は5万2600台。日産……と書くと紛らわしいので1日当たりの生産と記すが、その能力は200台を軽く超えるところだろう。1250億円の売上高を含め、架装を主とする部門としては立派な数字である。

そのオーテックが、自らの30周年記念として30台の限定生産で世に送り出したのが、マーチ ボレロA30だ。

その中身はさておき、なぜマーチなのか。なぜボレロなのか。それを見た時に覚えた違和感は、オーテックの歴史を顧みればすぐに解けた。

オーテックジャバンの創立30周年を記念した限定モデル「マーチ ボレロA30」。30台という販売台数に対し、約20倍もの応募が殺到したという。
オーテックジャバンの創立30周年を記念した限定モデル「マーチ ボレロA30」。30台という販売台数に対し、約20倍もの応募が殺到したという。
各部に同車専用の装備が施されたインテリア。センタークラスターには「AUTECH 30th Anniversary」と描かれたシリアルナンバー入りのプレートが装着されている。
各部に同車専用の装備が施されたインテリア。センタークラスターには「AUTECH 30th Anniversary」と描かれたシリアルナンバー入りのプレートが装着されている。
フロントシートには、ホールド性と快適性のバランスを考慮し、「レカロLX-F IM110」を採用している。
フロントシートには、ホールド性と快適性のバランスを考慮し、「レカロLX-F IM110」を採用している。
テールゲートに装着された「Bolero A30」のバッジ。
テールゲートに装着された「Bolero A30」のバッジ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マーチの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産マーチNISMO S(FF/5MT)【試乗記】 2014.2.18 試乗記 「ジューク」と「フェアレディZ」に続き、NISMOの名を持つ「マーチ」が登場。モータースポーツで培われたノウハウが注がれたスーパーマーチの走りはいかに? 1.5リッター自然吸気エンジンに5MTを組み合わせた上級モデル「NISMO S」に試乗した。
  • 日産マ−チ12G(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2010.9.1 試乗記 ……150万450円
    総合評価……★★★★

    日産を代表する小さな大物「マーチ」。700kmを超える走行テストを行ったミスター・テスターは、そんなマーチに、どんな評価を下すのか?
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
ホームへ戻る