第475回:宣伝効果バツグン!?
「フィアット124スパイダー」の教習車が登場!

2016.11.11 マッキナ あらモーダ!

依然モテモテの「124スパイダー」

2016年10月29日、アバルトファンのためのメーカー主催ミーティング「ABARTH DAY 2016(アバルトデー2016)」が欧州で開催された。ドイツのニュルブルクリンク、英国のシルバーストーン、スペインのナヴァーラ、そしてイタリアのタツィオ・ヌヴォラーリの、4つのサーキットで同時開催するという大胆な企画だった。当日は、4会場合わせて3500人のファンが自慢のサソリ1100台(1100匹?)を持ち寄った。

イタリアには約500台が参集。その日サーキットデビューをした若者から、往年のアマチュアチームで鳴らしたジェントルマンドライバーまでそれぞれのスタイルで走りを楽しんだ。

その会場で、創始者カルロ・アバルト時代のヒストリックモデルに比肩して注目を浴びていたモデルが、新型「アバルト124スパイダー」である。いち早くデリバリーしてもらって乗りつけた幸運なオーナーは、他の参加者の羨望(せんぼう)の的だった。また、試乗コーナーには終日長い列ができていた。展示ブースでは、124スパイダーと記念撮影や自撮りをする参加者も少なくなかった。

そのアバルト124スパイダーの“とんでもない仕様”を、それもボクが住むシエナで発見した。

「アバルトデー2016」はヨーロッパ4カ国のサーキットで同時開催された。イタリアの会場には、開門前から多くのファンが詰めかけた。
「アバルトデー2016」はヨーロッパ4カ国のサーキットで同時開催された。イタリアの会場には、開門前から多くのファンが詰めかけた。
ファンミーティング「アバルトデー2016」で愛好者たちの注目を浴びる「アバルト124スパイダー」。2016年10月26日、イタリア北部パヴィア郊外で。
ファンミーティング「アバルトデー2016」で愛好者たちの注目を浴びる「アバルト124スパイダー」。2016年10月26日、イタリア北部パヴィア郊外で。
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アバルト124スパイダー(FR/6MT)【試乗記】 2016.11.2 試乗記 アバルトのオープンスポーツモデル「アバルト124スパイダー」に試乗。市街地や高速道路、ワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションを走り、ベースとなった「マツダ・ロードスター」との違いを浮き彫りにする。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
ホームへ戻る