新型コンパクトハイトワゴン「スバル・ジャスティ」発売

2016.11.09 自動車ニュース
「スバル・ジャスティGSスマートアシスト」
「スバル・ジャスティGSスマートアシスト」 拡大

富士重工業は2016年11月9日、ハイトワゴンタイプの新型小型車「ジャスティ」「ジャスティカスタム」を発表した。同年11月21日に販売を開始する。

「ジャスティGSスマートアシスト」のリアビュー。
「ジャスティGSスマートアシスト」のリアビュー。 拡大
「ジャスティGスマートアシスト」のインテリア。
「ジャスティGスマートアシスト」のインテリア。 拡大
「ジャスティカスタム」には2トーンカラーも用意される。写真は「ブラック/マゼンタベリー・マイカメタリック」。
「ジャスティカスタム」には2トーンカラーも用意される。写真は「ブラック/マゼンタベリー・マイカメタリック」。 拡大
「ジャスティカスタムRSスマートアシスト」
「ジャスティカスタムRSスマートアシスト」 拡大

運転しやすさと快適さを両立

ジャスティ/ジャスティカスタムは、「BIG Pleasure Compact」をコンセプトに開発されたスバルの新型コンパクトハイトワゴンだ。「ダイハツ・トール/トールカスタム」の姉妹車であり、富士重工業はダイハツからOEM供給を受けて販売する。

ボディーサイズは、全長×全幅×全高=3700mm(ジャスティカスタムは3725mm)×1670mm×1735mm。5ナンバー枠に収まるコンパクトさでありながら広々とした室内空間を確保するとともに、最小回転半径を4.6mに抑えることで、運転しやすさと快適な室内を両立したとうたわれる。パワーユニットは1リッター3気筒エンジン(最高出力69ps/最大トルク9.4kgm)に加えて、新開発となる1リッター3気筒ターボエンジン(同98ps/同14.3kgm)を搭載したグレードも設定。トランスミッションはすべてのグレードでCVTを採用する。

安全面はスバル車らしく充実しており、全グレードに衝突回避支援ブレーキや車線逸脱警報機能などを備えた衝突回避安全システム「スマートアシストII」を標準装備とした。

ボディーカラーは全9色の設定。さらに、ジャスティカスタムでは2トーンカラーも3種類設定される。

ラインナップと価格は以下の通り。

【ジャスティ】

  • Lスマートアシスト:152万8200円(FF)/175万2840円(4WD)
  • Gスマートアシスト:168万4800円(FF)/190万4040円(4WD)
  • GSスマートアシスト:189万円(ターボ・FF)

【ジャスティカスタム】

  • Rスマートアシスト:194万1840円(FF)/213万8400円(4WD)
  • RSスマートアシスト:207万1440円(ターボ・FF)

(webCG)
 

関連キーワード:
ジャスティジャスティカスタムスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・タンク カスタムG-T(FF/CVT)【試乗記】 2017.2.1 試乗記 コンパクトハイトワゴン市場にトヨタ陣営が投入したニューモデル「タンク」。3気筒ターボエンジンを搭載した上級グレード「カスタムG-T」に試乗し、同市場のパイオニアである「スズキ・ソリオ」との違いを確かめた。
  • メルセデス・ベンツG500(4WD/9AT)/メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【海外試乗記】 2018.5.15 試乗記 ヘビーデューティーSUV「メルセデス・ベンツGクラス」が1979年のデビュー以来、初のフルモデルチェンジ! スクエアなデザインを受け継ぎながらも、フロントサスペンションなどは大幅に刷新された。軽やかで強烈な走りを報告する。
  • ダイハツ、販売会社向けに「トール」の特別仕様ベース車両を設定 2018.5.10 自動車ニュース ダイハツが、コンパクトカー「トール」に販売店ごとの特別仕様車の設定を可能とする「販売会社特別仕様ベース車両」を設定。同時に「トールカスタム」に新しいディーラーオプション「エアロスタイリッシュパック」を追加設定し、販売を開始した。
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.11 試乗記 ランボルギーニ初の“スーパーSUV”「ウルス」に試乗。新しいタイプのファイティングブルには、ほかの高性能SUVとは違った持ち味があるのか。その走りをサーキットから一般道、オフロードまで、さまざまな道でチェックした。
ホームへ戻る