新型コンパクトハイトワゴン「スバル・ジャスティ」発売

2016.11.09 自動車ニュース
「スバル・ジャスティGSスマートアシスト」
「スバル・ジャスティGSスマートアシスト」

富士重工業は2016年11月9日、ハイトワゴンタイプの新型小型車「ジャスティ」「ジャスティカスタム」を発表した。同年11月21日に販売を開始する。

「ジャスティGSスマートアシスト」のリアビュー。
「ジャスティGSスマートアシスト」のリアビュー。
「ジャスティGスマートアシスト」のインテリア。
「ジャスティGスマートアシスト」のインテリア。
「ジャスティカスタム」には2トーンカラーも用意される。写真は「ブラック/マゼンタベリー・マイカメタリック」。
「ジャスティカスタム」には2トーンカラーも用意される。写真は「ブラック/マゼンタベリー・マイカメタリック」。
「ジャスティカスタムRSスマートアシスト」
「ジャスティカスタムRSスマートアシスト」

運転しやすさと快適さを両立

ジャスティ/ジャスティカスタムは、「BIG Pleasure Compact」をコンセプトに開発されたスバルの新型コンパクトハイトワゴンだ。「ダイハツ・トール/トールカスタム」の姉妹車であり、富士重工業はダイハツからOEM供給を受けて販売する。

ボディーサイズは、全長×全幅×全高=3700mm(ジャスティカスタムは3725mm)×1670mm×1735mm。5ナンバー枠に収まるコンパクトさでありながら広々とした室内空間を確保するとともに、最小回転半径を4.6mに抑えることで、運転しやすさと快適な室内を両立したとうたわれる。パワーユニットは1リッター3気筒エンジン(最高出力69ps/最大トルク9.4kgm)に加えて、新開発となる1リッター3気筒ターボエンジン(同98ps/同14.3kgm)を搭載したグレードも設定。トランスミッションはすべてのグレードでCVTを採用する。

安全面はスバル車らしく充実しており、全グレードに衝突回避支援ブレーキや車線逸脱警報機能などを備えた衝突回避安全システム「スマートアシストII」を標準装備とした。

ボディーカラーは全9色の設定。さらに、ジャスティカスタムでは2トーンカラーも3種類設定される。

ラインナップと価格は以下の通り。

【ジャスティ】

  • Lスマートアシスト:152万8200円(FF)/175万2840円(4WD)
  • Gスマートアシスト:168万4800円(FF)/190万4040円(4WD)
  • GSスマートアシスト:189万円(ターボ・FF)

【ジャスティカスタム】

  • Rスマートアシスト:194万1840円(FF)/213万8400円(4WD)
  • RSスマートアシスト:207万1440円(ターボ・FF)

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • マツダE&T、「ボンゴフレンディ」似の「CX-5」キャンパーを展示 2017.2.3 自動車ニュース マツダのエンジニアリング子会社であるマツダE&Tは、幕張メッセで2017年2月5日まで開催されているジャパンキャンピングカーショー2017で、車両の屋根上に宿泊スペースを持つ「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」を展示している。
  • スバル、2018年型の「レガシィ」をシカゴで公開 2017.2.3 自動車ニュース 富士重工業は2017年2月3日、米国・シカゴで開催される2017年 シカゴオートショー(開催期間:2月9日~20日)で、2018年型「スバル・レガシィ」の米国仕様車を公開すると発表した。
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース スズキが6代目となる新型「ワゴンR」を発表。デザインは従来モデルから一新されており、特にフロントまわりについてはイメージの異なる3種類のデザインを用意。33.4km/リッターというマイルドハイブリッド車の燃費も特徴となっている。
ホームへ戻る