新型コンパクトハイトワゴン「スバル・ジャスティ」発売

2016.11.09 自動車ニュース
「スバル・ジャスティGSスマートアシスト」

富士重工業は2016年11月9日、ハイトワゴンタイプの新型小型車「ジャスティ」「ジャスティカスタム」を発表した。同年11月21日に販売を開始する。

「ジャスティGSスマートアシスト」のリアビュー。
「ジャスティGスマートアシスト」のインテリア。
「ジャスティカスタム」には2トーンカラーも用意される。写真は「ブラック/マゼンタベリー・マイカメタリック」。
「ジャスティカスタムRSスマートアシスト」

運転しやすさと快適さを両立

ジャスティ/ジャスティカスタムは、「BIG Pleasure Compact」をコンセプトに開発されたスバルの新型コンパクトハイトワゴンだ。「ダイハツ・トール/トールカスタム」の姉妹車であり、富士重工業はダイハツからOEM供給を受けて販売する。

ボディーサイズは、全長×全幅×全高=3700mm(ジャスティカスタムは3725mm)×1670mm×1735mm。5ナンバー枠に収まるコンパクトさでありながら広々とした室内空間を確保するとともに、最小回転半径を4.6mに抑えることで、運転しやすさと快適な室内を両立したとうたわれる。パワーユニットは1リッター3気筒エンジン(最高出力69ps/最大トルク9.4kgm)に加えて、新開発となる1リッター3気筒ターボエンジン(同98ps/同14.3kgm)を搭載したグレードも設定。トランスミッションはすべてのグレードでCVTを採用する。

安全面はスバル車らしく充実しており、全グレードに衝突回避支援ブレーキや車線逸脱警報機能などを備えた衝突回避安全システム「スマートアシストII」を標準装備とした。

ボディーカラーは全9色の設定。さらに、ジャスティカスタムでは2トーンカラーも3種類設定される。

ラインナップと価格は以下の通り。

【ジャスティ】

  • Lスマートアシスト:152万8200円(FF)/175万2840円(4WD)
  • Gスマートアシスト:168万4800円(FF)/190万4040円(4WD)
  • GSスマートアシスト:189万円(ターボ・FF)

【ジャスティカスタム】

  • Rスマートアシスト:194万1840円(FF)/213万8400円(4WD)
  • RSスマートアシスト:207万1440円(ターボ・FF)

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • 「ホンダN-ONE」に「N360」生誕50周年を記念した特別仕様車 2016.11.10 自動車ニュース 本田技研工業は2016年11月10日、軽乗用車「N-ONE」に特別仕様車「SS(スズカスペシャル)ネオクラシックレーサーパッケージ」を設定し、11月11日に発売すると発表した。価格は179万8000円で、2017年10月31日までの生産分で受注終了となる。
  • マツダが「ロードスターRF」の予約受け付けを開始 2016.11.10 自動車ニュース マツダがリトラクタブルハードトップのスポーツモデル「ロードスターRF」の予約受け付けを開始した。ルーフの開閉は、ロックの解除も含めボタンひとつで操作可能。ロードスターとしては日本初導入の2リッターエンジンも特徴となっている。
ホームへ戻る