ホンダが新型コンパクトSUV「WR-V」市販予定車を世界初披露

2016.11.09 自動車ニュース

本田技研工業のブラジルにおける四輪車の生産販売子会社であるホンダオートモーベイス・ド・ブラジル・リミターダは2016年11月8日(現地時間)、2016年サンパウロ国際モーターショー(プレスデー:11月8日~9日、一般公開日:11月10日~20日)において「WR-V」の市販予定車を世界初公開した。

ホンダWR-Vは、「タフでありながら都会的なSUVデザインと高いユーティリティー、広い室内空間をコンパクトなボディーサイズで実現した」とうたわれる新型コンパクトSUV。南米のユーザーニーズに基づき、ホンダR&Dブラジルで開発されたモデルで、優れた燃費性能と安定したハンドリング性能がセリングポイントとされる。

同車は南米地域での販売が予定されており、ブラジルでは2017年前半に発売となる予定。

(webCG)

「ホンダWR-V」
「ホンダWR-V」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。