第17回 ゼイタクは敵(その1)

2016.11.15 エッセイ

100点満点中300点!

208万円の最終「デルタ」(1.6ディーゼル)は、慎重なる助手席試乗の結果、こう判定された。

課題その1:乗り心地が驚くほど硬い。→タイヤ交換で対処可能。
課題その2:ダッシュボード中央部のシルバーの樹脂が安っぽい。→塗装での対処も可能と推測。
課題その3:ディーゼルらしいトルクは、分厚くはないがそこそこ。→合格圏内。

こう書くと落第スレスレのようだが、なにせあの陶酔のエクステリアとインテリア(ダッシュボード中央部のシルバーの樹脂部を除く)の加点があまりにも大きい。しかもそれがたった208万円というお手ごろ価格! レア度の高さもカーマニア心を激しく刺激する。

もちろん程度はまったく問題ない。こういうクルマに乗る人はまず例外なくクルマを大事にする。愛をかけるのである。走行距離もまだ5万2000kmぽっち。素晴らしい! 素晴らしすぎる!

そう思ったら、課題その1とその2すらあばたもえくぼ。中古車は少し減点があるくらいのほうが味わい深いのだ。そこも加点である。100点満点中300点!

私は助手席から降りるなり、「コレツィオーネ」成瀬社長に申し出た。
「じゃ、これでお願いします」
お店に到着してから約20分後のことだった。

ラテン車を専門に扱う店「コレツィオーネ」の成瀬社長と筆者。
ラテン車を専門に扱う店「コレツィオーネ」の成瀬社長と筆者。
「デルタ」のインパネ中央部、シルバー樹脂の安っぽさはやや残念。
「デルタ」のインパネ中央部、シルバー樹脂の安っぽさはやや残念。
フィアット系1.6ディーゼル(マルチジェット)は筆者によって「合格」と判定された。
フィアット系1.6ディーゼル(マルチジェット)は筆者によって「合格」と判定された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本唯一の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算44台、うち10台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。