「ホンダN-ONE」に「N360」生誕50周年を記念した特別仕様車

2016.11.10 自動車ニュース
「ホンダN360」(左)と「ホンダN-ONE Premium Tourer・LOWDOWN SSネオクラシックレーサーパッケージ」
「ホンダN360」(左)と「ホンダN-ONE Premium Tourer・LOWDOWN SSネオクラシックレーサーパッケージ」

本田技研工業は2016年11月10日、軽乗用車「N-ONE」に特別仕様車「SS(スズカスペシャル)ネオクラシックレーサーパッケージ」を設定し、11月11日に発売すると発表した。価格は179万8000円で、2017年10月31日までの生産分で受注終了となる。

ボンネットのストライプや、チェッカーデカールが目を引くエクステリア。
ボンネットのストライプや、チェッカーデカールが目を引くエクステリア。
タンカラーのコンビシートにはシートヒーターも備わる。
タンカラーのコンビシートにはシートヒーターも備わる。
「N-ONEモデューロX」。ボディーカラーはシャイニンググレーメタリック&レッド。
「N-ONEモデューロX」。ボディーカラーはシャイニンググレーメタリック&レッド。

今回の特別仕様車は、ホンダ初の市販軽乗用車「N360」の生誕50周年を記念したモデル。全高を低くした「Premium Tourer・LOWDOWN」をベースに、N360をモチーフとして開発されたN-ONEの外観デザインを生かして、当時流行したドレスアップをほうふつとさせる特別装備が施されている。

主な特別装備は以下の通り。

  • ボンネットストライプ塗装
  • チェッカーデカール(ドアサイドモール/リアバンパーモール/ルーフサイド/テールゲートスポイラー)
  • ブラックモール付きフロントグリル/フロントバンパー
  • ブラックアウタードアハンドル
  • ブラックドアサイドモール
  • ブラックリアバンパーモール
  • ブラックリアライセンスガーニッシュ
  • ブラック「N-ONE」エンブレム
  • 15インチアルミホイール(オールブラック)
  • タンカラーコンビシート
  • 運転席&助手席シートヒーター
  • あんしんパッケージ
  • 専用カラードスマートキー(2個)

また、N-ONEに専用カスタマイズパーツを装着したコンプリートカー「Modulo(モデューロ)X」にも一部仕様変更が施された。ボディーカラーのラインナップが刷新されたほか、シート表皮とエアコンアウトレットリングにレッドが採用されている。価格は189万8000円。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-ONE Premium Tourer・LOWDOWN(FF/CVT)【試乗記】 2015.8.24 試乗記 全高が65mm下げられた「ホンダN-ONE」の「LOWDOWN(ローダウン)」に試乗した。スポーティーな外観を得て、立体駐車場にも入るようになったローダウンだが、逆に失ったものはないのだろうか?
  • ホンダN-ONE Premium Tourer 2トーンカラースタイル(FF/CVT)【試乗記】 2013.1.16 試乗記 ホンダN-ONE Premium Tourer 2トーンカラースタイル(FF/CVT)
    ……154万5000円

    ちょっとレトロな表情を見せる、ホンダの軽乗用車「N-ONE(エヌワン)」。そのクルマとしての仕上がりは? 巨匠 徳大寺有恒が確かめた。
  • トミーカイラZZ(MR)【試乗記】 2017.6.9 試乗記 京都のベンチャー企業、GLMが初めて手がけた量産電気自動車(EV)「トミーカイラZZ」。自動車メーカーとしての第一歩となる99台の限定モデルは、電動パワープラントならではの刺激と、走る楽しさにあふれたピュアスポーツカーだった。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフヴァリアントTSIハイライン【試乗記】 2017.6.21 試乗記 マイナーチェンジが施された「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。多くのライバルを従えて、今なお普遍的ベンチマークに君臨し続ける理由とは? その進化の度合いとともに確かめた。さらにホットモデルのちょい乗りリポートもお届けする。
  • フォルクスワーゲンup! with beats(FF/5AT)【試乗記】 2017.6.15 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップの中で最もコンパクトな「up!」がマイナーチェンジ。デビューから5年がたち、走りや乗り心地はどのように変わったのか、専用のドレスアップやbeatsのオーディオを特徴とする限定車で確かめた。
ホームへ戻る