「ホンダN-ONE」に「N360」生誕50周年を記念した特別仕様車

2016.11.10 自動車ニュース
「ホンダN360」(左)と「ホンダN-ONE Premium Tourer・LOWDOWN SSネオクラシックレーサーパッケージ」
「ホンダN360」(左)と「ホンダN-ONE Premium Tourer・LOWDOWN SSネオクラシックレーサーパッケージ」

本田技研工業は2016年11月10日、軽乗用車「N-ONE」に特別仕様車「SS(スズカスペシャル)ネオクラシックレーサーパッケージ」を設定し、11月11日に発売すると発表した。価格は179万8000円で、2017年10月31日までの生産分で受注終了となる。

ボンネットのストライプや、チェッカーデカールが目を引くエクステリア。
ボンネットのストライプや、チェッカーデカールが目を引くエクステリア。
タンカラーのコンビシートにはシートヒーターも備わる。
タンカラーのコンビシートにはシートヒーターも備わる。
「N-ONEモデューロX」。ボディーカラーはシャイニンググレーメタリック&レッド。
「N-ONEモデューロX」。ボディーカラーはシャイニンググレーメタリック&レッド。

今回の特別仕様車は、ホンダ初の市販軽乗用車「N360」の生誕50周年を記念したモデル。全高を低くした「Premium Tourer・LOWDOWN」をベースに、N360をモチーフとして開発されたN-ONEの外観デザインを生かして、当時流行したドレスアップをほうふつとさせる特別装備が施されている。

主な特別装備は以下の通り。

  • ボンネットストライプ塗装
  • チェッカーデカール(ドアサイドモール/リアバンパーモール/ルーフサイド/テールゲートスポイラー)
  • ブラックモール付きフロントグリル/フロントバンパー
  • ブラックアウタードアハンドル
  • ブラックドアサイドモール
  • ブラックリアバンパーモール
  • ブラックリアライセンスガーニッシュ
  • ブラック「N-ONE」エンブレム
  • 15インチアルミホイール(オールブラック)
  • タンカラーコンビシート
  • 運転席&助手席シートヒーター
  • あんしんパッケージ
  • 専用カラードスマートキー(2個)

また、N-ONEに専用カスタマイズパーツを装着したコンプリートカー「Modulo(モデューロ)X」にも一部仕様変更が施された。ボディーカラーのラインナップが刷新されたほか、シート表皮とエアコンアウトレットリングにレッドが採用されている。価格は189万8000円。

(webCG)

関連キーワード:
N-ONEホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-BOX 2017.8.31 画像・写真 トールワゴンタイプではもちろん、軽自動車全体でも“ナンバーワン”の販売台数を誇るホンダの人気モデル「N-BOX」がフルモデルチェンジを受けた。一新された内外装やスーパーロングスライド機構付きの助手席など、新型のディテールを写真で紹介する。
  • 「ホンダN-BOX」がフルモデルチェンジ 2017.8.31 自動車ニュース ホンダの軽トールワゴン「N-BOX」がフルモデルチェンジ。2代目となる新型は、新開発のプラットフォームを採用するなど、車両のすべてを従来モデルから一新。助手席ロングスライド機構をはじめ、さまざまな新機軸が取り入れられている。
  • ホンダN-BOXプロトタイプ/N-BOXカスタム プロトタイプ【試乗記】 2017.9.4 試乗記 2011年のデビュー以来、高い人気を保ち続けているホンダの軽トールワゴン「N-BOX」シリーズが、いよいよ2代目にモデルチェンジ! 従来モデルからすべてが一新されたという新型の実力を、走りと使い勝手の両面からリポートする。
  • ホンダN-BOXカスタム 2017.8.31 画像・写真 軽乗用車初のシーケンシャルウィンカーなど、他のモデルにはないディテールが目を引く新型「ホンダN-BOXカスタム」。クロームメッキで飾られたボディーや、黒を基調としたインテリアなど、標準車とは一味違うその姿を写真で紹介する。
  • BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.9 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?
ホームへ戻る