フォルクスワーゲンとLCCのピーチがコラボレーション

2016.11.10 自動車ニュース
関西空港に導入される「#PinkBeetle」のランプカー。計5台が6カ月間活躍する予定。

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)と格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションは2016年11月9日、コラボレーションを実施すると発表。同日、「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラッピングを施した航空機の運航を開始したほか、ピーチ機内でザ・ビートルのピンク色の限定車を発売した。

限定車「#PinkBeetle」を中心に、ピーチの井上慎一代表取締役CEO(向かって左)と、VGJのティル・シェア代表取締役(同右)。
VGJは「#PinkBeetle」(写真)を300台限定で販売する。これに加え、ピーチのロゴとブランドカラーをボディーの両サイドに追加した「#PinkBeetle Peach Edition」を“機内販売専用限定車”として5台販売する。
航空機の機体の前半には、「ザ・ビートル」のサイドビューのラッピングが施されている。
機体の後半には「ザ・ビートル」のフロントビューと、フォルクスワーゲンロゴおよびエンブレムが入る。
ピーチの機内で販売される限定車「#PinkBeetle Peach Edition」。

日本初の“機内販売専用限定車”を販売

このコラボレーションは、People's Car(Volkswagen)として地上で「モビリティーの民主化」を目指すフォルクスワーゲンと、旅の日常化をテーマに“空飛ぶ電車”として「飛行機利用の民主化」を実現したピーチの思惑が重なり、実現したという。

両社のコラボレーションの内容は以下の4点。

  1. 機体にフォルクスワーゲンのロゴとザ・ビートルのラッピングを施したピーチの航空機を運航する。機体数は1機で、運行期間は6カ月を予定。
  2. ピーチの機内で限定車「#PinkBeetle Peach Edition(ハッシュタグ ピンクビートル ピーチエディション)」を5台販売する。販売期間は6カ月。ただし、台数に達した時点で販売は終了する。また、これとは別に、VGJはほぼ同仕様の限定車「#PinkBeetle」300台を販売する。車両価格はともに307万円。
  3. 関西空港でピーチが使用する「#PinkBeetle」のランプカーを5台導入する。使用期間は6カ月を予定。
  4. ピーチが発行するフリーペーパー『PEACH LIVE』内で、フォルクスワーゲン車を利用したコンテンツを発信する。

同日、関西空港で行われた発表会で、ピーチの井上慎一代表取締役CEOは、「ピーチのお客さまは20~30代が全体の56%を占める。特にわれわれは女性にターゲットを当てており、彼女たちがピーチを使ってご自分のライフスタイルをどんどん広げていくという、新しいムーブメントが起きている。今回の提携によってこの移動そのものを楽しむ、バーチャルもいいけどリアリティーも大事、というムーブメントに、さらにドライブがかかっていくのではないか」と語った。

一方、VGJのティル・シェア代表取締役は、「現在のフォルクスワーゲンのお客さまは40~50代が中心。(今回のコラボレーションを通じて)より若い、女性の方々にアピールしたい」とし、同時に、心が若く、新しいことにトライしたいと考えている“アクティブシニア層”にも訴求していきたいと述べた。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ザ・ビートルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デザイン(FF/7AT)【試乗記】 2016.10.24 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」が日本上陸から4年半ぶりにマイナーチェンジ。デザインや走りに磨きをかけ、安全面や機能面を充実させたという新型の走りとは? 内装の一部に外装色をあしらった「ザ・ビートル デザイン」に試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】NEW 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
ホームへ戻る