「ポルシェ・パナメーラ」にショーファードリブン仕様が登場

2016.11.10 自動車ニュース
「ポルシェ・パナメーラ4Sエグゼクティブ」
「ポルシェ・パナメーラ4Sエグゼクティブ」

ポルシェ ジャパンは2016年11月10日、新型「パナメーラ」のモデルラインナップに新型3リッターV6ターボエンジン搭載モデルと、ボディーを延長した「エグゼクティブ」モデルを追加設定し、同年12月9日に予約受注を開始すると発表した。

通常モデルからホイールベースが150mm延ばされている。
通常モデルからホイールベースが150mm延ばされている。
「ターボ エグゼクティブ」の後部座席。電動調整が可能で、シートヒーターも備わる。
「ターボ エグゼクティブ」の後部座席。電動調整が可能で、シートヒーターも備わる。
 
「ポルシェ・パナメーラ」にショーファードリブン仕様が登場の画像

今回の新型V6ターボは、先代のパナメーラに搭載されていた3.6リッターNAエンジンを20ps上回る最高出力330psを発生。一方で、燃料消費量は1.0リッター/100km低減している。同エンジンは「パナメーラ」「パナメーラ4」と、ロングボディーのエグゼクティブモデル「パナメーラ4エグゼクティブ」に搭載される。また、エグゼクティブモデルはほかに「パナメーラ4 E-ハイブリッド エグゼクティブ(最高出力462ps)」「パナメーラ4Sエグゼクティブ(同440ps)」「パナメーラ ターボ エグゼクティブ(同550ps)」がラインナップされる。

ロングボディーのエグゼクティブは、ショーファードリブンとして設計されており、通常モデルからホイールベースが150mm延長され、3100mmに。全長は5199mmとなる(いずれもヨーロッパ仕様の数値)。全グレードで大型パノラミックルーフやフロントとリアのマルチウェイ電動調節式コンフォートシート(ヒーター付き)、電子制御ダンパーシステム(ポルシェアクティブサスペンションマネージメントシステム/PASM)を含むアダプティブエアサスペンション、および後席ヘッドレスト後方のロールアップサンブラインドを標準装備。また、4Sエグゼクティブとターボ エグゼクティブには、リアアクスルステアとソフトクローズドアも標準で備わる。さらにターボ エグゼクティブには4ゾーンクライメートコントロール、ポルシェダイナミックライトシステム(PDLS)を含むLEDヘッドライト、およびアンビエントライトも追加されている。

後席にはショーファードリブンらしいオプションが用意され、2組の折りたたみテーブルと新開発の大型リアセンターコンソール、また、フロントシート裏には10.1インチのディスプレイも装着できる。このディスプレイは取り外しが可能で、車外でもタブレット端末として使用できる。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • パナメーラ:1094万円
  • パナメーラ4:1144万円
  • パナメーラ4エグゼクティブ:1303万円
  • パナメーラ4 E-ハイブリッド エグゼクティブ:1529万円
  • パナメーラ4Sエグゼクティブ:1762万円
  • パナメーラ ターボ エグゼクティブ:2540万円

(webCG)
 

関連記事
  • ポルシェが「パナメーラ」の最上級モデルを日本に導入 2017.4.20 自動車ニュース ポルシェが「パナメーラ ターボS E-ハイブリッド エグゼクティブ」の予約受け付けを開始。V8ターボとプラグインハイブリッド機構を組み合わせた「パナメーラ」最上級グレードで、価格は2831万~3044万円となっている。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その3) 2017.3.8 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。ポルシェは「パナメーラ」のワゴンバリエーションである「パナメーラ スポーツツーリスモ」や、「911 GT3」の最新モデルなどを公開した。
  • 【上海ショー2017】ポルシェ、5台のニューモデルを出展 2017.4.21 自動車ニュース 独ポルシェは、上海モーターショー(会期:2017年4月19日~28日)に、ワゴンボディーを持つ「パナメーラ スポーツツーリスモ」や、ロングボディーのショーファードリブン仕様「パナメーラ エグゼクティブ」など5台のニューモデルを出展した。
  • ポルシェ、日本仕様の新型「パナメーラ」を初公開 2017.2.28 自動車ニュース ポルシェが新型「パナメーラ」の日本仕様を初公開した。新型パナメーラはポルシェの新しいプラットフォーム「MSB」を採用した第1弾のモデルにあたり、V6、V8のツインターボモデルに加え、プラグインハイブリッド車もラインナップされる。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.4.18 試乗記 V12からV8ターボへ、4WDからFRへと改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすればGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードだ。しかし乗ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)/パナメーラ4S(4WD/8AT)【海外試乗記】 2016.9.22 試乗記 ポルシェの新型「パナメーラ」にドイツ・ミュンヘンで試乗した。さまざまな新機軸の投入によって、快適性と動力性能の両面でさらなる高みに達した“4ドアスポーツカー”の実力を探った。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
ホームへ戻る