「ポルシェ・パナメーラ」にショーファードリブン仕様が登場

2016.11.10 自動車ニュース
「ポルシェ・パナメーラ4Sエグゼクティブ」
「ポルシェ・パナメーラ4Sエグゼクティブ」

ポルシェ ジャパンは2016年11月10日、新型「パナメーラ」のモデルラインナップに新型3リッターV6ターボエンジン搭載モデルと、ボディーを延長した「エグゼクティブ」モデルを追加設定し、同年12月9日に予約受注を開始すると発表した。

通常モデルからホイールベースが150mm延ばされている。
通常モデルからホイールベースが150mm延ばされている。
「ターボ エグゼクティブ」の後部座席。電動調整が可能で、シートヒーターも備わる。
「ターボ エグゼクティブ」の後部座席。電動調整が可能で、シートヒーターも備わる。
 
「ポルシェ・パナメーラ」にショーファードリブン仕様が登場の画像

今回の新型V6ターボは、先代のパナメーラに搭載されていた3.6リッターNAエンジンを20ps上回る最高出力330psを発生。一方で、燃料消費量は1.0リッター/100km低減している。同エンジンは「パナメーラ」「パナメーラ4」と、ロングボディーのエグゼクティブモデル「パナメーラ4エグゼクティブ」に搭載される。また、エグゼクティブモデルはほかに「パナメーラ4 E-ハイブリッド エグゼクティブ(最高出力462ps)」「パナメーラ4Sエグゼクティブ(同440ps)」「パナメーラ ターボ エグゼクティブ(同550ps)」がラインナップされる。

ロングボディーのエグゼクティブは、ショーファードリブンとして設計されており、通常モデルからホイールベースが150mm延長され、3100mmに。全長は5199mmとなる(いずれもヨーロッパ仕様の数値)。全グレードで大型パノラミックルーフやフロントとリアのマルチウェイ電動調節式コンフォートシート(ヒーター付き)、電子制御ダンパーシステム(ポルシェアクティブサスペンションマネージメントシステム/PASM)を含むアダプティブエアサスペンション、および後席ヘッドレスト後方のロールアップサンブラインドを標準装備。また、4Sエグゼクティブとターボ エグゼクティブには、リアアクスルステアとソフトクローズドアも標準で備わる。さらにターボ エグゼクティブには4ゾーンクライメートコントロール、ポルシェダイナミックライトシステム(PDLS)を含むLEDヘッドライト、およびアンビエントライトも追加されている。

後席にはショーファードリブンらしいオプションが用意され、2組の折りたたみテーブルと新開発の大型リアセンターコンソール、また、フロントシート裏には10.1インチのディスプレイも装着できる。このディスプレイは取り外しが可能で、車外でもタブレット端末として使用できる。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • パナメーラ:1094万円
  • パナメーラ4:1144万円
  • パナメーラ4エグゼクティブ:1303万円
  • パナメーラ4 E-ハイブリッド エグゼクティブ:1529万円
  • パナメーラ4Sエグゼクティブ:1762万円
  • パナメーラ ターボ エグゼクティブ:2540万円

(webCG)
 

関連キーワード:
パナメーラポルシェ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ(FR/8AT)【試乗記】 2017.9.14 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のベーシックモデルに試乗。とかくパワーとスピードで語られがちな高性能サルーンの世界ではあるが、“素”のパナメーラを見くびってはいけない! そこには他のグレードでは味わえない、独自のバランスがあったからだ。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(6AT/FF)【試乗記】 2017.8.30 試乗記 これまでディーゼル専用だった「マツダCX-3」にガソリンエンジン搭載車が登場した。それに加えて、「WLTC」燃費モードの認可をいち早く取得するなど、最近のマツダは話題に事欠かない。「20Sプロアクティブ」グレードに試乗した。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボS E-ハイブリッド(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.8.22 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のトップグレード「ターボS E-ハイブリッド」に試乗。プラグインハイブリッドシステムは燃費性能のみならず、サルーンとしての快適性やポルシェ車としてのスポーツ性能も大きく進化させていた。カナダ・バンクーバー島からのリポート。
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • トヨタ・カムリG“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.9.15 試乗記 長年にわたって代を重ねてきた、トヨタのFFセダン「カムリ」。「前例のない変革」を掲げて開発された新型は、どんなクルマに仕上がったのか。最上級グレード「G“レザーパッケージ”」に試乗して確かめた。
ホームへ戻る