第3回:ラグジュアリーか、スポーティーか?
週末ドライブで見えた「ATSセダン」の実力

2016.11.11 特集
箱根のワインディングロードを行く。シャープなハンドリングが自慢の「ATSセダン」は山道が得意。(写真=向後一宏)

早いもので、気がつけば今年ももう11月の半ば。「キャデラックATSセダン」がwebCG編集部にやって来た9月の終わりはまだ夏の余韻が残っていて、炎天の下、エアコンが利いた室内に、半ば逃げ込むかのように乗り込んでいたけれど、今朝はエアコンはエアコンでも暖房がほしいくらい冷え込んだ。そろそろ箱根あたりにも紅葉が降りてきたころだろう。ATSセダンで週末ドライブに出かけて、その魅力について考えてみた。

276psと400Nmを誇る2リッター直4ターボエンジン。ピークトルクには3000rpmで到達するが、2100~3000rpmですでにその9割に達する。
ATは2015年12月に発表されたマイナーチェンジで8段(GM製のHydra-Matic 8L45型)とされた。それまでは6段。
フロントドアには合わせガラスが使用され、静粛性の向上に一役買っている。
リポート開始から2000km走行後の燃費は9.1km/リッター(満タン法)。高速道路でおとなしく巡航すれば11km/リッター台を維持するのはたやすい。

ピークパワーより実用トルク

日数にして1カ月半、距離にして2000kmも乗れば、ATSセダンの“クルマとなり”はだいぶわかってきたつもりだ。しかし一方では、乗れば乗るほどATSというのはユニークなクルマだな、という思いも強まってきている。仮にATSセダンというクルマをひとことで表現するとしたら、ラグジュアリーなのか、それともスポーティーなのか? と聞かれても、そう簡単に答えることはできそうにない。

エンジンがいい例だ。搭載する2リッター直4ターボユニットは、276ps(203kW)/5500rpmと400Nm(40.8kgm)/3000-4600rpmと、2リッターにしてはなかなかのハイチューンだが、普段乗っていて感銘を受けるのは、実はピークパワーの大きさばかりではない。むしろ優れたドライバビリティー(運転のしやすさ)の方に感心させられる。

スペックから読み取るのは難しいが、実はこのエンジンは1000rpm台の中盤で、早くも実用に足る力強いトルクを生み出すようにしつけられている。スロットル操作に対するレスポンスも、ターボエンジンにしてはとてもいい。そして、その実用トルクの山を、8段ATがスムーズ、かつテンポよくつないでいくのだが、そのマナーが見事なのだ。

シフトセレクターをDレンジに固定して、スロットルペダルを浅く、かつ穏やかに踏み込むと、1500~2000rpmで自動シフトアップが繰り返される。45km/hプラスで6速へ、さらに50km/hを超えたところで7速にすっと入る。室内は静かで、エンジンは存在感を一向に主張してこない。この粛々とした走りをラグジュアリーと呼ばずして、何と呼ぶべきか! そんな気分である。

→キャデラックATSセダンのスペックを公式サイトで詳しくみる

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「キャデラックATSセダン長期試乗リポート<PR>」の過去記事リストへ
関連記事 ホームへ戻る