第135回:アウトローにはおっさんアクションが似合う 
『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』

2016.11.11 エッセイ

30年ずっとイケメンのトム・クルーズ

トム・クルーズはイケメンである。多分、異論は出ないだろう。1986年の『トップガン』で世界的なスターの座を獲得し、30年にわたって男前代表として君臨してきた。チャラめの役柄が似合っていたが、1996年の『ミッション:インポッシブル』が転機となった。イーサン・ハントを演じてアクションのジャンルでもトップに立つ。5作目の『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』でも衰えぬ肉体を披露している。

節制と鍛錬を持続していることには頭が下がる。しかし、彼も54歳。そろそろ先のことを考えなければならないだろう。イケメン俳優では先輩にあたるケビン・コスナーは、『カンパニー・メン』や『マン・オブ・スティール』でいい感じのおやじになっていた。61歳という年齢にふさわしく、熟成を重ねた姿だ。2004年の『アルフィー』で超絶モテ男を演じたジュード・ロウは、このところヤバい悪役もオファーされるようになった。まだ43歳だが、ヘアスタイルの著しい変化が影響しているのだろう。

レオナルド・ディカプリオに至っては、2011年の『J・エドガー』でハゲでデブの中年ゲイという難役に挑戦していた。昨年は『レヴェナント:蘇りし者』で熊に食われていたし、『タイタニック』は遠い昔になった感がある。41歳だからまだまだ色男で行けるのに、わざわざ汚れ役をやりたがっているようだ。

日本ではもうすぐ44歳になるキムタクがなかなか次のステージに進めずにいる。『ロング・バケーション』のイメージは簡単には払拭(ふっしょく)できない。どのタイミングでイメチェンするかは、二枚目が必ず直面する課題である。トムも自分が難しい時期を迎えたことは十分に理解しているはずだ。

(C)2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.
 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。