トヨタC-HR Gプロトタイプ(FF/CVT)/C-HR S-Tプロトタイプ(4WD/CVT)

トヨタの本気 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。

成長マーケットでの存在感を回復するために

世界の自動車市場において最も伸び幅著しいカテゴリーといえば、Cセグメント以下のクラスで構成されるコンパクトSUVであることは疑いの余地がない。これは日欧だけの傾向ではなく、中国にロシアそしてアメリカと、大型車を嗜好(しこう)する市場においても同様だ。中には20年ごろには200%の成長を遂げるだろうという見立てもあるほどで、各メーカーはこのカテゴリーの覇権争いに心血を注いでいる。

そんなホットマーケットにおいて明らかに存在感が薄まっていたのがトヨタだ。このカテゴリーのひな型をつくったともいえる「RAV4」はニーズに合わせてリファインを繰り返した結果、ずぶずぶのマーケットイン商品として個性を失ってしまった。現在、RAV4とそのロングボディー版ともいえる「ヴァンガード」は日本市場では販売されていない。

満を持して投入されるC-HRに託されるのは、活況市場での後れを取り戻すとともに、トヨタのブランドイメージを若返らせることだ。当然、世界のマーケットに展開することを前提としており、欧米およびロシア向けの車両はトルコで、日本向けの車両は岩手で生産される。中国向けの展開や生産は現在検討中というが、早晩の投入となることは間違いなさそうだ。

トヨタ久々のコンパクトSUV「C-HR」。車名は「Compact High Rider」ならびに「Cross Hatch Run-about」の頭文字をとったもの。
インストゥルメントパネルは横基調のデザインとしつつ、センタークラスターを運転席側に傾けることでスポーティー感を表現。内装色には「ブラック」と「リコリスブラウン」の2色が用意される。写真は「G」グレードのインテリア。
グレード構成はハイブリッド車の「S」「G」、ターボ車の「S-T」「G-T」の4種類が設定される予定。写真はターボ車の「S-T」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

C-HRの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタC-HR【開発者インタビュー】 2016.11.15 試乗記 東京モーターショー2015で国内初披露されてから1年。間もなくトヨタの新型クロスオーバーモデル「C-HR」が発売される。その開発のポイントはどこにあるのか、同車の開発に関わったキーマン3人に話を聞いた。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
ホームへ戻る