第476回:ボンドカーや「トヨタ・スープラ」もあった!
パリの特別展に見る“映画劇中車”の世界

2016.11.18 エッセイ

映画にクルマは欠かせない

先日、日本のアニメ映画『君の名は。』を見た。

その3DCGは圧巻で、見ているだけで大都市・東京から湧き立つ匂い・空気感が脳裏に浮かんでくる。一方、劇中に登場するクルマはといえば、ヒロイン・宮水三葉の父親が市長選で用いる宣伝カーと、主人公・立花 龍が三葉を探すべく訪ねた飛騨で、地元のおじさんに乗せてもらう白い軽トラックくらいである。高校生のストーリーとは知りつつも、自動車の存在が希薄であることに時代を感じた。

これまで欧米で作られたさまざまな映画では、数々の劇中車がスクリーンを飾ってきた。

筆者は、東京での会社員時代、勤務先で「007役とボンドカーは、どれがベストか」という議論をしたことがある。「初代ボンドのショーン・コネリーが乗る『アストンマーティンDB5』で、決まりだね」とハナから決めつける先輩に、「3代目のロジャー・ムーアが駆る『ロータス・エスプリ』に決まってますよ」とボクは強く反論した。ここで「ごもっともですよねえ」などと心になくても言えれば、もう少し会社で出世できていたかもしれない。

その後ボンドガールについては、コネリー時代の『ロシアより愛をこめて』のダニエラ・ビアンキが歴代最高だということになった。だが、いまだボンドカーはエスプリが一番だと固く信じている。

次ページ以降で触れる、パリモーターショー2016の特別展「自動車と映画」における、「SF」フィルムの部のひとこま。写真左から、1959年製のキャデラックの救急車をベースにした『ゴーストバスターズ』(1980年)の劇中車と、『クリスティーン』(1983年)に登場する1957年型の「プリマス・ヒューリー」。
次ページ以降で触れる、パリモーターショー2016の特別展「自動車と映画」における、「SF」フィルムの部のひとこま。写真左から、1959年製のキャデラックの救急車をベースにした『ゴーストバスターズ』(1980年)の劇中車と、『クリスティーン』(1983年)に登場する1957年型の「プリマス・ヒューリー」。
同じく、特別展「自動車と映画」の「探偵・刑事物」の部から。『007 慰めの報酬 』(2008年)に登場した「アストンマーティンDBS」。 アストンマーティン所蔵のもの。
同じく、特別展「自動車と映画」の「探偵・刑事物」の部から。『007 慰めの報酬 』(2008年)に登場した「アストンマーティンDBS」。 アストンマーティン所蔵のもの。
ルノーが所蔵する1985年「ルノー11」のタクシー。『007 美しき獲物たち』(1985年)に登場。
ルノーが所蔵する1985年「ルノー11」のタクシー。『007 美しき獲物たち』(1985年)に登場。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。