三菱、「パジェロ」を一部改良

2011.10.20 自動車ニュース

三菱、「パジェロ」を一部改良

三菱自動車は2011年10月20日、クロスカントリー車の「パジェロ」を一部変更し、発売した。

2006年10月に4代目にフルモデルチェンジした「パジェロ」が、2010年9月に「ポスト新長期規制」をクリアする3.2リッター“クリーンディーゼル”エンジンを搭載し、注目を集めたのは記憶に新しい。発売から1年間の国内販売台数は前年同期に比べて5割アップし、うち約7割がディーゼルエンジン車というから、クリーンディーゼルに対する期待の高さがうかがえる。

そのパジェロが内外装やグレード展開などを変更した。主な点として、エクステリアでは、両端に太い縦のバーを配したフロントグリルを採用するとともに、フロントバンパーを空力に優れた形状に変更。さらに、フロントのアンダーカバーをブラックに変更することなどで、精悍(せいかん)なイメージを前面に押し出している。アルミホイールは、デザインの変更とともに1本あたり約1kgの軽量化を実現。ボディーカラーは、新色の「ダイヤモンドブラックマイカ」を新設定し、またツートーンのボディーカラーに「クールシルバーメタリック」と「アイガーグレーメタリック」の組み合わせを新たに用意した(「SUPER EXCEED」および「EXCEED」)。

インテリアでは、オーディオやエアコンのスイッチ類のイルミネーションをアンバーレッドに変更。パワーウィンドウのスイッチのデザインやファブリックシートの柄などの変更も行った。

さらに、メーカーオプションをパッケージ化して割安な価格で提供する「ベーシックパッケージ」「ラグジュアリーパッケージ」「フルパッケージA」「フルパッケージB」を新たに設定している。ラインナップは、ショートボディー車が「SUPER EXCEED」を廃止して「VR-II(3.2リッターディーゼル)」と「VR-I(3リッターガソリン)」の2グレードに。ロングボディー車は従来どおり「GR」「EXCEED」「SUPER EXCEED」の3グレードである。

価格は以下のとおり

ショートボディー車
・VR-I(3.0リッターガソリン/5MT):260万4000円
・VR-I(3.0リッターガソリン/5AT):275万1000円
・VR-II(3.2リッターディーゼル/5AT):384万3000円

ロングボディー車
・GR(3.0リッターガソリン/5MT):289万8000円
・GR(3.0リッターガソリン/5AT):304万5000円
・GR(3.2リッターディーゼル/5AT):360万2000円
・EXCEED(3.0リッターガソリン/5AT):361万2000円
・EXCEED(3.2リッターディーゼル/5AT):411万6000円
・SUPER EXCEED(3.0リッターガソリン/5AT):447万3000円
・SUPER EXCEED(3.2リッターディーゼル/5AT):476万7000円

(文=生方聡)

「三菱パジェロ SUPER EXCEED」
「三菱パジェロ SUPER EXCEED」
「パジェロ GR」
「パジェロ GR」
「パジェロ EXCEED」
「パジェロ EXCEED」
「パジェロ VR-I」
「パジェロ VR-I」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パジェロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱パジェロスポーツ 2015.8.3 画像・写真 三菱自動車は2015年8月1日、ミドルサイズSUV「パジェロスポーツ」(日本未導入)をフルモデルチェンジしてタイで公開した。エンジンは新たに2.4リッターディーゼルターボを採用。燃費を先代比で約17%改善させた。その姿を写真で紹介する。
  • 三菱、「デリカD:5」の特別仕様車を2車同時発売 2016.10.27 自動車ニュース 三菱自動車は2016年10月26日、ミニバン「デリカD:5」の特別仕様車「ローデスト ロイヤルツーリング」と「シャモニー」を発表した。同年11月10日から販売を開始する。
  • マツダ、新型「CX-5」を発表 2016.12.15 自動車ニュース マツダは2016年12月15日、新型「CX-5」を発表した。発売は2017年2月2日。「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」というキーワードを掲げている。価格は246万2400円~352万6200円。月間販売台数は2400台を計画。
  • 三菱アウトランダーPHEVという選択 2016.12.8 特集 デビュー以来着実に改良を重ねてきた、充電可能な三菱のSUV「アウトランダーPHEV」に試乗。国内外でプラグインハイブリッドモデルに注目が集まりつつあるいま、あらためてその実力を確かめた。
  • マツダi-ACTIV AWD雪上試乗会【試乗記】 2016.1.4 試乗記 マツダ自慢の4WDシステム「i-ACTIV AWD」は、さまざまなセンサーからの情報を元にして“先読みして備える”ところがポイントだ。その走りを、北海道の雪上路で徹底的にテストした。
ホームへ戻る