トヨタC-HR 開発者インタビュー

主査の思いを背負って 2016.11.15 試乗記 トヨタ自動車
Mid-size Vehicle Company
MS製品企画 ZE チーフエンジニア
小西良樹(こにし よしき)さん

東京モーターショー2015で国内初披露されてから1年。間もなくトヨタの新型クロスオーバーモデル「C-HR」が発売される。その開発のポイントはどこにあるのか、同車の開発に関わったキーマン3人に話を聞いた。

TNGAファミリーの第2弾

試乗会場で開発者にインタビューさせてほしいとお願いすると、主査は不在だがチーフエンジニアがいるとの答え。チーフエンジニアとはすなわち主査なのだと思っていたら、今は違うのだという。今年4月にトヨタではカンパニー制を導入した。組織改編に伴って、開発のプロセスも変化している。ややこしいので、小西良樹氏にまずは新たな体制について伺った。

小西良樹氏(以下、小西):7つのカンパニーに分かれまして、製品軸ではコンパクト、CV、レクサスと私の属するミッドサイズ・ヴィークル・カンパニーがあります。合計18名のチーフエンジニアがいて、それぞれのもとに主査が何人かいるという体制ですね。ミッドサイズ・ヴィークル・カンパニーには「カムリ」「カローラ」「RAV4」「クラウン」などがありまして、私はカローラ・ファミリーを担当しています。「プリウス」や「プレミオ/アリオン」も入りますね。C-HRもそうで、古場博之という者が主査を務めます。

――映画のプロデューサーと監督のような関係ですか?

小西:うーん、ちょっと違いますね……。大統領と首相と言ったほうが近いかもしれません。昔は主査だけで、チーフエンジニアという言葉はなかったんですね。昔の主査が今のチーフエンジニアのような存在とも言えます。

――C-HRはプリウスに続いてTNGA(Toyota New Global Architecture)を採用していますね。

小西:これからのカローラも含め、TNGAファミリーということになっていきます。僕の場合ずっとプラットフォームをやっていて、プリウスの開発と並行してTNGAを立ち上げました。C-HRも僕がプラットフォームをやって古場がアッパーをやって、2人でクルマを作ってきたというような関係です。

2016年末にも国内販売の開始が予定される、トヨタの新型クロスオーバーモデル「C-HR」。今回は、そのプロトタイプの試乗会で、開発にまつわる話を主要スタッフに聞いた。
2016年末にも国内販売の開始が予定される、トヨタの新型クロスオーバーモデル「C-HR」。今回は、そのプロトタイプの試乗会で、開発にまつわる話を主要スタッフに聞いた。
C-HR」という車名には、スタイリングの特徴を示す「Compact High Rider」と、走りを表現する「Cross Hatch Run-about」の、2つの意味が込められている。
「C-HR」という車名には、スタイリングの特徴を示す「Compact High Rider」と、走りを表現する「Cross Hatch Run-about」の、2つの意味が込められている。
<小西良樹氏 プロフィール>
1991年入社。ボデー設計部で、「セリカ」「コロナ」「bB」などのボディー設計に携わる。その後、製品企画室で「カローラ」「RAV4」の製品企画を担当。商品統括部に異動後、TNGAプラットフォームの開発責任者を務めた。2015年に製品企画室に戻り、11代目と12代目の「カローラ」シリーズのチーフエンジニアに就任、現在に至る。
<小西良樹氏 プロフィール>
	1991年入社。ボデー設計部で、「セリカ」「コロナ」「bB」などのボディー設計に携わる。その後、製品企画室で「カローラ」「RAV4」の製品企画を担当。商品統括部に異動後、TNGAプラットフォームの開発責任者を務めた。2015年に製品企画室に戻り、11代目と12代目の「カローラ」シリーズのチーフエンジニアに就任、現在に至る。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

C-HRの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタC-HR【開発者インタビュー】 2016.11.15 試乗記 東京モーターショー2015で国内初披露されてから1年。間もなくトヨタの新型クロスオーバーモデル「C-HR」が発売される。その開発のポイントはどこにあるのか、同車の開発に関わったキーマン3人に話を聞いた。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
ホームへ戻る