トヨタC-HR 開発者インタビュー

主査の思いを背負って 2016.11.15 試乗記 トヨタ自動車
Mid-size Vehicle Company
MS製品企画 ZE チーフエンジニア
小西良樹(こにし よしき)さん

東京モーターショー2015で国内初披露されてから1年。間もなくトヨタの新型クロスオーバーモデル「C-HR」が発売される。その開発のポイントはどこにあるのか、同車の開発に関わったキーマン3人に話を聞いた。

TNGAファミリーの第2弾

試乗会場で開発者にインタビューさせてほしいとお願いすると、主査は不在だがチーフエンジニアがいるとの答え。チーフエンジニアとはすなわち主査なのだと思っていたら、今は違うのだという。今年4月にトヨタではカンパニー制を導入した。組織改編に伴って、開発のプロセスも変化している。ややこしいので、小西良樹氏にまずは新たな体制について伺った。

小西良樹氏(以下、小西):7つのカンパニーに分かれまして、製品軸ではコンパクト、CV、レクサスと私の属するミッドサイズ・ヴィークル・カンパニーがあります。合計18名のチーフエンジニアがいて、それぞれのもとに主査が何人かいるという体制ですね。ミッドサイズ・ヴィークル・カンパニーには「カムリ」「カローラ」「RAV4」「クラウン」などがありまして、私はカローラ・ファミリーを担当しています。「プリウス」や「プレミオ/アリオン」も入りますね。C-HRもそうで、古場博之という者が主査を務めます。

――映画のプロデューサーと監督のような関係ですか?

小西:うーん、ちょっと違いますね……。大統領と首相と言ったほうが近いかもしれません。昔は主査だけで、チーフエンジニアという言葉はなかったんですね。昔の主査が今のチーフエンジニアのような存在とも言えます。

――C-HRはプリウスに続いてTNGA(Toyota New Global Architecture)を採用していますね。

小西:これからのカローラも含め、TNGAファミリーということになっていきます。僕の場合ずっとプラットフォームをやっていて、プリウスの開発と並行してTNGAを立ち上げました。C-HRも僕がプラットフォームをやって古場がアッパーをやって、2人でクルマを作ってきたというような関係です。

2016年末にも国内販売の開始が予定される、トヨタの新型クロスオーバーモデル「C-HR」。今回は、そのプロトタイプの試乗会で、開発にまつわる話を主要スタッフに聞いた。
2016年末にも国内販売の開始が予定される、トヨタの新型クロスオーバーモデル「C-HR」。今回は、そのプロトタイプの試乗会で、開発にまつわる話を主要スタッフに聞いた。
C-HR」という車名には、スタイリングの特徴を示す「Compact High Rider」と、走りを表現する「Cross Hatch Run-about」の、2つの意味が込められている。
「C-HR」という車名には、スタイリングの特徴を示す「Compact High Rider」と、走りを表現する「Cross Hatch Run-about」の、2つの意味が込められている。
<小西良樹氏 プロフィール>
1991年入社。ボデー設計部で、「セリカ」「コロナ」「bB」などのボディー設計に携わる。その後、製品企画室で「カローラ」「RAV4」の製品企画を担当。商品統括部に異動後、TNGAプラットフォームの開発責任者を務めた。2015年に製品企画室に戻り、11代目と12代目の「カローラ」シリーズのチーフエンジニアに就任、現在に至る。
<小西良樹氏 プロフィール>
	1991年入社。ボデー設計部で、「セリカ」「コロナ」「bB」などのボディー設計に携わる。その後、製品企画室で「カローラ」「RAV4」の製品企画を担当。商品統括部に異動後、TNGAプラットフォームの開発責任者を務めた。2015年に製品企画室に戻り、11代目と12代目の「カローラ」シリーズのチーフエンジニアに就任、現在に至る。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

C-HRの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • トヨタ、TNGA第2弾となる小型SUV「C-HR」を発売 2016.12.14 自動車ニュース トヨタが新型コンパクトSUV「C-HR」を発売。パワーユニットは1.8リッターエンジンに電動モーターを組み合わせたハイブリッドと、1.2リッター直噴ターボエンジンの2種類。価格は251万6400円から290万5200円となっている。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • マツダCX-3 XDプロアクティブ(4WD/6MT)【試乗記】 2016.12.14 試乗記 デビュー以来、コンスタントに改良が続けられる「マツダCX-3」。現時点における完成度を確かめるため、最新のディーゼル4WD車に試乗。その“走り”の進化に、足まわりの開発におけるマツダの模索を見た。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る