メルセデス・ベンツ、「Gクラス」の一部仕様装備を変更

2016.11.14 自動車ニュース
「メルセデスAMG G65」
「メルセデスAMG G65」拡大

メルセデス・ベンツ日本は2016年11月11日、クロスカントリーモデル「Gクラス」の一部仕様装備を変更し、販売を開始した。

「COMANDシステム」は「Apple CarPlay」と「Android Auto」に対応している。
「COMANDシステム」は「Apple CarPlay」と「Android Auto」に対応している。拡大
「メルセデスAMG G65」に標準装備されるツートーンダッシュボード。
「メルセデスAMG G65」に標準装備されるツートーンダッシュボード。拡大

今回の仕様変更では、インフォテインメントシステムの改良と、内外装のブラッシュアップが行われた。

全モデルに標準装備されるインフォテインメントシステム「COMANDシステム」は、8インチのディスプレイが備えられ、パーキングアシストリアビューカメラは、後退時にガイドラインが表示されるようになった。また、Apple社の「Apple CarPlay」とGoogle社の「Android Auto」に対応しており、オーディオ、テレビのほか、ビデオやハンズフリー通話、インターネット接続などが行える。

エクステリアでは、足まわりをスポーティーかつ精悍(せいかん)に演出する「ブラックホイール」を採用した(「G350d」を除く)ほか、「AMG G63」と「AMG G65」にはボディーサイドにカーボンファイバーデザインストリップを装備している。

一方インテリアでは、ナッパレザーを使用した「ツートーンダッシュボード」がAMG G65に標準装備とされた(AMG G63にはオプション設定)。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • G350d:1080万円
  • G550:1530万円
  • AMG G63:1971万円
  • AMG G65:3564万円

(webCG)

関連キーワード:
Gクラスメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツG550(4WD/9AT)/メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【試乗記】 2018.7.17 試乗記 今やアイコン的存在となっているメルセデス・ベンツのクロスカントリーモデル「Gクラス」。新設計のボディーやフロント独立懸架の足まわりを得て、劇的な進化を遂げたというニューモデルの出来栄えを、“オン”と“オフ”の両方で確かめた。
  • メルセデス・ベンツG500(4WD/9AT)/メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【海外試乗記】 2018.5.15 試乗記 ヘビーデューティーSUV「メルセデス・ベンツGクラス」が1979年のデビュー以来、初のフルモデルチェンジ! スクエアなデザインを受け継ぎながらも、フロントサスペンションなどは大幅に刷新された。軽やかで強烈な走りを報告する。
  • BMW X2 xDrive20i MスポーツX(4WD/8AT)【試乗記】 2018.7.26 試乗記 BMWのニューモデル「X2」に試乗。メーカーが「スポーツ・アクティビティー・クーペ(SAC)」と呼ぶスタイリッシュなSUVに、“駆けぬける歓び”は備わっているのか!? 「BMW 320d」を足にする清水草一がチェックした。
  • ポルシェ・マカンGTS(4WD/7AT)【試乗記】 2018.8.8 試乗記 ポルシェのSUV「マカン」に、装備充実のスポーティーモデル「マカンGTS」が登場。ボディーの大きさや車重を忘れさせるその走りは、往年のFRポルシェにも通じる“小気味よさ”が感じられるものだった。
  • ホンダ・クラリティPHEV(FF/CVT)【試乗記】 2018.7.21 試乗記 2030年には世界で販売する四輪車の3分の2を電動化するというホンダ。そのプロジェクトの先駆けとして日本の道を走りだすプラグインハイブリッド車「クラリティPHEV」に、クローズドコースで試乗した。
ホームへ戻る