第378回:おめでとう創立100周年!
BMWのオーナーイベントで往年の名車に試乗した

2016.11.15 エッセイ
「BMW 3200S」(手前)と「BMW 7シリーズ」(奥)。(写真=BMW Club Japan/小池義弘)

BMWが誕生して今年で100年。記念すべき年に開催されたBMWクラブジャパンのオーナーイベントで、貴重なヒストリックカーに試乗する機会を得た。1950~60年代に活躍した高級サルーンと、今日のBMWの共通点とは?

会場となった八ヶ岳ロイヤルホテルの駐車場の様子。見渡す限りのBMWである。
ホテルのロビーには、往年の名車である1958年式「507ロードスター」と、二輪の最新モデル「S1000RR」が展示されていた。
今回、取材のお供として活躍した「420i xDriveグランクーペ Mスポーツ」。後述する菰田 潔氏のドライビング・クリニックにも、このクルマで臨んだ。

節目の年を八ヶ岳で祝う

のっけから釈迦(しゃか)に説法な話で恐縮だが、BMWは独バイエルンの航空機用エンジンメーカーを起源に持つ自動車会社であり、今年めでたく創立100周年を迎えたという。

そのあたり、マニアの中にはごく少数だが「いやいや。『起源は航空機用エンジンメーカー』というのなら、創立は1913年。100周年は2013年でしょうよ」と主張する人もいるそうだが、BMWとしてはラップ・モトーレン・ヴェルケとグスタフ・オットー・フルークマシーネン・ファブリークが合併した1916年を「わが社創立の年」としている。もちろん、いずれにせよ同社の創立100周年がすばらしい吉事であることに変わりない。おめでとうBMW。そしてBMWファンの皆さま。

そんなめでたい節目の年、『webCG』はBMWクラブジャパンの主宰するイベント「BMW Day 2016」を取材する機会を得た。場所は山梨県の八ヶ岳ロイヤルホテル。編集部が居を構える東京・恵比寿からだと、片道2時間半、160kmの旅路である。せっかくなので、BMWから新世代の2リッター4気筒ターボエンジンが採用されたばかりの「4シリーズ グランクーペ」を拝借。道のりを楽しみつつ会場に向かうことにした。ちなみに、グレードは「420i xDriveグランクーペ Mスポーツ」。5ドアファストバックの4WDという、BMWの中でもいささかマニアックな仕様である。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ